プラグイン

【いざという時に!】BackWPupの使い方とブログの復元方法を解説!

この記事の内容

この記事ではプラグインBackWPupの使い方やブログの復元方法について説明していきます。

BackWPupはブログのバックアップを自動で定期的に取ってくれるプラグインであり、ブログ初期の段階で導入しておくべきです。

長くブログを続けていきたい方は是非参考にしてみて下さい。

田村カツオ
田村カツオ
内容を端的に述べます↓
  • BackWPupはサーバー上とデータベース上のデータを分けて保存した方がベター。
  • 自動で定期的にバックアップしてくれるけど、手動でもバックアップ可能。
  • ブログを復元させる方法についてもやってみれば別に難しくはない。
この記事を読む事で安定したブログライフが手に入ります。

※WordPressブログで稼いで行く上で超おススメなプラグインをまとめた記事もありますので是非参考にしてみて下さい。

WordPressブログで稼ぐのにおすすめなプラグイン13選を紹介!ここではお金を稼いでいく目的でWordPressブログを運営していくのに、おススメなプラグインを13個絞って紹介していきたいと思います。プラグインの数が多くてどれを使ったら良いかわからない…!という方は是非参考にしてみて下さい。...

WordPressブログで稼ぐのにおすすめなプラグイン13選を紹介!

カッパ君
カッパ君
内容に入っていくよ!

BackWPupとはブログのバックアップを自動でとってくれるプラグイン。

BackWPup

BackWPupはブログのバックアップを

  • 自動で
  • 指定した周期で

取ってくれるプラグインです。

 

いざという時の為にブログのバックアップを取るのは重要なのですが、毎回手動で行うのはちょっと面倒。

そこでこのBackWPupの出番となる訳です。

バックアップを取ることは重要ですが、ブログの成果に直接的に結びつくわけではありません。

そういう部分は自動化して、労力をかけずに済ませたいですよね。

WordPressブログのバックアップの基礎ポイント

BackWPupの使い方の解説に入る前に、WordPressブログのバックアップについてのポイントを押さえておきましょう。

 

WordPressはブログのデータをサーバーとデータベースの2つに分けて保存しています。

WordPressのデータの仕組み
サーバー テンプレートや画像、プラグイン等の比較的重いデータ
データベース 記事や設定など、比較的軽いデータ

が保存されていて、サーバー上のデータとデータベース上のデータを分けて保存するのが望ましい。

という事で、以下の説明でもサーバーのバックアップとデータベースのバックアップの2つに分けてバックアップするという事で解説していきます。

BackWPupの使い方を解説!(サーバーのバックアップ)

①「プラグイン」→「新規追加」で「BackWPup」と検索し、インストールして有効化します。

BackWPup

 

②有効化するとメニューに「BackWPup」が出来るので、カーソルを合わせ「新規ジョブを追加」をクリック。

BackWPup

ここで自動でバックアップをとるスケジュールなどを組み立てていきます。

BackWPupには「新規ジョブを追加」以外にメニューがありますので、それらについても触れておきます。

ダッシュボード ここではお知らせやチュートリアルが見れます。
ジョブ バックアップのスケジュールなどを一覧で管理します。ここからでも「新規ジョブを追加」する事が可能。
新規ジョブを追加 バックアップをとるスケジュールを新規で設定します。
ログ 行われたバックアップが成功したかどうか等を一覧で見れます。
バックアップ 保存されたバックアップファイルを一覧で確認でき、ダウンロードも出来ます。
設定 BackWPup全般についての設定を行えます。(デフォルトのままでも特に問題無し)
紹介 BackWPupについての商品紹介や無料版と有料版の違いについて説明しています。

 

③以下、サーバー上のデータのバックアップを取る際の、各項目について順番に解説していきます。

設定する項目は4つ。

  1. 一般
  2. スケジュール
  3. ファイル
  4. 宛先

 

このようなタブ↓が現れますので、これらをクリックして設定項目を切り替えていきます。

設定する項目

個別に解説していきます!

