田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

今回はワードプレスブログを運営していく上で誰もが一度は悩み、そして適当に済ませてしまうであろうカテゴリーとタグの違いや使い分けについて説明していきたいと思います。

絶対的な正解はない世界だとは思いますが、ポイントを抑えてカテゴリーとタグを上手くつかう事でユーザビリティーが高いサイトになりますし、SEO効果も狙えますよ!

カテゴリーとタグの違いについて。

カテゴリーとは?

カテゴリーとはその名の通り「ブログの記事の分類」の事です。ブログ内の記事をジャンルによって分類する事によってより分かりやすくする事が出来るんですね。同じカテゴリーに分類された記事には横のつながりが生まれ、読者は同じカテゴリーの記事を行ったり来たり出来ます。

カテゴリーの特徴としては親・子・孫という様に3階層まで設定できるという事です。もちろん、このブログでもカテゴリーは設定しています。

ワードプレスブログのカテゴリーとは?
この画像には写ってないけど孫カテゴリーもあります。

 

記事を書いて投稿したら必ず何かのカテゴリーに入れなければいけません。どのカテゴリーにも属さない記事というのはワードプレスの機能上出来ません。

カテゴリーは必ずひとつ設定する。
カテゴリーにチェックを入れないで投稿しても、初期設定で決まっているカテゴリーに分類されてしまう。

 

また、記事に設定したカテゴリーはパンくずリストにも表示されます。パンくずリストというのは、読者が現在ブログのどの場所にいるのかを表すものです。

パンくずリスト
パンくずリストにもカテゴリーが表示される。

タグとは?

次にタグですが、タグも「ブログの記事の分類」です。ブログの記事の内容を端的に表すような言葉でタグを作り、記事と記事の横のつながりを作り出すものです。

カテゴリーと違ってタグは階層構造を作る事は出来ません。また必ず設定しなければいけないものでもありません。

タグとは?
タグは記事の一番下にこのように表示される。

カテゴリーとタグの違いとは?

カテゴリーとタグは似ている様で違うものですが、少し分かりにくい部分もあるので違いをまとめてみました。

 カテゴリータグ
概要記事をジャンルによって分類し、記事同士のつながりを作る。記事の内容を表す言葉をタグとして記事同士のつながりを作る。
階層構造親→子→孫、の3階層まで作れる。階層はない。
必須かどうか必須。必須ではない。

ただ、ブログを運営していくにあたってはカテゴリーとタグの違いを理解する事よりも、使い分けや注意点をしっかり抑えて行くべきです。

それについては次段で説明していきたいと思います。

カテゴリーとタグの使い分けと注意点について。

カテゴリーとタグの注意点について。

カテゴリーの注意点。

1記事につき1カテゴリー

カテゴリーの注意点としてはまず、1記事につき複数のカテゴリーを設定するべきではないという事です。

例えば「この記事は映画にも関係しているし、その映画は政治思想にも関係している。それからあの女優が出てるし、英語というカテゴリーも当てはまるな」という風に考え、一つの記事に「映画」「政治」「女優」「英語」というようにいくつもカテゴリーを設定しては好ましくない、という事です。

 

一つの記事にカテゴリーを2つ以上設定するのが好ましくない理由としては、ブログ内がごちゃごちゃになってしまうという事です。

カテゴリーは1記事につき1つまで。
サイトマップがめちゃめちゃ。

この画像(↑)は1つの記事に複数のカテゴリーを意図的に設定したブログのサイトマップなのですが、同じ記事が何回も登場し、非常に見づらく整理されていない印象を受けると思います。カオスな状態ですね。

サイトの記事の分類が上手く出来ていない、整理されていないブログは検索エンジンからの評価も下がってしまいます。

 

また、1記事にいくつカテゴリーをつけても、パンくずリストに表示されるカテゴリーは結局1つだけです。

パンくずリスト

以上の理由により、カテゴリーは1記事につき1つと決めた方がいいでしょう。

 

