トレンドアフィリエイト

【トレンドアフィリエイト】内部リンクによるSEO対策!効果や注意点を説明!

カツオのメルマガ

 

トレンドアフィリエイトを実践していく中で、見落としがちだけども、是非押さえておきたいポイントである内部リンク

内部リンクは正しく使えばSEO効果が見込めるのですが、多くの人がおざなりにしていたり、完全にスルーしたりしています。

注意点もありますが、内部リンクを使いこなす事でライバルに差をつける事も可能。

内部リンクについて理解を深め、ブログアフィリエイト生活をエンジョイしていきましょう。

参考動画:トレンドアフィリエイトにおける内部リンクの重要性について説明!

田村カツオYouTube公式チャンネルではトレンドアフィリエイトにおける内部リンクの重要性について動画で解説していますので、是非ご覧になってみて下さい。

トレンドアフィリエイトで内部リンクを使ってSEO効果を得よう!

内部リンクとは?

トレンドアフィリエイトを実践する上で内部リンクは抑えておきたい。

内部リンクとは、自分のサイトの中を行き交うリンクの事です。

例えば、僕はしばしば次のような形で記事内に内部リンクを貼っています。

関連記事:【Googleアドセンスの始め方】稼げるブログを作る6つのステップを解説!

 

このように自分自身で記事の中にテキストを打ち込み、そのテキスト(アンカーテキストと言います)にリンクを張るのは内部リンクの一つですね。

またサイドバーに良くある「最近の投稿」「人気記事」「アーカイブ」や投稿の下に良くある「関連した記事」というのも内部リンクです。

これらはプラグインやブログの元々の機能として自動で生成されている内部リンクになります。

内部リンク例

内部リンクによるSEO効果。

内部リンクをサイト内に貼ると次のようなSEO効果があると言われています。

  1. サイト内巡回率の向上。
  2. サイト内滞在時間の向上。
  3. ユーザビリティーの向上。
  4. リンク先の記事の評価が高まる。
  5. アクセスが集まっている記事のアクセスを他の記事に流せる。

以下、一つ一つ説明していきますね。

サイト内巡回率の向上。

サイト内巡回率とは「貴方のブログに来てくれた人が一人当たりどれくらいの数の記事を見てくれたか」を示す指標です。

基本的にはサイト内循環率が高い方が「読者に有益な情報を提供している」と検索エンジンに判断してもらえます。

例外もあるとは思いますが、つまらないブログだったら沢山の記事を見ようとはしませんからね。

内部リンクを貼り巡らせる事によって他の記事への入り口が増えますから、サイト内循環率も上がっていきます。

カツオ
カツオ
尚、サイト内循環率は関連性の高い記事を多く持つ特化型ブログなどでは高くなりやすいですが、トレンドアフィリエイトブログの場合はジャンルを決めていない場合が多いので各記事の関連性が低く、それほど高くならない事が多いです。

サイト内滞在時間の向上。

サイト内滞在時間の向上

サイト内滞在時間とは「貴方のブログに来てくれた人がどれだけの時間貴方のブログに滞在してくれたか」を示す指標です。

内部リンクを貼れば様々な記事を見られる確率が上がりますので、サイト内滞在時間の向上していきます。

面白いサイトには長い間いるだろうというのが普通の考えですよね。

だからサイト滞在時間が長いサイトの方が検索エンジンから評価されやすいのです。

ちなみに以下の記事はサイト内滞在時間を向上させる目的もあり作成したまとめ記事です。

関連記事:【Googleアドセンスの始め方】初心者向けに分かりやすく図入りで解説!

ユーザビリティーの向上。

内部リンクを貼る事で、貴方のブログを見てくれた人が他の記事を見やすくなります。

プラグイン等で自動的に作られる「関連した記事」等も利便性を高めるものですが、貴方自身が適切なタイミングで記事の中に内部リンクを入れてもいいでしょう。

ユーザーが貴方のブログの他の記事も読んでみたいと思うところで内部リンクを貼るのはユーザビリティーの向上につながるのです。

リンク先の記事の評価が高まる。

内部リンクのSEO効果。

内部リンクが集まっているサイトは検索エンジンからの評価が高まりやすいと言われています。

重要な記事だからこそ、リンクが沢山貼られているという考えですね。

アクセスが集まっている記事のアクセスを他の記事に流せる。

個人的に最もトレンドアフィリエイトで活用出来て、即効性がある内部リンクの効果はこれだと思います。

アクセスが沢山集まっている記事に内部リンクを貼ると、結構沢山の人が内部リンクからリンク先の記事を見てくれます。

 

