ブログアフィリエイトの基本

【超簡単】ワードプレスブログの記事の書き方をわかりやすく説明!

田村カツオ
田村カツオ

ワードプレスで記事を初めて投稿する時は本当に分からない事だらけだと思います。

見出しはどうやってつけるのか。

改行はどれくらいの頻度でしたら良いのか。

文字の装飾や画像はどうしたらいいのか。

というか記事の書き方が「超基本的なスタートラインの時点で全く分からない」という方も多いのでは?

そこでここではあくまでも一例として、ここでは僕がどのように記事を書いているかについて、基本的な所を説明していきたいと思います。

参考動画:トレンドアフィリエイトブログの記事の書き方を説明!

田村カツオYouTube公式チャンネルではワードプレスブログの記事の書き方を説明しています。

文章だといまいちピンとこないという方は是非見てみて下さいね(^_-)

ワードプレスブログの記事の書き方を解説!

ワードプレスブログの記事の書き方の基本を説明!

ここではワードプレスブログの記事の書き方を説明していきたいと思います。

色々なアプローチというか書き方がありますが、一つの例として参考にして頂ければ幸いです。

まず、ワードプレスブログの記事の書き方をステップ別に分けると以下のような手順となります。

記事を書く流れ

  1. 記事の編集画面を開く。
  2. 記事タイトルを入力する。
  3. カテゴリーとタグを選択する。
  4. アイキャッチ画像を選択する。
  5. 記事冒頭の導入文を作成する。
  6. 見出しを作成する。
  7. 記事本文を書いていく。
  8. 誤字脱字や論理飛躍などが無いかチェックする。
  9. 記事を公開する。
  10. Fetch as Googleを行う。

以下、一つずつ順番に解説していきたいと思います。

記事の編集画面を開く。

①まず、ダッシュボード画面で左側のメニューの一覧から「投稿」→「新規追加」を選びます。

記事編集画面を開く。

 

②すると「新規投稿を追加」という画面になります。

記事編集画面を開く。

ここが記事編集画面です。ワードプレスブログの記事はこの画面で執筆していく形になります。

ここで確認しておきたいのが、まず画面右側の方で「ビジュアル」と「テキスト」という2つのタブがあるのですが、「ビジュアル」の方を選択しておく事です。

執筆中にこの2つは切り替える事は出来ますが、基本的には「ビジュアル」モードの方を使う事が多いです。

「ビジュアルモード」では、記事の執筆中に利用するボタンがちゃんと表示されているかを確認します。

  • 「太字」にするボタン
  • 「文字の色」を変えるボタン
  • 「文を左に寄せる」ボタン

等色々あります。

これらはプラグインTinyMCE Advancedで設定する事が出来ますので、ちゃんと自分が使いやすいように設定しておきましょう。

関連記事:TinyMCE Advanced(プラグイン)の設定方法と使い方を説明!

記事タイトルを入力する。

記事編集画面ではまず記事タイトルを入力します。

ネタ・キーワード選定を行い、それに基づいたタイトルを考え入力しましょう。

記事タイトルを入力しよう。

プラグインAll In One SEO Packを使用している場合は、編集画面下の方にも記事タイトルを入力する欄がありますので、入力しておきましょう。

コピペすると間違いが無いと思います。

メタキーワードと言って狙っているキーワードを入力する欄もありますが、これの使用は任意です。

入力しなくても良いと思いますし、狙っているキーワードが何なのかを自分で分かりやすくしたいのであれば入力する。くらいのイメージです。

関連記事:キーワード選定のやり方とコツを解説!便利なツールも紹介!

関連記事:ブログの記事タイトルの付け方!アクセス数を稼ぐ7つのポイントを解説!

カテゴリーとタグを選択する。

次にカテゴリーとタグを選択します。

カテゴリーもタグも記事を分類し、横に繋ぐ意味を持っています。

カテゴリーは必ず設定しなければならず、何も選択しなかった場合、自動的に初期設定のカテゴリーが選択されます。

タグは必須ではありませんが、出来れば設定してあげた方が読者には親切かも知れません。

 

ワードプレス記事編集画面の右側に次の様な箇所がありますので、設定したいカテゴリーにチェックを入れます。

カテゴリー

 

タグについては設定したいタグを入力し、「追加」をクリックします。

「よく使われているタグから選択」では今まで使ってきたタグが表示されるので、手入力が面倒な場合はそこから選んでも構いません。

タグ

 

カテゴリーとタグについては結構奥が深いので、是非次の記事も読んでみて下さいね。

関連記事:カテゴリーとタグの違いと使い分けと注意点!僕はこういう風にしてる!

