田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

人生をやり直したい。

漫画の主人公じゃないですが、どんな人でも一度はそんな風に思った事はあるのではないでしょうか?

仕事でも、プライベートでも、恋愛でも、何でも自分の思い通りには中々いかないのが人生というもの。

 

たとえ、人生をやり直すべく行動しようとしても、日本の社会というやつは「正規のルート」を外れてアウトローになってしまうと仕事を見つけるのにも一苦労です。

ましてや年齢を重ね30代にもなってしまうと、ますますやり直しが出来なくなってしまう・・・1年、また1年と時間が過ぎる毎に大きくなる不満と不満。

 

貴方が人生をやり直したいと思っていたとしても、僕に的確なアドバイスが出来るかは正直分かりません。

ですが、30歳手前で大手企業を退職し、その後出家し僧侶になり、現在はWebマーケターとしても活動している僕の生き様が少しでも参考になればと思い筆を執る事にしました。「こんな人間もいるんだなぁ」と思ってもらえれば幸いです。

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。

僕が人生をやり直したいと思った理由。

僕が人生をやり直したいと思ったのは何故か。

僕が人生をやり直したいと思った理由を端的に言えば「今の人生が嫌で嫌で仕方なくなったから」です。

 

多分「人生をやり直したい」と思う人のほとんどは、ご自身の現状に対して不満を持っているはずです。今の現状に満足しているのであれば人生を変えたい、やり直したいとは思わないのが自然だと思います。

 

当時、僕の人生をダークなものにしていたのが会社。

大学を卒業して、新卒で入社した会社は理想とはほど遠く、歪んだ体育会系の体質を持っており、パワハラやアルハラ等が横行している場所でした。

深夜に開催される強制飲み会。取引先の会社の商品を給料天引きで買わされる。深夜残業、休日出勤は当たり前。言葉の暴力、実際の暴力。優しい人は暴言を吐かれ、ツンツンしてる人は何故かチヤホヤされる。

 

深夜10時に携帯が鳴ったら会社からで「○○の店に来い」と言われ、その店に行ってしまったら午前2時まで付き合わされたなんてザラです。(当時は洗脳されていたので、会社からの電話にも出たし、飲み会に行っていたのがまた恐ろしい・・・)

 

そんな場所にいた僕の人生はどんどん曇っていっちゃったんですね・・・

田村カツオ田村カツオ

ちゃんと就活したつもりではあったんですけど、ホームページや面接で言われる事と実態が違い過ぎてビックリでしたよ・・・

イッヌイッヌ

一部上場企業だし、ワークライフバランスを推進するとか全力でアピールしてる会社なのにね。

人生をやり直したいと思った僕は30歳手前で仕事を辞めた。

会社を29歳で辞めた僕。

人生をやり直したい僕は30代手前の29歳で仕事を辞めた。

「あぁ・・・もう嫌だ。こんな毎日が続くなんて耐えられない」と僕が思い、会社を辞めたのが2014年3月。僕が29歳の時です。

当時、僕は会社の上司から一方的に嫌われ、個人的な攻撃を受けていました。

 

  • 僕に対してだけ高圧的なしゃべり方をする。
  • 仕事上の評価を下げる。
  • 僕の仕事ではない仕事を僕にやらせる。
  • でも飲み会には誘って飲み会で説教。

 

テンプレート的な内容ではありますが、これを毎日、何ヶ月もやられ続けるとかなり精神的にダメージを負うものですよ・・・

それでも僕は会社員として生きる以外の道を知らなかったし、ちょっとくらい嫌な事があったからと言って会社を辞めてしまうのはダメだという刷り込みも強くあったので、結構我慢したのですが、耐えられなくなる事件が起きました。

 

プロフィールでも語っていますが、社内の飲み会で暴行(突然のローキック)を受けた僕が何故か悪いみたいに上司に言われた時、何かがプッツリ切れました。

普通に暴行を受けた被害者である僕が、なんで悪いの?とふと冷静になって考えてみると、もう会社に残るという選択肢は無かったんですね。

 

