田村カツオ田村カツオ

こんにちわ。田村カツオです。

今回は漫画村という人気サイトについて色々述べていこうと思います。

この漫画村は色々な漫画を無料で見れる素晴らしい(?)サイトなのですが、海賊版サイトであり著作権法違反、それも凄まじいレベルでの著作権法違反があるという見解もあります。運営の逮捕説もささやかれています。

漫画村は見るのも危険だという話もありますし、最近では何やら熊が出てきて画像を選ばせるようなシステムも導入された様子…

色々と怪しい部分もあるサイトですが、人気サイトである事は変わりありません。果たして今後も漫画村は存続していくのでしょうか?

田村カツオのメルマガ登録ボタン

メルマガ(無料)をやっています。興味のある方はどうぞ!(^^;)

漫画村の運営は著作権法違反で逮捕されるのか?

漫画村は著作権法に違反しているのか?

漫画村は違法で危険なのか?

漫画村は名作から新作、無名作品、王道少年漫画から青年コミック、少女漫画まで色々な漫画が無料で読めてしまうサイトです。それだけ聞けば最高なサイトなのですが大きな問題があります。

それは漫画村が海賊版サイトであるという事。漫画村で読むことが出来る漫画は海賊版であり、著作権法に違反しているとも言われているのです。

これに対しての漫画村の主張(下記参照の事)はシンプルで強気です。

漫画村は日本とは国交がなく、著作権が保護されない国で運営されている為、日本の著作権法違反には当たらない。

 

これは実は結構正論なんです(笑)日本でも次のような判例があります。

北朝鮮の映画を無断でニュース番組で使用され、著作権を侵害されたとして、北朝鮮の行政機関と日本の配給会社が日本テレビとフジテレビに、放送差し止めと損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は8日、「日本は北朝鮮の著作物を保護する義務を負わない」とする判断を示した。

出典元:http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111208/trl11120819490021-n1.htm

日本は最高裁が「北朝鮮は国として認めてないから、日本は北朝鮮の著作権なんてしったこっちゃない」と断言しているのです。で、whois(サイトの管理者がどこにあるかが分かるサイト)で調べてみると漫画村はNK(North Korea、北朝鮮)に運営拠点があるとされています。

漫画村の運営拠点は北朝鮮?
Registrant Country(登録国)が北朝鮮。

日本が北朝鮮の著作権を守る必要が無いと、最高裁判所が判断しているのであれば、北朝鮮も日本の著作権を守る必要はない…まあ、確かに筋は通っています。

イッヌイッヌ

ま、生意気言うのはミサイル撃つの止めてからにして欲しいけどね。

もう一つ、漫画村が著作権法違反をしていないと主張する根拠がこれ↓。

漫画村はネット上に落ちている画像を機械で収集して保存しているウェブ型クローンサイトです。 保存元で非公開になると見れなくなります。 サイトは無料で利用できます。

出典元:漫画村様

漫画村はあくまでも自分では画像をアップロードしているのではなく、他人がアップロードした画像を引っ張ってきているだけ。だから、漫画村は悪くない。という主張ですね。

ただ、これについて言えば、見た目上、漫画村が画像をアップロードしているようにユーザーは認識するし、著作権者に与える影響も「ウェブ型クローンサイト」であろうが、無かろうが変わらないので、言い逃れにはならない気がしますけどね。

漫画村の運営は誰なのか分かっているらしい。

もちろん、こういった漫画村の主張を出版社や著作権者は容認していません。国会でも名前が出てくるくらいの騒ぎになっています。

 ここ数カ月の間に、新聞・テレビも報道するほど話題になった海賊版サイト「漫画村」。2月9日の国会予算委員会で、その名前も出るところになり、いよいよ摘発も間近とのウワサが流れている。

「これまで、ネットユーザーの間でも、運営実態が国内にあるのではないかというウワサが飛び交ってきましたが、捜査当局ではさらに運営者の特定にも至っているようです」

 そう話すのは、あるテレビ局の警視庁担当記者。この悪質な海賊版サイトが注目を集めるようになったのは、衆議院予算委員会での日本維新の会・丸山穂高議員の質問。これに対して警察庁の山下史雄生活安全課局長は「著作権等の法令法違反が疑われる事案に関しては適切に対処していく所存」と回答している。

出典元:海賊版サイト「漫画村」に摘発間近のウワサ 本当に“戦々恐々”としている人は……

このニュースによるならば、漫画村の運営拠点はサーバーは北朝鮮だけど、実際に運営している人物は日本国内におり、警察も運営が誰なのかは把握しているようです。

漫画村には漫画村の主張があるのかも知れませんが、著作権法という法律の本義を考えた際に、漫画村がそれに反している事は間違いないですし、法律は文面に書いている事をどのように解釈し適応するかで実際の運営が決まる部分もあります。

漫画村の主張が全部通る、なんてことは無いとは思いますが、果たして…

漫画村の運営は逮捕されるとの声も。

漫画村の運営者は逮捕か?

