田村カツオ田村カツオ

どうも!田村カツオです。

今回はトレンドアフィリエイトのネタについてです。ずばり「事件の犯人や容疑者を記事ネタにするのはアリなのか」という誰もが一度は考えた事があるテーマについて、私見を述べていきたいと思います。

最近「インターネットでデマを広めたとして書類送検された」みたいな話が多いので、こういうところは気を付けないといけません。一緒に考えていきましょう!

田村カツオのメルマガ登録ボタン

メルマガ(無料)をやっています。興味のある方はどうぞ!(^^;)

トレンドアフィリエイトで事件の犯人や容疑者を記事ネタにするのはOK?

トレンドブログでは犯人ネタ・容疑者ネタをよく見かける。

事件の犯人を記事ネタにする事に危険性はないのか?

  • ○村△平の顔写真やFacebook、勤務先について!
  • □原☆助の会社やブログ、Twitterがやばい!

このようなタイトルのブログ(事件の犯人や容疑者をキーワードとしているブログ)をあなたも見た事があるのではないでしょうか?

これらのブログのほとんどがトレンドアフィリエイトの実践者であると思われます。

 

何か事件が起ると、事件の内容にもよりますがその容疑者はかなりの注目を浴びます。

イッヌイッヌ

こんな酷いことをする奴ってどんな顔をしているんだろう?

ネッコネッコ

あの事件の容疑者ってFacebookやってるのかな?

皆こんな感じの事を考えるものです。で、そういう検索をするんですよね。

今まで無名な一般人だった方が事件の「容疑者」「犯人」となってしまうと「一気に注目を浴びる」&「ライバルサイトがほぼゼロに近い」訳ですから、短期的にはかなりのアクセスを集める事が出来るのです。

 

そういう点だけを見ればトレンドアフィリエイトのネタに「事件の犯人(容疑者)」を選ぶのは美味しい!って思ってしまうかも知れませんが、ちょっと待って下さい。一瞬立ち止まって考えてみましょう。

それって良いの?大丈夫なの?危なくないの?

過去にはデマもありました。

事件の犯人や容疑者をネタにした記事を書いてしまうと、アクセスが集まりやすいです。

で、全てのトレンドブログがダメだとは言いませんが、そういった中にはデマを書いてしまっているブログもあります。デマのブログを多くの人が見れば、デマが更に拡散されてしまいます。

デマ=嘘の情報、です。デマによって傷ついてしまう人がいる場合もあります。

 

そういうブログの運営者が逮捕なり、書類送検なりをされてしまったケースがあったと報道されたのを覚えている方もいるのではないでしょうか?

 

田村カツオ田村カツオ

そうなんです。事件の犯人や容疑者をネタにするのはリスクがあるんです。

全てが一律で絶対ダメという事ではないですが、例えばデマを流してしまって犯人じゃない人を傷つけてしまった場合はそれなりの制裁を受けてしまうかも…?

Googleアドセンスの見解

事件の犯人や容疑者をネタに記事を書く事について、Googleアドセンスはどういう姿勢を取っているのでしょうか?

Googleアドセンスの禁止コンテンツを読んで見ると、犯人ネタがダメとは明言していません。受け取りようによっては書いてもOKなように思えるし…

田村カツオ田村カツオ

よく分からないので、ちゃっかり問い合わせてみました。

【アドセンスからの回答】

ニュース記事のように事件に関して事実のみを述べるような記事であれば基本的には問題ございません。

しかし、事実以外のコンテンツ(人の意見や中傷的なコメントなど)が含まれる場合は許可出来かねます。

恐れ入りますが、少しでもポリシー違反に関して不安が残る場合は、広告コードの貼り付けをお勧めできかねてしまいますことご了承くださいませ。

これを分かりやすくストレートに言ってみると「犯人や容疑者の中傷をしないのであればアドセンスとしては問題ないです。でも、ちょっと不安が残るんだったらそういう記事を書かない方が無難ですよ。」という事ですね。

 

うーむ。実に当たり障りのない回答です(笑)

犯人や容疑者のSNSや顔写真というような内容で記事を書いて良いか、直接的には教えてくれないんですね。

ただ、TVなんかでも犯人や容疑者のSNSが取り上げられる事はありますし、顔写真や卒業アルバムなんかも報道されたりしますので、一概にアウトとは言えなさそうです。程度にもよりますが、グレーってところなんでしょうね。

僕の私見。

犯人や容疑者ネタはオススメしません。

で、僕の私見なんですが、僕としては事件の犯人や容疑者のネタはあまりオススメしません。

Googleアドセンスとしても明確に禁止をしている訳ではないし、大手のTVニュースでも犯人や容疑者のSNSや顔写真は報道されますが、だからと言ってトレンドアフィリエイトのネタにするべきだとはあまり思えません。

犯人や容疑者って、えん罪の可能性もありますよね。そういう場合、後からニュースの責任を問う声もあがったりします。

トレンドアフィリエイトとして記事を書く場合、実際に取材をする訳でもないので、意図せずデマの拡散に協力してしまう場合もあるでしょうしね。

そうなった場合、問題が大きくならないとは限りませんし、そういうネタばっかり狙って稼いでいるサイトを検索エンジンが好ましいかと思うとそうではないと思うんです。将来的には排除されてしまいそうな予感。

 

確かに事件の犯人や容疑者のネタはパパッと稼ぎやすい側面はありますが、トレンドアフィリエイト(ブログアフィリエイト)として狙うべきネタは他に沢山あると思います。

少しでもリスクがありそうなところで攻めない方が、モラル的にも正解だと僕は思っています。

終わりに。

トレンドアフィリエイトで事件の犯人や容疑者をネタにするべきかどうかについて私見を述べさせて頂きました。

このようなネタを集中的に狙う事でがっつり稼いでいるサイトもありそうですが、やはりリスクの問題等を考えるとオススメしません。

どうしてもやりたいというのであれば、細心の注意を払った上で自己責任で(^_-)

田村カツオ田村カツオ

僕は止めましたからね!後は貴方の判断です!(^_-)

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。