田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

最近の話ですが、漫画村というネタバレサイトがブロッキングされて見れない状態になってしまったのは記憶に新しいところですね。

で、さっそく漫画村の後継である「漫画タウン」というサイトが既に出てきてしまっているというのも「早すぎる!(笑)」と話題になっています。

あまりにも漫画村・漫画タウンの運営者の姿勢が強気すぎるのでもしかして違法じゃ無いのか?と思ってしまうのですが、やっぱり違法でしょう。運営者逮捕の可能性や漫画タウンを閲覧する事での危険性などについて考えてみたいと思います。

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。

漫画村終了!→漫画タウン爆誕!

漫画タウン爆誕!

漫画村が終了しました。政府公認で海賊版サイトを駆逐する方向に社会が動いているのは間違いないです。

立法までの「緊急対策」として、「漫画村」「Anitube」など政府が「悪質」と認めた3サイトに限り、民間によるブロッキングが「適当」と位置づけ、ISPなどによる自主的な遮断を促すことも決めた。

 報道によると、政府が「ブロッキングが適当」としたのは、漫画海賊版サイト「漫画村」と、アニメ海賊版サイト「Anitube」「Miomio」、この3サイトと同一とみなせるサイト。

出典元:政府、海賊版サイト遮断促す 「漫画村」「Anitube」「MioMio」名指し 法整備までの「緊急対策」

※「ブロッキング」は簡単に言うと、サイトにアクセス出来なくしてしまう事です。

漫画村には漫画村の強烈な主張(下記記事参照の事)はあるようですが、やっぱり日本の常識で考えるとおかしい部分はありましたからねー。

 

漫画村をブロッキングする事については、一部で反対意見もあるようですが、基本的には僕は賛成。

だって、普通に著作権侵害じゃないですか。まあ「引用」の範囲を超えないとかそれくらいならば良いのでしょうが、漫画村の場合、著作権侵害というよりも、他人の描いた漫画をそのまま載せてますからね。大問題な訳ですよ、はい。

 

ただですね、漫画村がブロッキングされたら、すぐに漫画タウンというサイトが出来たのです(笑)

漫画タウン誕生。

確証は持てませんが、表記から漫画タウンの運営者は漫画村の運営者と同一人物のようです。

イッヌイッヌ

一つのサイトをブロッキングしても別の同じようなサイトがすぐに生まれる…

ネッコネッコ

イタチごっこだね…

イッヌイッヌ

でも、仮にそうだったとしても、何かしらの対策を打つことは多かれ少なかれ効果はあるけどね。

漫画タウンが見れない状態に?

漫画タウンが出来たのは実は去年のわりと早い段階からという情報もありますが、本格的にその存在が認知され始めたのは漫画村が閉鎖されてからです。(多分、4月12日から。)

ですが、この漫画タウン、既に見れない状態になっているという情報があります。【悲報】漫画村の後継サイト『漫画タウン』閉鎖されてしまうwwww

実際に漫画タウンまで一定見ると相当に読み込みが遅いです。

 

政府がブロッキングOKとしたのが

漫画海賊版サイト「漫画村」と、アニメ海賊版サイト「Anitube」「Miomio」、この3サイトと同一とみなせるサイト。

ですから、漫画タウンを漫画村と同一と見なしてブロッキングしたのか、それとも単にアクセスが集中しすぎて重いだけなのか?

 

いずれにせよ漫画タウンが見れない状態である事には変わり有りません。

漫画タウンの公式Twitterのこのようなtweetも少しの焦りと「意地」のようなものを感じますね。サイトが見れない状態であれば当然広告も表示されないので、利益は生まれませんからね。

今後「漫画シティ」や「漫画ネイション」が出てきたとしても、すぐに見る事ができない状態になってしまうとすれば、抑止力にはなるでしょうね。

漫画タウンを見る危険性は?

漫画タウンに危険性は?

