田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

ブログを運営していると、貴方の書いた記事に不満を持ったり、何か意見を持ったりする方が出てきます。そういった方々と連絡を取る手段としてお問い合わせフォームの設置はしておいた方が無難です。

可能性としてはとても低いですが、お問い合わせフォームが貴方のブログに無かったら、いきなり訴えられたり、警察に連絡されたりする可能性も無くはないのです。リスクを軽減する為にも、顔の見えるサイト運営のためにも、必ずお問い合わせフォームは設置しておきましょう。

ここではContact Form 7というプラグインを使った作り方を説明していきたいと思います。

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。

contact form 7の使い方を解説!ブログに問い合わせフォームを作ろう!

田村カツオYouTube公式チャンネルではcontact form 7の使い方を動画で解説しています。文章だといまいちピンと来ないと言う方は是非参考にしてみて下さいね(^_-)

チャンネル登録はこちらから!

Contact Form 7でのワードプレスのお問い合わせフォームの作り方。

お問い合わせフォームの作り方。

まず、Contact Form 7をワードプレスにインストールしておきましょう。

 

①ダッシュボードの左側のメニューから「お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」を選択してクリックします。

お問い合わせフォーム1


 

②画面が切り替わりますので、その画面で「コンタクトフォーム1」を選択してクリックします。

お問い合わせフォームの作り方2


 

③「コンタクトフォーム1」の画面でショートコードと呼ばれるコードをコピーします。赤丸で囲ったところがショートコードです。

お問い合わせフォームの作り方3


 

④次に左側のメニューから「固定ページ」→「新規追加」を選択します。

お問い合わせフォームの作り方4


 

⑤固定ページの新規追加画面に来ましたら次の事を実行します。

  • タイトルを決める。(ひと目でお問い合わせ用だと分かるタイトルにしましょう。)
  • テキストモードで先ほどコピーしたショートコードを貼り付ける。(「ビジュアル」ではなく「テキスト」を選択しましょう。下の画像で赤丸で囲ってあるところです。)

お問い合わせフォームの作り方5


 

⑥最後に公開ボタンを押して、お問い合わせフォームの完成です。

 

試しにテストで使ってみましょう。Contact Form 7で登録しているメールアドレスにメールが届くはずです。

お問い合わせフォームの必要性について

お問い合わせフォームのような「ブログの運営者と連絡をとる手段」を開示しておく事はとても重要です。

 

何故ならインターネットにおいてブログで情報を公開する以上、その情報に対して色々な思いを持つ人が出てくるのが当然だからです。そして、その思いが良いものであれ悪いものであれ、あなたと連絡をとりたいという人は必ず出てきます。

そういう人達と向き合う事はブログを運営していく上での義務と言えるかも知れません。

 

僕の経験なのですが、僕はあるアイドルの恋愛事情についてゴシップ記事を書いた事があります。で、ファンの方から「その情報は違う。間違った情報を流さないで欲しい」とお問い合わせフォームを通じて真剣にお願いされた事があります。

アイドルには熱狂的なファンがいます。別に僕たちはブログでネタにさせてもらうだけですが、悪気はなくても誰かを傷つけてしまう事もあるかもしれません。(というか、ブログで「意見」をいう以上、全員から賛成はしてもらえるはずがないのです。)

 

幸い、僕はこのファンの方と誠実にやり取りし、記事を修正する事でお話がまとまりました。

ですが何の連絡手段も無かった場合、その方はどんな行動に出ていたでしょうか?もしかしたら事務所に連絡して僕のブログを潰しにかかっていた可能性もゼロではないのです。(それくらいファンというのは熱い人達です。)

 

これは一つの例に過ぎませんが、トラブルを防止する為にも必ずお問い合わせフォームは作るべきだと思います。

ブログを運営する上でのリスクマネジメントのひとつだと思って下さい。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。