アイキャッチ画像を選択する。

アイキャッチ画像を選択しましょう。

アイキャッチ画像はサムネイル画像とも言い、記事を目立たせてくれる画像の事です。

(下記のようなものをアイキャッチ画像と言います。)

アイキャッチ画像例1
アイキャッチ画像2サイドバーのアイキャッチ画像。

 

アイキャッチ画像は記事編集画面右にある次の箇所で設定します。

アイキャッチ画像設定

なるべく記事の内容を一目で表すような画像を選択したいところですね。

アイキャッチ画像は「記事の内容の広告」みたいな側面もありますから、あまりにも記事の内容とかけ離れている画像を使うのは良くないです。

アイキャッチ画像は初心者は設定し忘れてしまう場合もあります。

そうなるとブログが殺風景になってしまいます。

良く忘れてしまうという方はAuto Post Thumbnailというプラグインをインストールして有効化しておけば、記事の中で使われている画像が自動的にアイキャッチ画像に設定されます。

僕も使っていた時代がありますので、是非試してみて下さい!

記事冒頭の導入文を作成する。

いよいよ記事本文を書いていく形になりますが、まず冒頭の導入分を作成します。

これは「この記事ではこれからこんな内容を書いていきます」という事を読者に伝えてあげる文章です。

ポイントとしては

  • これから記事の中で書く内容を簡単に説明する。
  • 結論は言わない。(言うと読者は続きを読んでくれない。)
  • 長くなりすぎない。(120字以内くらいが目安)

というような事が挙げられます。

ここで書く内容はディスクリプションと言って検索結果にも表示されます。

ディスクリプション

検索者が検索結果に載った自分の記事をクリックしてくれるかどうかにも関係しますので、気合いを入れて書きましょう!

見出しを作成する。

本文を本格的に書いていく前に見出しを作成します。

平たく言うと文章を書いていく前に章分けしてしまい、各章の題名をつけるという事ですね。

見出しにしたい文にカーソルを合わせ「段落」と表示されているボックスから使用する見出しのレベルを選択します。

見出しをつける。

見出しは使っているテンプレートによっても違いますが、とりあえず僕が使っている賢威の見出しを例として下に載せておきますね。

見出し

 

多くの場合、記事内では見出しは「見出し2」から使っていきます。(テンプレートによっては見出し3から使う内部構造になっているものもありますので、ご注意下さい。)

 

見出しは「大きい見出し」の中に「小さい見出し」を入れるというような階層関係の序列をしっかり守るという事を意識しましょう。

見出し3の中に見出し2は入りませんし、見出し2の下に入るのは見出し3、見出し3の下に入るのは見出し4です。順番を抜かしたり、主従の関係を崩してはいけないのです。

 

また見出しには記事タイトルで選択したキーワードをしっかり入れていきましょう!入れすぎて日本語として不自然になってしまうのは良くないですが、そこまでにはならない程度にドンドン見出しにキーワードを入れていきます。

田村カツオ
田村カツオ
ブログ記事本文を書く前に見出しを作成すると内容がぶれませんし、書きやすくなりますよ!

関連記事:ワードプレスブログの記事内の見出しの使い方について解説!

記事本文を書いていく。

検索意図に合った筋の通った文章を。

記事本文を書いていきます。

既に作られている見出しに沿って書いていけば良いので大丈夫だとは思いますが、話が横道にそれすぎたりしないように注意が必要です。

自分への戒めも込めて言う部分もありますが、記事を書いている内にどんどんネタが膨らんできて話がそれるのは要注意です。

「読者が必要とする情報」を提供するのが求められている事なので、過度な自分語りになってしまったり、自己満100%で終わってしまったりしないように気をつけましょう(汗)

ネッコ
ネッコ
読者目線が大事!

選定したキーワードで検索した人がどんな情報を求めているのか。

これを検索意図と言いますが、検索意図に合った記事を書くように気をつけるのが重要です。

イッヌ
イッヌ
要は的外れな文章を書かないって事だね!