アクセスの集まっている記事に内部リンクを貼る事で、サイト内循環率やサイト内滞在時間の改善効果も大きくなります。

内部リンクから沢山のアクセスが流れてくる事でリンク先の記事の評価も上がります。

 

これは例えば何か速報系の記事などが大当たりした時などに是非やってもらいたいテクニックです。

トレンドアフィリエイト初心者に多いのですが、何かPV爆発を起こしても喜ぶだけでそのまま何もしないという人が結構います。

速報系の記事が当たったら、すぐに関連する内容の記事を書いて内部リンクを飛ばす。

これが地道に出来るかどうかでトレンドアフィリエイト成功のスピードが結構違ってくると思います。

内部リンクの注意点。

内部リンクの注意点

内部リンクにはSEO効果があると分かったら、ガンガン内部リンクを貼りまくりたくなるのが人情ですが、少し深呼吸して下さい。

 

内部リンクは確かに有効ですが注意点もあるのです。

  1. 内部リンクを貼りすぎると広告のクリック率が落ちる。
  2. あまりにも貼り過ぎると逆効果?
  3. アンカーテキストにはリンク先の情報をしっかりと記載する。

以下、一つ一つ説明していきたいと思います。

内部リンクを貼りすぎると広告のクリック率が落ちる。

内部リンクを貼りすぎると広告のクリック率が落ちます。

トレンドアフィリエイトの目的はアフィリエイト広告をクリックしてもらってお金を稼ぐというのが、とりあえずは第一だと思うので、内部リンクを貼りすぎて広告のクリック率が下がってしまうのはよろしくありません。

特に広告の近くにあまりにも沢山の内部リンクを貼るのはやめておいた方が良いでしょう。

あまりにも貼り過ぎると逆効果?

内部リンクを無計画にぐちゃぐちゃに貼るとSEO的にマイナスだと主張する人もいます。

僕自身が実験してみたところ、内部リンクを貼りすぎる事で顕著なアクセス数の減少等はありませんでしたし、手動ペナルティーを受けたという事もないのですが、検索エンジンは「整理された構造のサイト」を好みます。

その意味ではあまりにも関係ないところにまで内部リンクを貼りまくるのは好ましくないでしょう。

 

また、自分での管理できないくらい内部リンクを貼りまくるとページを削除した時などにリンク切れの通知まみれになってしまいますので気を付けましょう。

アンカーテキストにはリンク先の情報をしっかりと記載する。

アンカーテキストとはリンクが貼られているテキストの事です。

こういうものです。→ネットビジネス初心者におすすめ!田村カツオのブログ!

このアンカーテキストは「こちら」とか「ここをクリック」というものではダメです。

「トレンドアフィリエイトのやり方を初心者でも分かりやすく解説!」のようにリンク先の内容が分かるようなアンカーテキストにして、検索エンジンのクローラー(ネット上を回ってサイトの情報を集めているロボット)にしっかりとアピールしていきましょう。

関連記事:トレンドアフィリエイトの始め方|知識ゼロの初心者でも出来るように解説!

トレンドアフィリエイトにおける内部リンクについてのまとめ。

トレンドアフィリエイトでの内部リンクによるSEO対策という事で効果や注意点について述べてきました。

意外と皆が忘れがちなポイントですが、しっかりと地道に内部リンクの施策を行う事で少しずつライバルに差をつける事が出来ます。

特にアクセスが集まっている記事に内部リンクを上手く貼る事が出来ればブログの成長がかなり早まりますので是非やってみて下さい。

P.S.

僕は会社での面倒くさい人間関係や飲み会、パワハラが嫌になり、無計画に会社を辞めました。

その結果、一時的には月収10万円も稼げないような状態になりましたが、ブログマネタイズからビジネスを始め、今では副業での収入が月30万円は安定的に。それ以上の月も全然ある状態です。

その時のストーリーやノウハウなど、表のブログでは書けない事をメルマガでは公開していますので、良かったらメルマガ登録してみて下さい。

完全無料です。

カツオのメルマガ
 

※携帯電話のメールアドレスでは登録出来ませんのでご注意下さい。

GmailやYahooメールなどがオススメ。

ABOUT ME
カツオ
ノマド坊主。東南アジアが好き。キックボクシングが好き。ヨガが好き。大学卒業後にブラック勤務を経験。逃げるように坊主になるも、お金が無くなり、絶望的な状況に。 PC一台で個人ビジネスが出来る事を知って実践してみたところ、月収10万→30万→100万と割と順調にステップアップ。 今は田舎で自由に楽しく緩くノマド坊主的ライフスタイルを楽しんでいる。
こんな記事も読まれています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。