プラグイン

プラグインRedirectionで301リダイレクトを設定しよう!

この記事の内容

301リダイレクトが出来るプラグインであるRedirectionの使い方を説明します。

301リダイレクトをやってみたいけど、難しそうで足踏みしていた…という方は是非参考にしてみて下さい。

カッパ君
カッパ君
早速、そっこーで内容に入っていきます。

Redirectionは301リダイレクトを行うプラグイン。

Redirectionは301リダイレクトを行うプラグインです。

リダイレクトは転送処理の事で古いURLをクリックした読者を、新しいページのURLに転送します。

301リダイレクトとは?

 

ブログを運営していると記事のURLを変える場合がまれにありますが、URLを変更した場合は301リダイレクトをしないと読者に不親切ですし、自分自身も多くのものを失ってしまうのです。

プラグインRedirectionをインストールして有効化しよう。

まずはダッシュボード画面左のメニュー一覧から「プラグイン」→「新規追加」と進みます。

 

そして「Redirection」と検索して下記を見つけたら、インストールして有効化してください。

Redirection
カッパ君
カッパ君
これが第一段階ね。

Redirectionの使い方を解説!

Redirectionを有効化したら、実際に使っていきましょう。

まずは最初の設定をちゃちゃっとやってしまいます。

 

①メニューの「ツール」→「Redirection」と進むとRedirectionの管理画面が表示されます。

 

②「セットアップを開始」をクリックして進みます。

Redirectionへようこそ

 

③基本セットアップという画面に進むので、3つ全てにチェックを入れて「セットアップを続行」をクリック。

各項目の説明をしておきます↓

  • Monitor permalink changes in WordPress posts and pages.
    (投稿と固定ページのパーマリンクの変化を監視する)
    →ここにチェックを入れると、投稿と固定ページのパーマリンクが変更されたら自動的にリダイレクトが行われます。
  • すべてのリダイレクトと 404 エラーのログを保存する。
    →リダイレクトと404エラーのログが保存される事で、分析が出来るようになります。
  • Store IP information for redirects and 404 errors.
    (リダイレクトと404エラーが出たIPアドレスを記録する)
    →上記項目のIPアドレス版です。

 

④REST APIで設定する項目は無いので「セットアップ完了」をクリックします。

REST APIの画面で書いてある意味は、

「プラグインRedirectionはREST APIを使ってWordPressと連携していくけど、セキュリティ系のプラグインとかファイヤーウォールなどと相性が悪いと正常に動かない事があるので、その時はプラグインなりセキュリティなりの調整をしてね」

という事です。

 

⑤次の画面で「完了」をクリック。

Redirectionを設定

これで最初のセッティングが終わりました。

 

⑥301リダイレクトを設定していきましょう。

やり方は非常に簡単で「ソースURL」に旧URLを入力。

「ターゲットURL]に新しいURLを入力して、「転送ルールを追加」をクリックします。

新しい転送ルールを追加

これで一つの記事のリダイレクト設定が終わりました。

後はこの作業を記事の数分繰り返していきます。

カッパ君
カッパ君
地道な作業ね。
ABOUT ME
田村カツオ
副業お坊さんブロガー。失敗ばっかりで苦労もしたけどブログが好き!YouTubeとTwitterもよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × 5 =