役立つ情報

PhotoScapeの使い方を説明!画像の結合や文字入力、トリミングなど超有能

この記事の内容

ここでは無料画像編集ソフトであるPhotoScapeの使い方を解説していきます。

PhotoScapeはかなり機能が多く、いざ使おうとしても訳が分からないと泣く寸前の方に読んで欲しい!

ぜひ使いたい機能をピックアップして分かりやすいように説明していきますね!

田村カツオ
田村カツオ
この記事では以下を説明します。
  • 画像サイズの変更
  • 画像の左右上下反転・回転
  • トリミング
  • 余白の作成
  • 画像に枠線をつける
  • 画像の全体のトーンを変更
  • 文字などのオブジェクト入力
  • 画像同士の結合
  • モザイクをかける
この記事を読むことでPhotoScapeの基本的な使い方が理解出来るでしょう。
カッパ君
カッパ君
という事で内容行きます!

画像サイズの変更

①PhotoScapeを開いて、画面左下の操作ボタンがかたまっている領域から「リサイズ」をクリック。

画像サイズの変更画面

 

②表示されるポップアップの中で幅や高さを入力し、好みのサイズに変更。

リサイズ

「アスペクト比を保持」にチェックが入っていると縦横の比率が維持されたままサイズが変更される。

チェックが入っていない場合は比率が変ってしまうので画像が歪む。

画像の左右上下反転・回転

PhotoScapeを開いて、画面左下の操作ボタンがかたまっている領域から下記のボタンを探す。

反転

左から

  • 任意の角度に回転
  • 90度左回転
  • 90度右回転
  • 鏡面(左右反転)
  • 反転(上下反転)

となっていますので、好きなものを選択しクリックすることで効果が得られます。

画像のトリミング

①PhotoScapeを開いて、画面左下の操作ボタンがかたまっている領域から「トリミング」を選択しクリック。

下の「自由トリミング」という箇所を選択する。

トリミング

 

②トリミングの形式が色々選べる。

トリミング

オススメは「比率/サイズの割り当て」で、これは予め切り取る範囲を指定可能。

ピクセル単位で画像の大きさを合わせたい几帳面な方には特にオススメ。

「自由トリミング」も普通に便利。

 

③トリミング範囲を選択した後に「トリミング」ボタンをクリックする。

「保存」を押すのを忘れずに。

トリミング画面
カツオ
カツオ
「保存」を押すのを忘れないというのは、トリミング以外の操作でも共通です。

画像に余白を作成する

①PhotoScapeを開いて、画面左下の操作ボタンがかたまっている領域から「余白」をクリック。

余白

 

②表示されるポップアップの中で「背景色」で余白の色を選択し、その下の部分で上下左右の余白を選択する。

「同じ余白を割り当てる」にチェックを入れた場合、上下左右等しく指定した余白をつける事が出来る。

余白

 

③試しに赤い余白を上下左右に10ピクセルずつ割り当ててみた。

赤い余白

画像に枠線をつける

①PhotoScapeを開いて画面左下の操作ボタンがかたまっている領域から「フレームライン」を選択してクリック。

フレームライン

 

②表示されるポップアップで枠線の色や厚さを選択し「OK」をクリックすると枠線が付く。

フレームライン
カッパ君
カッパ君
枠線をつけると画像が見やすくなるよ。

画像全体のトーンを変更

①PhotoScapeを開いて画面左下の操作ボタンがかたまっている領域で、下の画像で赤く囲ってある部分を選択すると色々な効果で画像全体のトーンを変更可能。

トーンを変更

 

②幾つか代表的な効果を紹介したいと思います。

【ノーマル】

ノーマル

 

【セピア】

セピア

 

【Bandicoot】

Bandicoot

 

【グレースケール】

グレースケール

 

【Black&White】

Black&White

 

【ネガティブ反転】

ネガティブ反転

 

【アンティーク写真1】

アンティーク写真1

 

【グラデーション(線形)】

グラデーション(線形)

 

【テクスチュア(flower)】

テクスチュア(flower)

 

【絵画化(色鉛筆)】

絵画化(色鉛筆)

 

【歪み(遠近)】

歪み(遠近)
田村カツオ
田村カツオ
この他にも本当に多くの効果があり、画像の雰囲気などを変える事が出来ます。

数が多いのでここで全部紹介する事はしませんが、是非試してみて下さいね!

画像に文字などのオブジェクトを入力する

①PhotoScapeを開いて画面左下の操作ボタンがかたまっている領域で「オブジェクト」(赤く囲った箇所)を選択する。

その下に画像に挿入できるオブジェクトの種類が一覧で表示される。(青く囲った箇所)

オブジェクト

 

②文字はもちろん、画像やイラスト、線や図形も入れられるし、それぞれに透明度を設定できる。

画像に挿入できるオブジェクトの数に制限は特にない。

ここでは文字を例にとって説明する。文字は「T」と書いてあるボタンをクリックする。

 

③次のようなボックスが表示されるので文字のフォントやサイズ、色などを決めてOKを押す。

オブジェクト

画像同士の結合

画像の結合についてだがPhotoScapeを起動し、上のタブから「結合」を選択する。(①)

左下のファイルから結合したい画像をドラッグする。(②)

全体を見たい場合などは③の「拡大プレビュー」で編集上の表示サイズを変更し、④の「下」「側」で画像の並ぶ方向を指定。

⑤で保存する。

画像の結合

画像にモザイクをかける

①PhotoScapeを開いて画面左下の操作ボタンがかたまっている領域で「ツール」を選び「モザイク」を選択する。

モザイク

 

②モザイクのレベル(低・中・高)を選択し、画像でモザイクをかけたい箇所を選択する。

モザイク

画像はモザイク(高)を選択した例↑

 

今回の内容は以上になります。

ABOUT ME
田村カツオ
副業お坊さんブロガー。失敗ばっかりで苦労もしたけどブログが好き!YouTubeとTwitterもよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

17 − 12 =