一般

一般では

  • ジョブ名
  • ジョブタスク
  • バックアップファイルの作成
  • ジョブの宛先
  • ジョブファイル

の5つの項目について設定してきます。

 

ジョブ名とジョブタスク

「ジョブ名」については自分が管理しやすいものなら何でもOK。

(今はサーバー上のデータのバックアップをするところなので「サーバーバックアップ」のようなジョブ名が分かりやすいですね)

「ジョブタスク」についてですが、サーバー上のデータのバックアップは「ファイルのバックアップ」にチェックを入れて他は外しておきましょう。

 

バックアップファイルの作成

バックアップファイルの作成についてですが、「アーカイブ名」はデフォルトのまま変更する必要はありません。

「アーカイブ形式」はバックアップファイルの形式です。

WindowsならZip、MacならTar、というように自分のPCのOSに合ったものを選択しましょう。

 

ジョブの宛先

「ジョブの宛先」ですが、自分の使っているストーレージサービスがあれば、それを選択。

田村カツオ
田村カツオ
僕はドロップボックスを使ってます。

無ければフォルダーへバックアップを選択しましょう。

「フォルダーへバックアップ」だと、同一サーバー内にバックアップファイルが作成される事になります。

それでもバックアップには違いありませんが、サーバー全体が被害を受けた時はかなり不安が残ります。

なるべくストーレージサービスと契約して、自分のWordPressブログとはまったく関係のない場所にバックアップファイルを保存するようにするのがおすすめです。

 

ログファイル

ログファイルの設定をしていきます。

と言っても、ここは基本的にはデフォルトのままでもあまり問題はありません。

「バックアップが成功しました」「失敗しました」というような報告メールを受け取るかどうかや、そのメールの送信者を誰にするかなどを決める設定です。

 

「ログの送信先メールアドレス」は、どのメールアドレスに報告メールを送信するかを決めますので、自分のメールアドレスを入力しましょう。

「メールの送信元」は端的に言うと差出人で、BackWPupからのメールだと分かるようにしておけばOK。

「エラー」はチェックを入れておきましょう。

そうする事で失敗した時のみメールが来るようになります。

 

設定が終わったら、「変更を保存」を忘れずに!

スケジュール

スケジュールでは、どれくらいのスパンでバックアップを定期的にとるのかを決めていきます。

  • ジョブの開始方法
  • スケジューラーの種類
  • スケジューラー

というような項目について設定していきますが、それほど難しくはないのでササっといきましょう。

 

ジョブの開始方法

ジョブの開始方法ですが「WordPress の cron」を選択しましょう。

cronというのは定期的に何かを実行する仕組み、と覚えておけばOKです。

ここではWordPressのcronを使ってバックアップを定期的に自動で取っていく為の設定をします。

 

スケジュール

「スケジューラーの種類」ですが、こちらは「基本」を選択します。

「高度」を選択するとかなり細かく時間指定できますが、そこまで拘る必要はとりあえず無いです。

 

「スケジューラー」についてですが、サーバー上のデータのバックアップを取る際は「毎週」か「毎月」を選択しましょう。

サーバー上のデータは画像やテンプレートなど比較的重いものが多く、高頻度でバックアップを取るとその度にブログが重くなり良くは無いです。

またバックアップファイルが溜まりすぎても困るので、ブログの更新頻度に合わせて「毎週」または「毎月」が無難ですね。

悩んだらとりあえず「毎週」にしてみて、その後様子を見て変更・調整していけばいいでしょう。

日付や曜日、時間も選択できますがこちらはデフォルトのままでもOK。(変えたければ変えましょう)

 

設定が終わったら、「変更を保存」を忘れずに!

ファイル

ここではバックアップするものと、除外するものを選択する事が出来ますが、デフォルトのままでOKです。

最初からちゃんとした設定がされていて動かす必要がありません。

宛先

フォルダーの場合

宛先ですが、「一般」の「ジョブの宛先」で「フォルダーへバックアップ」を選択していると、「宛先:フォルダー」というタブの下に下記のような画面が現れます↓

宛先の設定

「バックアップを格納するフォルダー」についてですが、これは自分で分かりやすい名前をつけて指定しましょう。

バックアップ先をフォルダーにしている場合、「public_html」→「wp-content」→「uploads」の中にバックアップが保存されるようになっています。

デフォルトだと「バックアップを格納するフォルダー」は

uploads/〇〇〇〇〇〇〇〇/

と入力されているはずなので、「〇」の部分を自分の分かりやすい名前(英数字)に変えておきます。

この〇〇〇という名前のフォルダーにバックアップファイルが保存されていく事になります。

 

「ファイルを削除」では、入力した数までのバックアップファイルが保存されるという事になります。(超えた分は古いものから削除される)

この数字を自分にとって適切な数に変えてきましょう。

週1回のスケジュールでバックアップをとるなら「12」だと3ヶ月分のバックアップが残ることになりますし、月1回で「12」なら1年分です。

必要に応じて調整可能ですが、最初はデフォルトのままで様子を見るのもありですね。

Dropboxの場合

ドロップボックスの設定

Dropboxをバックアップファイル保存の宛先にしていた場合、まず①の「アカウントを作成」をクリックします。

アカウントを作成するか、すでにアカウントがあるならログインしましょう。

 

