田村カツオ田村カツオ

こんにちわ。田村カツオです。

「記事を書いても書いても全然上位表示されないなあ…」

「ネット上ではすぐに稼げると言っている人が多いけど、私はいつまで経っても稼げない…なんでだろう?」

トレンドアフィリエイトを実践していて、こんな悩みを抱えている方はライバルチェックがおろそかになっている可能性があります。

 

キーワード選定を行い、タイトルを決める。その際には必ずライバルチェックを行いましょう!僕たち個人で事業をしている人がサイトを立ち上げても、大手企業が組織的に運営する法人サイト等には中々勝てません。(検索結果で上位に表示出来ない。)

ですので「勝てないところでは戦わない。勝てるところで戦う」という事が重要になってきます。当たり前のようですが、これってとても重要な問題です。ライバルチェックのやり方をしっかりと学んでいきましょうね!

 

田村カツオのメルマガ登録ボタン

メルマガ(無料)をやっています。興味のある方はどうぞ!(^^;)

トレンドアフィリエイトのキーワード選定について説明!(ライバルチェック)

田村カツオYouTube公式チャンネルではトレンドアフィリエイトにおけるキーワード選定について動画で解説しています。音声から入った方がしっくり来るという方は是非ご覧になってみて下さいね。

チャンネル登録はこちらから!

YouTubeチャンネル登録ボタン

キーワード選定の際に必須!ライバルチェックのやり方を解説!

ライバルチェックとは?

ライバルチェックとはキーワード選定を行い、貴方が記事のタイトルに使おうとしているキーワードの組み合わせを決める時に必ず行うべき事です。

「そのキーワードの組み合わせを使っているサイト(ライバル)が他にあるか。あるならばどんなサイトか」を確認するのがライバルチェックです。

何故ライバルチェックをするのか?

ライバルチェックをする理由は「効率よくアクセスを集めるため」です。

例えば、僕達のような「個人が運営するサイト」と「大きな法人が組織的に運営するサイト」では、同じキーワードを使っている場合でも「大手企業のサイト」等の強いサイトの方が検索結果の上位に表示されやすいです。

貴方が一生懸命考えてキーワード選定を行っても、選定したキーワードが大手サイトや他の強いサイトに使われていて競合してしまう場合は、そのキーワードでタイトルを考え記事を書いても、ライバルに勝てないでしょう。

 

極端な例ですが、貴方が選定したキーワードの組み合わせの検索順位の1位から50位が全て大手サイトや2ちゃんねるまとめサイト等の「強いサイト」だった場合、貴方のサイトが表示される順位は51位以下であると大まかには予想されます。

51位というのは検索結果の6ページ目です。普通に考えて沢山のアクセスが来るとは思えません。

ライバルチェックは超重要!

逆にライバルチェックを行い、強いライバルがいないキーワードの組み合わせを見つける事が出来たら上位表示出来る可能性はかなり高いのです。

激戦区を避け、楽に上位表示できるところを探して、アクセスを効率的に集められるようにする。これがライバルチェックの目的です。

ライバルチェックのやり方を解説!

ライバルチェックのやり方について解説していきます。それほど難しい事ではありませんのでしっかり付いて来てくださいね。

  1. 選定したキーワードの組み合わせで実際に検索してみる。
  2. 検索結果の1ページ目を見てどんなサイトがそのキーワードで表示されているか見てみる。
  3. 貴方が選んだキーワードが全て入っているタイトルのサイトをチェックする。
  4. 強いサイトが上位を独占しているようならば、そのキーワードの組み合わせは使わないで、別の組み合わせを探す。強いライバルがあまりおらず、十分戦えそうならば、その選定したキーワードでタイトルを作り記事を投稿する。

大まかな流れとしては以上です。これがライバルチェックの基礎となります。

以下、細部について説明していきます。

ライバルチェックで「強いサイト」とは?