これは親子孫関係にあるカテゴリーにも言えます。

例えば「政治問題」という親カテゴリー、その下に「北朝鮮」という子カテゴリー、その下に「核問題」という孫カテゴリーが会った場合、ついつい「政治問題」「北朝鮮」「核問題」と親・子・孫全てのカテゴリーを選びなってしまいますが、この場合選ぶのは孫カテゴリーの「核問題」だけで良いのです。親・子カテゴリーまで選択する必要はありません。

カテゴリーの注意点
階層構造がある場合、カテゴリーとして選択するのは一番下層のカテゴリーのみで良い。
田村カツオ田村カツオ

僕は「1つの記事に複数のカテゴリーを設定するブログ」「1記事につき1カテゴリーを設定するブログ」と実験の為に分けて運営していた時期があるけど、やっぱり「1記事につき1カテゴリー」がしっくり来るし分かりやすいです。

イッヌイッヌ

1記事につき1カテゴリーって決めておいた方が、カテゴリーを選ぶ際に迷いが無くなるよね。

カテゴリー名を決める際もキーワード選定

カテゴリーを作成する際には出来る範囲で記事タイトルを決める時の様にキーワード選定をすると良いです。そうする事でSEO効果が得られると言われています。

ただ、カテゴリーの最大の目的は記事を分かりやすく分類して、ユーザビリティーを向上させる事ですので、無理にキーワードを詰め込んだカテゴリーを作る必要もない、と僕は思っています。出来る範囲で、で良いでしょう。

カテゴリーの注意点。
例えば親カテゴリーを「筋トレメニュー」とした場合、子カテゴリーは「肩」や「肩の筋トレメニュー」とする。

タグの注意点。

タグの注意点ですが

  1. カテゴリーと同じ名前のタグは使用しない。
  2. 1記事にあまり多すぎる数のタグを設定しない。

という事が挙げられます。

1については言わなくてもある程度分かって頂けると思うのですが、カテゴリーとタグは似て非なるもので、使い分けていくのが美しいです。

ですので例えば「政治問題」というカテゴリーの記事に「政治問題」というタグをつけてしまうのはナンセンスです。だったら、タグを使用しない方がスマートと言えます。

 

2についてですが、カテゴリーと違ってタグは1記事につき1つという縛りはないです。

ですが、余りにも多くタグを設定してしまいますとかえって見づらく、ユーザビリティーも低下してしまいますので、注意が必要です。僕の場合タグは0個から3個くらいの間で設定しています。

タグの注意点
1記事にタグをたくさんつけ過ぎるとかえって意味が分からなくなる。

僕はカテゴリーとタグをこの様に使い分けている。

僕がカテゴリーとタグをどのように使い分けているかについてですが、カテゴリーは記事の大体のジャンル分け、タグはカテゴリーよりもより柔軟な視点で記事を横に繋ぐ、というようなイメージを持つようにしています。

 

例えば、僕はこのブログの中で「見落としがちな基本」というタグを作っていますが、そのタグが設定されている記事の中には「トレンドアフィリエイト」だったり「設定」だったり、色々なカテゴリーの記事が入っています。「トレンドアフィリエイト」や「設定」というカテゴリーとはまた違った視点で記事を分類しているという事ですね。

 

また、カテゴリーよりも更に細かい分類をする時にタグを使ったりしています。

例えば、親カテゴリーが「漫画」で、子カテゴリーが「ネタバレ」でその中の記事に漫画のタイトルの付いたタグを設定したり、という感じです。

カテゴリーとタグの使い分けについて。

終わりに。

カテゴリーとタグの違い、使い分け、注意点などについて僕が気を付けている事について述べてきましたがいかがでしたでしょうか?

何が正解というのはなく、ご自身のブログを分かりやすく整理整頓出来ればそれが正解だとは思いますが、一つの例として参考にして頂ければ幸いです。

田村カツオ田村カツオ

ブログで人生を変えてみませんか?

たった一つのブログで僕の人生は激変しました。ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。メルマガの中でその秘密について話したいと思います。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。