そして、②の「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックすると下記のような画面になるので「許可」

許可

 

すると下記画像のようなコードが取得できますので、「Dropboxのアプリ認証コードを取得」の横の入力欄にコピペします。

これでDropboxとBackWPupの紐付けが出来ました。

 

「保存先フォルダー」については、デフォルトのままだと英数字の羅列で分かりにくいので、自分で何の事なのか分かるフォルダー名にここで直した方がベター。

例えば、

/ドメイン名-backup/

みたいな感じなら分かりやすいですよね。

 

「ファイルを削除」についてはフォルダーの場合の時に説明したのと同じように適切な数を入力しましょう。

 

設定が終わったら、「変更を保存」を忘れずに!

BackWPupの使い方を解説!(データベースのバックアップ)

以下、データベース上のデータのバックアップを取る際の、各項目について順番に解説していきます。

BackWPupの導入などについてはもう済ませているはずなので、さっそく本題に入っていきます。

 

設定項目

データベース上のバックアップを取る際に設定すべき項目は

  1. 一般
  2. スケジュール
  3. DBバックアップ
  4. プラグイン
  5. 宛先

ですが、③と④についてはデフォルトのままでOK。

⑤についてはサーバー上のデータバックアップの際と同じようにすればいいので、ここでは①と②について説明していきます。

一般

ジョブ名とジョブタスク

「ジョブ名」についてはデータベース上のデータのバックアップだと分かるような名前を入力。

僕は「データベースバックアップ」としています。

 

「ジョブタスク」については「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れます。

 

後はサーバー上のデータのバックアップの時と同じ設定でOK。

スケジュール

データベース上のデータのバックアップを取る時も、「ジョブの開始方法」は「WordPressのcron」を選択します。

 

スケジュール

「スケジューラーの種類」は「基本」を選択。

「スケジューラー」についてはデータベース上のデータのバックアップを取る場合は「毎日」を選択しましょう。

データベース上のデータは比較的軽いものが多いので、毎日でも大きな負担にはなりにくいです。

(「毎日」で運用してみて、やっぱり違うと感じたらその時に設定を調整しましょう)

 

ここまでで「一般」と「スケジュール」の設定が終わりました。

前述したように「DBバックアップ」「プラグイン」についてはデフォルトのままでOK。

宛先についてもサーバー上のデータのバックアップの際と同じように設定すればOKです。

 

「変更を保存」するのを忘れずに。

BackWPupで手動でバックアップを取る方法。

BackWPupは自動で定期的にバックアップを取ってくれるのがウリです。

が、指定したスケジュール以外で手動でバックアップを取るのも可能。

 

やり方は簡単で、ダッシュボード画面左の「BackWPup」→「ジョブ」でバックアップを取りたいジョブの「今すぐ実行」をクリック。

すぐにバックアップを取る事が出来ます。

 

BackWPupの設定が一通り終わっても、最初のスケジュールが来るまでは不安もあると思うので先に手動でバックアップを取ってしまうのもアリですね。

BackWPupのバックアップでブログを復元させる方法を解説!

ここまでの設定がちゃんと出来ていれば、バックアップファイルが定期的に自動で作成されます。

ただし、あくまでもそれはWordPressブログに何かあった時にブログを復元させる材料であり、放っておいてもブログは復活しません。

 

そこでここからはBackWPupで作成したバックアップファイルで、ブログを復元させる方法について解説していきます。

手順としては

  1. バックアップファイルをダウンロードする。
  2. バックアップファイルを解凍する。
  3. 解凍したファイルをサーバーにアップロードする。
  4. MySQLデータベースファイルをインポートする。

となります。

以下、順番に説明していきますね。

バックアップファイルをダウンロードする。

まず、バックアップファイルをダウンロードしましょう。

フォルダーにバックアップファイルを保存しているなら「public_html」→「wp-content」→「uploads」の先のファイルの中にバックアップがあるはず。

FTPソフトやサーバーのファイルマネージャーを使用してダウンロードします。

①対象のドメインのフォルダを選択。

ドメインを選択する。

 

②public_htmlをクリック。

public_html

 

③wp-contentをクリック。

wp-content

 

④uploadsをクリック。その先のバックアップファイルを探そう。

uploads

 