「こんな毎日が続くとすれば生きていくにも困難だ。だったら辞める。人生をやり直す!」と

ただし、大きな不安が・・・

人生をやり直す。

だから会社を辞める。

 

意気揚々とそんな事を言ってみても、29歳で会社を辞めるというのはかなり大きな不安がありました。

 

僕の業種はITエンジニアとか、医師や看護師などの医療系、外資系営業マンみたいな転職しても全然OKな業種では決して無かったです。

保険会社の会社員。どちらかというと潰しの効かない、自分の会社の中でだけしか通用しないスキルしかない・・・そんな感じ。

 

それに年齢は関係無いとよく言われますが、少なくとも「雇われる側」としてどこかの会社に就職するのであれば年齢は凄く関係あります。

29歳・・・30代にも後ちょっとでさしかかろうというタイミング。

 

  • もしかしたら後戻りできない年齢なのかも知れない。
  • 会社を辞めずに続けたら環境が良くなるかも知れない。
  • 本当に後悔しないか。

 

等など、辞めると言ってしまった後から、色々な事を思い考えてしまいました。

結局やりたいようにやるしかない。

やりたいようにやるのが正解。

人生をやり直すという決意の下、会社を辞めると言ってしまったのですが、それでもやっぱり悩んでしまった僕。

 

僕と同じように、優柔不断な自分が決断を邪魔してしまう。そんな人って結構多いと思います。

 

そんな人に一言お伝えするとしたら「やりたいようにやれ」という事です。もうコレしかありません。

タイムマシンで昔に戻って、当時の僕にアドバイスするならば同じ事を言うと思います。「やりたいようにやれ」と。

 

  • 会社に残っても、会社が上手く続くかは分かりません。
  • 耐えがたいほどのパワハラ上司がやってくるかも知れません。
  • 転職しても転職先が自分に合っているかは分かりません。
  • 自営業になっても不安は沢山。

 

そんな事を言ってもキリがない。不安要素を数えたら無尽蔵ですよ。

正解はありません。やりたいようにやるのが正解。自分が選んだ道を正解だと思えるように努力するのが正解。

 

今だから言える事かも知れませんが、僕はそう思います。

田村カツオ田村カツオ

30歳直前で会社を辞めるのは勇気が要りました。

でも、会社を辞めて別の道を歩みたかった。

やりたいようにやらせて頂きました。

人生をやり直したい僕は30代で僧侶になった。

30代で僧侶になった理由。

30代で僧侶になりました。
(写真はイメージです。)

 

会社を辞めた後、僕は僧侶になりました。

はい。お坊さんってやつです。

 

なぜ会社員を辞めて僧侶になったのかと言うと、ストレートに言ってしまうと僕の実家がお寺だったのでそこを継ごうと思ったから。

「人生をやり直したい!」みたいな壮大な事や偉そうな事をここまで言っておきながら、ある意味ショボい感じのオチで申し訳ないですが・・・

 

しかし、これは当時の僕はそうするしかない程追い詰められていたという事でもあります。

新卒で入社した一部大手上場企業を辞めて、ろくに転職の準備もせずに、半分勢いで会社を辞めてしまう。人生をやり直したいとは思っていても、それ以外に他に選択肢が考えられない。

 

冷静に考えれば、まともに転職活動をしてみたり、難関資格が必要な職を目指してみたり、お坊さんになるにしてもその前にちょっとワーホリに行ってみたり・・・

色々な選択肢はあったと思うのですが、結局ありきたりでイージーな道を何の工夫も無く選んでしまったんですね。

田村カツオ田村カツオ

今でこそ偉そうな事を言わせて貰ってますが、あの時は余裕が全然ありませんでした。特に心の余裕が無くて冷静に物事を考えられてはいなかったと思います。

ネッコネッコ

精神的に追い詰められると、合理的な判断って出来ないよね・・・

30代で僧侶になって困った事。

30歳手前で会社を辞めて、人生をやり直すという名目で30歳になった位のタイミングで僕は僧侶になりました。

 