ちなみに、全てのネタバレサイトで言われることですが、漫画タウンに限らずネタバレサイトを見ることはPCやスマホがウイルス感染するという危険性はなくはありません。

 

漫画村にはマイニングソフト(超一言で言うと、仮想通貨を生み出す行為をするソフト)が仕込まれていて、閲覧する事で知らず知らずのうちにPCやスマホにマイニングソフトが入り込んでしまい、動作が重くなったりバッテリーの消費が激しくなったりすると言われていました。

これが真実かどうかは、僕がそうなった経験がないので分かりませんが、少なくとも著作権侵害をして堂々としているだけのサイト(しかもサーバーは北朝鮮。)なので、あり得る話だと思っています。

 

現状、著作権侵害をしているサイトをみる事で閲覧者が罰せられるという事はないようですが、自分のPCやスマホが何らかのウイルスなどに感染する危険性は認識しておいた方がよさそうですね。漫画タウンにせよ、他の同様のサイトにせよ、です。

漫画タウンの運営者は逮捕されないの?

漫画タウンの運営者ですが、著作権侵害で逮捕されないのか?という事を考える人はかなり多いようです。

以前もこのブログ内で取り上げましたが、下記のような事もありました。

人気漫画「ONE PIECE」(ワンピース)などの画像を発売日前にWebサイトに公開したとして、熊本県警などは9月6日までに、いわゆる「ネタバレ」サイト「最新ジャンプネタバレ ワンピースネタバレ速報」を運営する男女5人を著作権法違反の疑いで逮捕した。3億円以上の広告収入を得ていたとみている。

 今回逮捕されたのは、秋田市や沖縄県に住む男女5人。2016年7月、「最新ジャンプネタバレ ワンピースネタバレ速報」にワンピースの画像を載せ、集英社の出版権や、漫画家・尾田栄一郎さんの著作権を侵害した疑いがもたれている。発売前に雑誌を“早売り”する店舗で購入し、画像やセリフを掲載していたとみられる。

出典元:「ワンピース」ネタバレサイトの運営者を逮捕 広告収入3億円以上か

著作権侵害で逮捕された前例があるという事は、漫画村(漫画タウン)の運営者も逮捕される可能性があるという事です。

ましてや漫画村は国会でもその名前が出てくるくらい有名(?)になってしまっているサイトです。運営者には運営者の強い主張があるようですが…

 

ネタバレサイトの末路(?)は

  1. 権利者からネタバレサイト運営者に連絡があり、閉鎖を求められ閉鎖。
  2. 警察が入ってきて逮捕される。その後サイトも閉鎖。
  3. 別のネタバレサイトが逮捕されたタイミングで恐怖を感じ、自分のサイトも自主的に閉鎖。

が主なものですが、漫画村(漫画タウン)ほど堂々としていて、話が大きくなってしまったサイトの運営者の場合、警察がメンツをかけて意地でも逮捕しにくるでしょうね。

ただ、漫画タウンのTwitterの傍若無人ぶりを見ると自分の身には危害が及ばないのを分かっているくらいの「強気」を感じますが…国外にいるのでしょうか…?いずれにせよ、政府や警察を敵に回して、いちサイトの運営者が無事でいられるとは思えませんが…

田村カツオ田村カツオ

漫画タウンの運営者は強気だからね。

あそこまで自分を貫けるのは「ある意味」凄い・・

イッヌイッヌ

一部では北朝鮮が運営しているとの噂もあるよね。

単なる噂だけど。

ネッコネッコ

まあ、複数人で組織的に運営していて、逃げるルートも確保してるんだろうねー。

終わりに。

漫画タウンという漫画村の続編サイトを閲覧する事の危険性や運営者逮捕の可能性等について述べてきました。

漫画タウンがまた別の名前・別のサイトで復活する可能性も否めませんが、その場合もまたすぐにブロッキングされるでしょうね。政府の本気度を感じます。

漫画タウンも漫画村も褒められたものではありませんが、著作権というものについてもう一度よく考えてみる良い機会にはなったのではないでしょうか?

田村カツオ田村カツオ

悪い事をすると必ず自分に返って来ます。

漫画タウンの例に限らず、著作権など他人の権利を侵害しないように注意していきましょう。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。