ここで言う「強いサイト」とは以下のようなサイトの事です。

  • 大手起業が運営するサイト
  • 2ちゃんねるまとめ系サイト
  • naverまとめ等のキュレーションサイト
  • 特化型ブログ(個人が運営してるサイトだが、あるテーマに特化して記事を更新しまくっている為、その特化している分野についてはめっぽう強い。)

 

逆に「強くないサイト」(競合しても勝てる可能性があるサイト)とは以下のようなサイトとなります。

  • 無料ブログ
  • トレンドアフィリエイトブログ

実例

では実際にライバルチェックをやってみましょう。

今回、例としてライバルチェックするキーワードは「高畑充希 彼氏 フライデー」です。実際に検索してみて、1ページ目に表示されたのはこのようなサイトです。

ライバルチェックの例

ライバルチェックの例

  • 1位に表示されたのはlaughtyというまとめサイトですね。法人が運営しており、強いです。あと面白いサイトです(笑)
  • 2位はyahooの画像検索の結果が出てきてますね。こういうのは検索上位に表示されやすいですが、ブログなどとはまた性質が違うので、そんなに気にしなくてもいいでしょう。
  • 4位に特化型のブログがランクインしてますね。これは熱愛とか芸能人の恋愛とかに特化したサイトですね。これも中々のサイトです。
  • 9位は法人が組織的に運営するサイトですね。まとめサイトに近いような感じです。
  • 10位はnaverまとめ。皆がお世話になるまとめサイトですね。
  • 他はトレンドアフィリエイトブログですね。どれも中々いい記事を書いているサイトですね。

この中で「高畑充希 彼氏 フライデー」というキーワードが全てタイトルに入っているのは4つです。残りの6つは「高畑充希 彼氏 フライデー」の内、2個だけしか使っていません。またトレンドアフィリエイトブログが検索上位に5つもランクインしています。

 

よって、このキーワードの組み合わせで戦う事はできそうですね。ただ、ガラガラという訳ではないですね。(「高畑充希 彼氏」というキーワードを含んだサイトは結構入っていて、それが法人サイトだったり、大手まとめサイトだったり・・・)

このキーワードで戦うならば記事の内容もかなり詳細にして、検索エンジンから高く評価してもらえるようにする等の工夫が必要でしょうね。

ここから先は個人の判断の世界になりますが、もう少しライバルが弱かったり、楽に戦えそうなところを探してもいいかも知れませんね。その場合はまたキーワード選定からやり直しです。

 

と、このようにライバルチェックを行っていきます。大変そうですが、慣れればすぐに出来ます。「出来ない!」と思うのが一番ダメなことです。やってれば慣れて当然の事になります。

 

必ず抑えておきたいポイントとしては、キーワード選定をして、ライバルチェックをしてその結果「ライバルが皆無」というのはほとんどありません。ライバルがいて当然の世界です。ですので「ライバルがいるところしかないから記事が書けない!」なんて思い込みをしないで下さい。

ライバルチェックは絶対に勝てそうもない強いサイトを省くのが第一の目的です。個人サイトのライバルが沢山いてもビビらないように。そんな事をしているとどんなキーワードでも記事が書けなくなってしまいますから。

応用編・ライバルの記事内容にも気をつけよう。

先ほどまでの解説で、実際に検索をしてみて自分が書こうとしているキーワードをタイトルに使っているサイトがあるか・ないか。あるならば1ページ目にどれだけランクインしているかを見て勝てるかどうかを判断するのがライバルチェックの基礎だと説明しました。

基本的にはそれでOKなのですが、最近は検索エンジンの精度もUPしており、タイトルに含まれるキーワードも重視されるのですが、記事内容もかなり重視されるようになってきました。

ですので、タイトルに含まれるキーワードを見て判断するやり方(基礎)になれてきたら、検索結果1ページ目に表示されているライバルの記事内容もチェックするようにしてみて下さい。記事内容が秀逸だと、キーワードがタイトルに含まれていなくても上位表示がされているものもあります。

その場合、そのライバルに勝つにはタイトルにしっかりと狙ったキーワードを含めるのはもちろんですが、記事内容も良質なものにする必要があります。タイトルに含まれるキーワードは重要ですが、それだけで全てが決まるという事はありませんので注意が必要です。

まとめ

  • ライバルチェックはキーワード選定とセットで行うのが望ましい。
  • 実際に使おうとしているキーワードで検索してみて、強いサイトがいないかどうかを確認するのがライバルチェック。
  • ライバルチェックは重要だが、必要以上にライバルを恐れてしまうと記事ネタがなくなってしまうので、ライバルがいても「弱いライバル」ならば戦うべき。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。