しかし、ブラックな会社とおさらば出来て満足だし最高!やっほー!という風にはならなかったんです・・・はい。人生そんなに甘くなかったです。

一部上場企業の会社員と違って僧侶はお給料は低いし(そりゃ見習い僧侶は低くて当然なんですが)、結構体育会な部分もあります。何というか以前勤めていた会社のブラック度を半分にして、お給料は4分の1くらいにした感じ・・・

 

このままでは「人生をやり直した」というか「人生をもっとダメなものにした」だけ。そんな声が頭の中でエコーします。

 

結構焦りましたよ・・・かなり強い焦燥感に駆られました。

僕の大学の同級生達は大手企業で出世して管理職になっていたり、弁護士になっていたりで、置いてけぼりになった気がしましたから・・・

悪の上司悪の上司

会社を辞めるからそうなるんじゃ。

サラリーマンはサラリーマンでいればいいんじゃ。

田村カツオ田村カツオ

一時期は本当に落ち込んで↑みたいに考えた事もありました。

でも、このまま凹んでるだけじゃ何も生まれないし、自分の人生にもう一度花を咲かせる為に、ある事を始めたんです。

【結論】人生はやり直せる。30代でも何歳であっても。

今は人生をやり直したいとは思いません。

人生をやり直すという大義名分を掲げ、逃げるように会社を辞めた僕。

僧侶になっても大して良い生活が出来る訳じゃ無い。

 

そんな僕が始めたのがWebを使った副業ビジネスでした。超簡単に言うと、ブログを作ってそこに広告を貼りお金を稼ぐというもの。

最初はお小遣い感覚というか、収入源が欲しいという思いで藁にもすがる思いで始めたのですが、お金が稼げる以外にも得るものが沢山ありました。ネット上での集客の方法やライティングスキル、基礎的なITの知識等など・・・

4ヶ月で月に10万円を稼げるになり、その数ヶ月後には収益は30万円を越えるまでに・・・

(この辺りの詳細はプロフィールにて)

 

会社を辞めて、僧侶になって、それでも人生に光が差さなくて、悩んで悩んで始めたスモールビジネスですが、真面目に地道に継続する事でちょっとずつ結果が出るようになり、今ではこれだけで生活する事が出来るくらいの金額は稼げるようになりました。(僧侶を辞めるつもりはありませんが・・・)

 

生活に余裕が出来ると、精神的な余裕も生まれます。

何だか昔を振り返ると、会社を辞める・辞めないでオロオロしていた自分が恥ずかしい・・・

 

全ての事は自分で主体的に動いて、道を切り開くことで変える事が出来ます。必要なのは一歩踏み出す、「やってみるか!」と自分を奮い立たせる勇気。

まあ・・・全てかどうかまではちょっと分からないですが、少なくとも会社を辞めるとかそれくらいの事ならばちょとした行動で変ると思うんです。

 

僕の場合はその手段はネットを使ったマーケティングビジネスでしたが、手段は人によって違ってくるとは思います。貯金があるなら脱サラして何かお店を構えても良いと思いますし、資格を目指したって良い訳で・・・

 

30代だから遅い。20代だから間に合う、みたいな考えは捨てた方がいいと思います。

人生はいつでもやり直せる。自分がやり直そうと思った時がその時なんだな・・・って個人的には思っています。

終わりに。

人生をやり直したいという人の為の記事、というか自分の経験を述べているだけの感じになってしまいましたが・・・いかがでしたでしょうか?

僕の例は特殊だと思うので、この記事をお読みの貴方と完全に一致するという事はあまりないと思いますが、とにかく重要なのは何か行動を起こしてみるという事です。

 

自分から行動を起こさなければ何かが変る事は、まあ無いでしょう。田舎の女子中学生が芸能事務所にスカウトされるのを待っていても一生人生が変らないのと同じです。

資格でも転職でも起業でも何でも良いと思います。とにかく小さな事でも良いので自分で行動を起こす事。そうすればちょっとずつでも歯車は動いていきます。

 

何も行動をしないのに人生をやり直したい、というのはちょっと無理がある話だと思います。まずは行動する。やってみましょう!

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。