田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

先日、僕の運営するアフィリエイトブログの内の一つがGoogleアドセンスのポリシー違反となってしまいました。内容としては比較的軽度なもので「ページ単位の違反措置」という事で一部の広告が制限されるに留まりましたが、焦ってしまった部分も正直あります。

ここではGoogleアドセンスのページ単位の違反措置を喰らってしまった時の僕の体験を元に対処法や予防について述べていきたいと思います。

僕のブログがアドセンスのポリシー違反(ページ単位の違反措置)に…

僕のブログがアドセンスのポリシー違反に…

僕のブログがポリシー違反に…

つい先日の話なのですが、僕の管理しているアドセンスブログのうちの一つがGoogleアドセンスのポリシー違反となってしまいました。

Gメールに次の様なメールが来ており、最初はちょっと状況をよく飲み込めませんでした(汗)

Googleアドセンスのポリシー違反を伝えるメール
「自分のせいだろ」と言えばそこまでですが、こんなメールが来ていたらビックリしますね。

 

内容としては「ページ単位の違反措置」で一部の広告の配信が制限されるというものであり、処分としては比較的軽度なものではありましたが…

イッヌイッヌ

アカウント停止とかになっちゃったら大変だよ?もっと気をつけよう。

田村カツオ田村カツオ

はい…としか言えません(汗)

下記にアドセンスの画面のキャプチャを載せておきます。(一部モザイク処理してあります。)

この画面は「設定」→「ポリシーセンター」から見る事が出来ます。油断しているといつポリシー違反判定となっているか分かりません。まめにチェックするようにしましょう!

Googleアドセンスのポリシー違反を知らせる画面
僕の場合、1つのブログの中の2記事がポリシー違反を指摘されました。

指摘された内容について

ポリシー違反と言っても幾つか種類があります。アドセンスで禁止されている事項は多岐に渡りますので…

 

ただ、アクセスを集めてなんぼのアドセンスブログの場合は「アダルトコンテンツ」や「危険または中傷的なコンテンツ」「衝撃的なコンテンツ」等が指摘されやすいのだとは思います。なんだかんだで人が気になって検索するようなネタって、そういう話題が多いですからね。

 

僕が今回指摘を受けたのは「アダルトコンテンツ」でした。(女性の方、すみません(汗)ただ、内容は別に非常識な記事ではなかったと思っていますし、一つのモデルケースとして先入観無しで捉えて頂ければと思います。)

Googleアドセンスのポリシー違反になった…
今回ポリシー違反が指摘された2記事は両方とも「アダルトコンテンツ」の指摘でした。

 

内容としては女子アナと声優についての記事で、両方の記事に「カップ」、片方の記事に「太もも」というキーワードを入れており、それについての内容を書いていました。

それらのキーワードはヤフーサジェストから選択したものです。ポリシー違反を指摘されたくせに言うのもなんですが過度に「生々しい」「いやらしい」表現というのは使っておらず、どちらかというと「プロポーションが良いですね」的なソフトな書き方をしていたものになります。

 

太ももについては分かりませんが「カップ」についてはGoogleアドセンスに「バストサイズ」という意味合いでカップをキーワードとして採用した場合、それを持ってポリシー違反になるかどうかを直接確認しており「カップ」という言葉をバストサイズという意味で使っただけではポリシー違反にならないという旨の回答を得ており、その上での使用だったので安心していたのですが…

【参考:僕が問い合わせたメール内容】

Q:多くのアドセンスブログでは女性有名人の「カップ」というキーワードが使われている現状があると思います。これは多くの場合、バストサイズに関する内容について書かれているものだと判断出来ますが、これはアダルトコンテンツ扱いとはならないのでしょうか?

A:バストサイズなど事実に基づいた情報を掲載していただくこと自体は、基本的にはアダルトコンテンツと判断されることはないかと思います。すでにご指摘いただきました通り、記事内の表現が事実だけではなく性的な内容も含まれていると判断された場合は、ポリシー違反として警告を遅らせていただきます。キスなどの記事も同様に、性的な欲求を過度に刺激しないコンテンツであれば問題はないかと存じます。

 

イッヌイッヌ

ちゃんと問い合わせてから記事を書いていたんだね。

そこは偉い。

田村カツオ田村カツオ

だって、ルールを守ってブログを運営するのが大事って普段から僕は言ってますからね。口だけじゃないんですよ。

ポリシー違反でも広告は表示されていた。

ちなみに、今回の処分内容は「広告配信の制限」という事で、広告の停止ではありませんでした。

 

ポリシー違反を指摘された記事を見てもアドセンス広告は表示されていました。おそらく、教育関係の広告など「カップ」や「太もも」などとは趣旨が著しく合わない広告が配信制限されていたのだと思います。

アドセンスのポリシー違反(ページ単位の違反措置)になった時の対処法

怪しいキーワードを削除。

ポリシー違反になった時の対処法

ここからは実際に僕がポリシー違反状態を解除する為に行った事を述べていきたいと思います。

 

まず、怪しいキーワードを削除しました。今回のケースで言うと「カップ」と「太もも」ですね。

記事タイトルからも、見出しからも、本文からも、画像のALTタグからも全て削除しました。(記事タイトルからキーワードを削除したので、タイトルが変ってしまいました。)

 

ここは徹底的に行いましたね。「文章の書き方を変えれば良いじゃん」とも思ったのですが、違反を指摘されている以上、徹底的な変化がないとポリシー違反が解除されないのではないかと思い、原因となっているだろう言葉は容赦無く削除しました。

文章も削除。

次に当該のキーワードが入っていた見出しの中の文章は、怪しいキーワードの有無にかかわらず全て削除しました。

 

どういう事かと言うと、例えば問題の記事が次のような文章構成だったとします。

(記事タイトル)○○がかわいい!彼氏とカップは?