文字数に決まりはないですが…

「何文字書けば良いですか?」とブログ初心者の方に良く聞かれるのですが、記事本文の文字数に決まりはないです。

必要な情報を伝える事が出来る文字数が求められている文字数

本質的にはこう言えます。

ですが、目安という事で言うと、ある程度ちゃんとした内容の記事を書いて、読者にしっかりと言いたいことを伝える為には1500字前後くらいは最低でも必要になってくる場合が多いのではないかと思います。

あくまで目安ですが…

田村カツオ
田村カツオ
僕の場合ですが、芸能系の記事で2000字から3000字。

政治系や議論を呼ぶ内容を扱った系の記事で3000字から4000字です。

ちなみにこの記事が5060字です。

画像について。

画像を使う時のポイント。

ブログの記事を書く際に、適度なタイミングで画像は使うべきです。

人間は文字を読むのが嫌いな動物ですから、文字ばかりの記事はすぐに読者が読むのを止めてしまいます。

しかし、適度なタイミングで画像があると離脱率というものは大幅に下がってきます。

文章の中で扱っている内容をイメージさせる画像や説明の為の図、人物の画像(著作権に注意)を適度に使っていきたい所です。

この際のポイントとしては以下の2点。

  • altタグを入力する。
  • クリッカブルにする。

altタグというのは画像に設定できるテキスト情報です。

検索エンジンに「それが何を表している画像なのか」を伝えるものです。

小さな事ですが、これをしっかり設定し続けているとSEO効果も出てきます。

また画像はクリックしたら拡大表示されるようにクリッカブルにしておくと良いでしょう。

そうしておく方が、広告のクリック率が若干上昇します。

画像をクリックすると表示されるボックスから「鉛筆マーク」を選んでクリック。

画像を使う時のポイント

 

次に表示される「画像詳細」で①の部分にaltタグとなるテキストを入力。

②で「メディアファイル」を選択して画像をクリッカブルにする。「更新」を押すのを忘れずに。

画像使用のポイント。

広告について。

記事を執筆していくタイミングで、画像とのバランスを考えながら、広告を挿入していきます。

僕はアドセンスの場合、広告の数は1記事につき3個から多くても5個くらいに抑えています。(文字数にもよります。)

あまりにも広告が多いと読者にとって不便なのでそのあたりは節度を守っていきましょう!

 

広告はAdvanced Adsのようなプラグインなどを使って貼っていきましょう。

関連記事:Advanced Ads(プラグイン)の設定方法と使い方を解説

関連記事:アドセンス広告を貼る位置は超重要!効果的な貼り方を解説します。

誤字脱字や論理飛躍などが無いかチェックする。

記事本文を書き終わったら、誤字脱字や言っている事がおかしくないか、説明不足が無いか等をチェックします。

特に記事タイトルに誤字脱字が無いかはもう一度チェックしておきましょう。

 

この時、編集画面でチェックするのではなくプレビューボタンを押して、実際にサイトで表示される形で見て確認するようにしましょう。

本文の公開前のチェックはプレビューで。

記事を公開する。

記事を公開します。

公開しないと編集者以外、記事を見る事が出来ませんので覚悟を決めて公開します。

Fetch as Googleを行う。

記事を公開したら、Fetch as Googleを行っておきましょう。

これは記事を更新した事を検索エンジンに伝える為の作業です。これを行う事で記事のインデックス速度が早まる事が期待出来ます。

特にブログを作ったばかりの時は全然検索エンジンのクローラーがブログに来てくれませんので、Fetch as Googleでアピールしていく事はとても大事な事になります。

関連記事:Fetch as Googleの使い方や効果を解説!PCとモバイルはどっちを選ぶ?

あとがき

ワードプレスブログの記事の基本的な書き方をご説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご説明したのは極々基本的な事ですし、やり方は人それぞれなので、慣れてきたら自分のやり方を確立して下さいね!

自分がやりやすい方法で、読者が見やすい記事が書けるようにステップアップしていきましょう!

田村カツオ
田村カツオ
たった一つのブログで僕の人生は激変しました。

ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。(詳しくはプロフィールで!)

今では複数のサイトを運営しアフィリエイト報酬を得たり、法人顧客のSEOコンサル等も行っており、副業の収入がサラリーマン時代の月収を超えています。

メルマガの中でその秘密について話しています。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のノウハウが詰まったテキストを無料でプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。



ABOUT ME
田村カツオ
毎日のシゴトを「魂レベル」で楽しむ僧侶×Webマーケター。インターネットを用いた人気メディア運営のハウツーを伝授するオンラインレッスンを行ったり、法人顧客に対してWebマーケティングのアドバイスを行っている。趣味は筋トレ、ムエタイ、英語の勉強。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。