Dropboxに保存してある場合、PCのDropboxファイルで「アプリ」→「InpsydeBackWPup」の中にバックアップファイルがあります。

 

もしくはダッシュボード画面左の「BackWPup」→「バックアップ」からバックアップファイルをダウンロードする事も可能です。

 

圧縮された形でのバックアップファイルがダウンロード出来たはずです↓

バックアップファイル

「サーバー上のデータのバックアップファイル」と「データベース上のデータのバックアップファイル」の両方をダウンロードします。

バックアップファイルを解凍する。

ダウンロードしたバックアップファイルを解凍・展開しましょう。

右クリックで解凍なり、ダブルクリックなりして下さい。

 

解凍したサーバー上のデータのバックアップファイル↓

サーバー上のデータのバックアップファイルの内、上記画像で赤く示した

  • backwpup_readme
  • manifest.json

についてはファイル外に出しておきましょう。

次章で解凍したファイルをサーバーにアップロードしていきますが、その時にアップロードしない方が無難なものです。

田村カツオ
田村カツオ
このファイル内にあるwp-config.phpファイルについては最後の手順で使用するMySQLのユーザー名とパスワードが書いてあり、後でテキストで開いて確認する事になります。

 

解凍したデータベース上のバックアップファイル↓

データベース上のバックアップ

データベース上のデータのバックアップについてはこのままでOK。

次章でサーバーにアップロードするのは「サーバー上のデータのバックアップ」のみだからです。

田村カツオ
田村カツオ
データベース上のバックアップファイルについては、最後の手順で使用していきます。

解凍したファイルをサーバーにアップロードする。

FTPソフトを使って、回答したファイルをサーバーにアップロードします。

 

FTPソフトは色々ありますがFileZillaがおすすめ。

(FFFTPは大量のファイルを転送する際に動作が停止する事がありますので、できればFileZillaが良いです)

 

この時アップロードするのは「サーバー上のデータのバックアップファイル」です。

データベース上のデータのバックアップファイルはここでは使いません。(次章で使います)

アップロード

サーバー上のデータのバックアップファイルの内容を全部選択し、復元したいドメインのフォルダにドラッグ&ドロップします。

(対象のドメインは絶対に間違えないように超絶要注意!!!)

 

田村カツオ
田村カツオ
サーバー上のデータは容量が大きいのでアップロードにも割と時間がかかりますよ。

MySQLデータベースファイルをインポートする。

最後にSQLデータベースファイルをインポートしましょう。

これはphpMyAdminというツールを使うのがおすすめで、エックスサーバーを初めとしてほとんどのサーバーで実装されています。

ここではエックスサーバーを例に説明していきますが、他のサーバーでも要点としては変わらない操作なので参考にしてみて下さい。

 

ここでインポートするのが、データベース上のデータのバックアップファイルの中にあるSQLファイルです↓

SQLファイル

 

①エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、復元したいブログのドメインを設定対象ドメインに選択(①)し、phpMyAdminをクリックして進みます。

サーバーパネル

 

②ユーザー名とパスワードが求められます。

 

ユーザー名とパスワードはサーバー上のデータのバックアップファイルの中にあるwp-config.phpに記載してありますので、メモ帳などのテキストで開いて確認しましょう。

wp-config.php

wp-config.phpの中にこんな感じでMySQLのユーザー名とパスワードが書いてあります↓

 

③phpMyAdminの操作をしていきます。

カッパ君
カッパ君
別に難しくないから大丈夫だよ!

 

設定対象を選ぶ。

phpMyAdminに入れたらまず、左に今回インポートするSQLファイルが表示されてるはずなので、そちらをクリック。

 

インポートの画面

それからインポートタブを選択します。(①)

 

インポートの画面

次にアップロードファイルを選択してアップロードします。(②、③)

ここで選択するのがデータベース上のデータのバックアップファイルの中にあるSQLファイルです↓

SQLファイル

 

ファイルの文字セット(④)ですが、これは今インポートしようとしているsqlファイルを作成した時に選択している文字コードなのですが、わからない場合はそのファイルの中に書いてあります↓

utf8この場合、文字セットはUTF8でした。

 

下に進んで

フォーマットは「SQL」を選択します。(⑤)

エンコーディングへの変換は「なし」を選択。(⑥)

 

最後に実行をクリックすると、SQLファイルがインポートされます。

これでブログが復元されたはずですので、確認してみましょう。

ABOUT ME
田村カツオ
副業お坊さんブロガー。YouTubeとTwitterもよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − 8 =