 (見出し)○○がかわいい!

 (見出し)○○の彼氏は?

 (見出し)○○のカップは?

 (見出し)まとめ。

 

記事全体から怪しいキーワードは削除したのですが、怪しいキーワードが使われている見出しについては見出しとその中の文章まるごと有無を言わさずに削除したという事です。

上記の例で言うと「(見出し)○○のカップは?」は見出しも含めて中の文章まるごと削除しました。どんなに書き方が問題なさそうと自分で思っても、問題があるから違反を指摘されている訳なので、まるごと消す事にしたのです。

新しくキーワードを選定し直し、加筆修正。

記事タイトルの中からキーワードを削除した事から、タイトルの文字数がかなり少なくなってしまったので、代わりとなる無難なキーワードを選択しなおし、それについての見出しも作成し、新たに文章を加筆しました。

 

結果として、修正を加える前の記事とは記事タイトルも内容もかなり変ったものになりました。

田村カツオ田村カツオ

修正前と修正後では全然テイストの違う記事になりましたね。

Googleアドセンスに再審査を依頼。

記事の修正が済んだらGoogleアドセンスに再審査を依頼します。

Googleアドセンスのポリシー違反の対処法

左側のボックスにチェックを入れて「審査をリクエスト」をクリックします。

 

すると次の様に「審査リクエストフォーム」が表示されますので、必要箇所にチェックを入れて「審査をリクエスト」をクリックします。

審査リクエストフォーム

 

これらの手続きが完了すると2週間ほど待つ事になる、のようなアナウンスがなされますが、僕の場合は1日でポリシー違反状態が解除になりました。

タイミングや違反の重さ等も制限解除までの期間に関わってくるのかも知れませんね。

田村カツオ田村カツオ

「ポリシー違反はありません」の画面に戻った時の安心感は忘れられませんね!

アドセンスのポリシー違反(ページ単位の違反措置)にならない為に。

禁止ワードの可能性がありそうだと思ったら使わない。

今回、アドセンスのポリシー違反となってしまい、ページ単位の違反措置をとられ、再審査をリクエストし違反措置が解除された経験を踏まえた上で、どうすればポリシー違反にならないのかについて考えてみたいと思います。

 

まず、基本的な事ですが禁止ワードの可能性がありそうだと思ったらその言葉を使わない事です。

  • 明らかに人を傷つける言葉や差別用語
  • 著しく性的な言葉
  • 生々しく見るに堪えない表現

等、常識と良識に照らし合わせ「自分の家族にサイトを見せても人格が疑われないかどうか」を基準に判断していくと良いと思います。

記事の内容にも気をつける。

禁止ワードを使っていない場合でも、記事の内容がアウトだと判断されたらアウトになります。記事の内容的な部分にも気をつけたいですね。

確かにいくら柔らかい表現を使っていても、表している内容が同じならばダメ、というのは分からないでもないです。

 

実際、今回僕は禁止ワードのようなものは使っていませんでしたので、内容の面が不適切と判断されページ単位の違反措置がとられたのだと思われますので。

ネッコネッコ

「禁止ワードを使っていなければ何でもOK」というような単純なものでもないんだよね。

画像にも気をつける。

画像にも気をつけた方が良いと思います。

 

実は今回再審査の審査のリクエストは2回行っており、1記事は1回目の再審査で制限解除がなされませんでした。その記事からは怪しいキーワードや文章は全て削除し、徹底的に修正したのですが、「女性芸能人が軽いコスプレ」をしているような画像も含まれており、それは残しておりました。

 

特にいやらしいものでもないと判断したので残していたのですが、1回目の審査は却下。

2回目に臨む際に、その画像を別の画像に変更したらすぐに制限が解除されましたので、文章やキーワードだけでなく、画像も関係があるのだと思います。

イッヌイッヌ

画像も内容によってはポリシー違反を指摘されるって事はアドセンスの担当者はしっかりと記事を見てるという事だよね。

終わりに。

Googleアドセンスのポリシー違反(ページ単位の違反措置)になってしまった時の経験を元に対処法などを説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

アドセンスの担当者によって判断は分かれるところだと思いますし、時期が違えばその判断基準も違ってくるのかも知れませんが、普段から気をつけてなるべく違反の指摘を受けないように心がけたいところですね。

そして、もし指摘を受けたらしっかりと対応する事が大事です。

 

違反の程度が軽ければアカウント停止にすぐなったりはしないでしょうが、指摘を受けないに超した事はありません。ましてや稼いでいるサイトであれば記事が上位表示されており、目立つと思いますので普段から気をつけていきましょう。

田村カツオ田村カツオ

ブログで人生を変えてみませんか?

たった一つのブログで僕の人生は激変しました。ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。メルマガの中でその秘密について話したいと思います。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。