田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

今回はグーグルアドセンスの規約違反について解説していきます。

グーグルアドセンスはとても優れたASPですが、同時に規約がとても厳格なASPでもあります。規約違反をしてしまうとせっかく取得したライセンスも取り消し、さらにその時点で支払予定だった未払い分の報酬も没収となってしまいます。

そうならないためにもNGワードや画像・画像については最新の注意を払っていきましょう!

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。

グーグルアドセンスの規約違反になるNGワードについて

グーグルアドセンスの規約違反にならないために!

グーグルアドセンスの規約違反になるNGワードについて説明していきたいと思います。

 

先程も述べましたが、グーグルアドセンスは規約に厳しく、「小さな出来心」や「うっかりしたミス」が致命的な事になりかねません。しっかりと規約を守るという事を意識していきましょう!

(もちろん、規約を理解し、常識的なサイト運営をしていれば必要以上に怯える必要もありませんが…)

 

尚、グーグルアドセンスの規約に違反しているかどうかは、「人間の目」でもチェックされますし、「機械」でもチェックされます。

  • 「機械」だと「特定の言葉」が発見されたらアウト。
  • 「人間の目」だと「特定の言葉」では無くても、文章の中の意味がアウトならばアウト。

という風にチェックされます。

田村カツオ田村カツオ

グーグルアドセンスは会社の広告です。会社は「不健全なサイト」に自分たちの会社の広告を載せたいと思うでしょうか?

不健全なサイトに自分たちの会社の広告が載っていたらイメージダウンになってしまいます。

イッヌイッヌ

このサイトは会社が広告を載せたいクリーンなサイトかどうなのか?この視点が重要。

コレを理解して健全なサイト運営をしていきたいよね。

グーグルアドセンスのNGワードは一概にこれがダメと画一的な基準で決められる訳でもないですが「これは絶対アウト!」というものは主に以下のようなものが挙げられます。

  • アダルトな言葉
  • 他人や団体を誹謗中傷する言葉
  • 危険な薬やお酒、タバコなど
  • 暴力的な言葉

 

以下、これらについて一つ一つ解説をしていきますね。

アダルトな言葉

あからさまに直接的にアダルトな内容はもちろんダメですし、アダルトサイトへ外部リンクを貼るのもダメです。AV女優の名前もダメ。性行為なんかについての直接的な言葉もダメですね。

こういう規約は「どこからどこまでがアウトで、どこからどこまでがセーフ」なのかは、明確には答えづらい部分ではありますが・・・

 

ただ、大まかな基準としては「子供に見せても大丈夫な内容。子供と一緒に見ても気まずくない内容」であるように心がける必要があります。

田村カツオ田村カツオ

アクセスが集まり易い記事ネタとして、女子アナや女子スポーツ選手があります。

キーワードとして「カップ」や「太もも」というものがサジェストや虫眼鏡でよく見かけるのですが、書き方に気を付けないとアウトですから要注意!

他人や団体を誹謗中傷する言葉

誹謗中傷はグーグルアドセンスの規約違反!禁止です!

これも明確な線引が難しいんですが、「風刺」や「嫌がらせの事例」はOKです。

ですが、「特定の個人・団体への攻撃」等はダメです。

イッヌイッヌ

例えば「○国人は犬だ!」とか「○国人は穀潰しだから強制排除しろ!」みたいに貶める書き方はダメだよね。

ネッコネッコ

でも「○○という根拠があるので外国人のこういう問題は解決すべきだ」みたいな書き方はOKです。

「○国人へのこういった行為が問題になっている」というような書き方もOKだよね。嫌がらせの事例ですから。

基本的に自分のブログで誰かを攻撃するのはやめておいた方がいいでしょうね。風刺したり皮肉をいれるのも程々に、ってことですね。加減が大事です。

危険な薬やお酒、タバコなど

薬物や酒・タバコは社会的な問題にもなってますよね。

ただ、これらは「この言葉」があるから即アウト、という事ではなく、内容が禁煙だったり、薬からのリハビリだったりする場合はOKです。「覚醒剤は使っちゃダメ!」「タバコを止めよう!」という内容ならば全然大丈夫な訳です。

不安ならば使わないようにするに超した事はありませんが・・・

 

ちなみに僕はあまり使わない派です。こういう言葉を使わなくても、他の安全なキーワードでいくらでも稼げるからですね。

暴力的な言葉

ボクシング等の「競技」について書くことはOKです。が、残酷な描写等はアウト。これも加減の問題です。

あまりにも描写が過激だったりするとダメです。骨が折れたりするシーンなどを生々しく書くのはアウトですが、スポーツとして試合の詳細についてコメントするのはOKです。格闘技ライターみたいな感じですね。

 

路上の喧嘩などは取り扱わない方がいいと思います。

グーグルアドセンスの規約違反になる画像・動画について

次にグーグルアドセンスで使わない方が良い画像や動画についてです。

 

基本的に根底にある考えはNGワードと同じで「健全な」サイトであるかどうかというところです。

  • 性的な画像も動画もダメ。
  • いじめや暴力的な過激な画像も動画もダメ。
  • お酒や薬関係の画像、動画も避けたほうが良いでしょう。

 

このあたりはもう言わなくても分かるとは思います。

前述したとおり、「会社が自分たちの広告を載せるに相応しいサイトかどうか」と考えてみましょう。

田村カツオ田村カツオ

「これは判断に悩むなあ」と思ったら使わない方が無難ですね。

アダルトな画像・動画

グーグルアドセンスでアダルトな動画や画像は規約違反!禁止です!

補足説明になりますが、直接的に性的な画像・動画はアウトなのですが、それ以外にも水着やミニスカートの画像や動画もダメです。さらに被写体が女性だけでなく、男性の場合も同様です。

男性が上半身裸の画像や動画は思わず使っていまいそうですが、アダルトな目的で使用するのはダメです。(但し、ボクシング等のように「男性が上半身裸で行う事が広く認知されており、アダルトな意味合いでない場合」はOKです。)

下半身は言うまでもありませんね。

著作権違反の画像・動画

芸能人の画像をブログで使用することは多くの場合著作権法違反です。

 

ただ、多くの場合芸能人の宣伝になること等のメリットもあり、見逃されているのが現状です。(Nav○rまとめ、なんか凄いですよね。画像使いまくり。でも見逃されています。)

このあたりは上手くやってくださいね、としか言わないこととします。

 

なお、ディズニーとジャニーズは特に著作権に対して厳格な姿勢を示していますので、この2社の関係の画像や動画については絶対に使わないようにしましょう。

まとめ

グーグルアドセンスの規約違反について、よく引っかかりやすいところについて解説しましたが、基本姿勢は「怪しい」と思ったらその言葉や画像は使わない事です。

ギリギリのネタを使ってアフィリエイトを行う必要などありません。ネタはいくらでもありますので安全なところで行きましょう!

 

また必ず一度はグーグルアドセンスの規約に目を通しておきましょう。

面倒かもしれませんが、グーグルアドセンスの規約に一通り目を通す事でグーグルアドセンスの考えがよくわかります。アフィリエイターとしての必須事項だと思って下さいね。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。