ブログの記事について

記事ネタでおススメなのは何?

エンタメ系のブログなら記事ネタでおススメなのはYouTuberや韓国系アイドル、ジャニーズの新人などです。

皆が注目する割にライバルが少なく、成果が出やすい記事ネタでしょう。

後はTwitterを使って探したトレンドネタも成果が出やすいのでオススメ。

 

特化型ブログの記事ネタはそのジャンルによりますので、良かったらメルマガに返信して僕に聞いてみて下さい!

カツオ
カツオ
ご遠慮なくどうぞー

本文はどんな風に書けばいい?

端的に言うと分かりやすく書くのがライティングのコツです。

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例
  4. (反論への理解)
  5. 主張

という風な形で書くと良いでしょう。(PREP法といいます)

カツオ
カツオ
この形に当てはまらない時も全然ありますけど、基本はこの形を意識しましょう!

書いちゃいけないモノってある?

アダルトな表現や他人を中傷する表現はアウトです。

その他Googleアドセンスのルールでアウトになりそうなものは書かないのが無難です。

関連記事:Googleアドセンスの規約違反に注意!禁止ワード一覧を元に解説!

1記事にかかる時間はどれくらい?

記事の内容によりますが5000字を超えるような内容なら3時間以上。

ライトに書く事が出来るトレンドネタなら30分前後。

目安ですが、僕の記事を書くスピ―ドはこれくらいです。

カツオ
カツオ
ちなみに最初の頃はこの3倍はかかってました(汗)

1記事あたりの文字数は?

1記事あたりの文字数は記事ネタによるとしか言えません。

何か記事を書く時は、読者に何かを伝えたいから書く訳で、それを伝えられる文字数が正解です。

ただ、目安としては500字や1000字で伝えられる事って、わざわざ記事にするべきかというレベルではあるはず。

ある程度しっかりとした記事にするのなら2000字前後にはなる事が多いのではないでしょうか。

カッパ君
カッパ君
あくまで目安ね。

月収10万円稼ぐのに必要な記事数は?

月収10万円を稼ぐのに必要な記事数は、従来は1日3記事×3ヶ月=270記事と言われてきました。

ただ今はもっと少ない記事数でも月収10万円以上稼ぐ人もいます。

ですので、個人差も大きい部分ですが、それでも最低100記事は無いとかなり厳しいと思って下さい。

1記事1記事の質がちゃんとしてる前提で言うと、記事数は多い程有利なのも事実です。

カツオ
カツオ
記事数が多くて困ることってあんまり無いです。

記事の外注化ってどう?

記事の外注化は記事を書く手間が減るという点では大きなメリットがあります。

ただ、自分がある程度のレベルに達していないとライターさんに指示が出来ないですし、納品されてきた記事のチェックも出来ないです。

また、外注さんはライターとしては初心者な場合も多いので、教育も必要ですし、すぐに辞めてしまいます。

ですので、記事の外注化は根気も必要ですね。