で、やっぱりネット上の噂では漫画村の運営者逮捕される可能性もあるとされています。

確かに今までに同じような海賊版サイトの運営者が逮捕される前例もありました。

人気漫画「ONE PIECE」(ワンピース)などの画像を発売日前にWebサイトに公開したとして、熊本県警などは9月6日までに、いわゆる「ネタバレ」サイト「最新ジャンプネタバレ ワンピースネタバレ速報」を運営する男女5人を著作権法違反の疑いで逮捕した。3億円以上の広告収入を得ていたとみている。

 今回逮捕されたのは、秋田市や沖縄県に住む男女5人。2016年7月、「最新ジャンプネタバレ ワンピースネタバレ速報」にワンピースの画像を載せ、集英社の出版権や、漫画家・尾田栄一郎さんの著作権を侵害した疑いがもたれている。発売前に雑誌を“早売り”する店舗で購入し、画像やセリフを掲載していたとみられる。

出典元:「ワンピース」ネタバレサイトの運営者を逮捕 広告収入3億円以上か

シンプルに考えると漫画村が今まで逮捕されたような海賊版サイトと同じ事をしているのであれば運営者が逮捕されない方がおかしいですよね。

 

漫画村の運営者が逮捕されるかもされないというのは、漫画村が最近「有料版」を提供し始めた事も関係しています。漫画村の有料版っていうのがよく分かりませんが(笑)、人の描いた漫画を「有料」で提供するなんて神経図太いなと感心します(笑)

で、要は漫画村が「有料版」を提供し始めたのが「最後の荒稼ぎ」だとする声があるのです。漫画村の運営も、現在の状況から感じるものはあるのでしょう。「長くはない」と。

だから最後の荒稼ぎをしようとしている。

 

ただ、最後の荒稼ぎをしたところでとんずらしたら警察のメンツも丸つぶれでしょう。

だから、漫画村の運営者は逮捕される、と。そしてその運営者は一人ではなく、複数人。組織として動いているでしょうね。

漫画村は見るのも危険なのか?

ちなみに漫画村を見るのが危険かどうか危惧する声も聞こえますね。漫画村を見るのが危険だというのは主に次の二つの理由からです。


  1. 著作権法違反で読む方も罰せられるから危険。
  2. 漫画村を見るとウイルス感染させられるから危険。

著作権法違反で読む方も罰せられるから危険。

まず、現行の日本の法律では漫画村の作品を読むだけでは違法とはなりません。

ですので、その意味では危険ではない。漫画村を読んでも読んだ人が罪に問われる事はないと言って良いでしょう。(著作権法では自分のPC等にZIPファイルをダウンロードしたりすれば罪に問われる可能性がありますが…)

漫画村を見るとウイルス感染させられるから危険。

もう一つが漫画村を見ると自分のPCやスマホがウイルスに感染してしまうから危険、という声です。これについては不透明な部分もありますが、漫画村そのものにはウイルスはないとする声が多いです。

ただし、漫画村はかなり広告が多いサイトであり、広告をクリックしてジャンプした先のサイトでアプリなどをダウンロードしてしまうとウイルス感染する可能性もあるでしょう。

また次のような声もあります。

マイニングとは「マイニングウイルス」の事で、一言で言うと、これに感染してしまうと自分のPCが勝手にマイニングという作業を始めてしまい、動作が遅くなったり個人情報が抜き取られてしまうというものです。

漫画村にもそれが仕込まれている可能性はなくはないですね。仕込まれていないという声の方が多数はではありますが。

一応、他の海賊版サイトではマイニングウイルスに感染させられたという声はあるので、参考まで。

終わりに。

漫画村について色々述べてきました。

最後に僕の見解を述べておくと、おそらく漫画村の運営者は逮捕されるか、もしくはかなり追い詰められると思います。僕は捜査関係者じゃないし、パソコン関係の事件のプロでも何でもありません。

ですが、いつの世も「お役人」が動いたら最強なのです。そして、漫画村は国会でも問題視され、国会議員がその口で「対策をしていく」と言っているのです。これは国を挙げて、今後違法なサイトは取り締まっていくと宣言しているのにも等しく、その筆頭に漫画村があるのです。

どう考えても漫画村がこのまま続くと考える方がおかしい。漫画村の運営者は逮捕されるでしょうし、著作権法違反でめちゃめちゃ叩かれて、今まで稼いだお金も没収されそうな気はしますね。

一方で、ここまで短期間で多くの人の心を掴んだ漫画村。そのコンテンツは全て漫画家さんが描いたものであり、漫画ってやっぱり大きな可能性を秘めているんだなあ…と思いました。

漫画=凄い。漫画村=別に凄くはないけど、神経は図太い。

結論としてはこんな感じですね(笑)

田村カツオ田村カツオ

漫画村…いよいよ、終わるのかな?

イッヌイッヌ

これを機に著作権について皆考えて欲しいね。

ネッコネッコ

でも、漫画村で読んだ漫画をお金を出して買う人は7割にも達するみたい。

田村カツオ田村カツオ

それが本当かはわからないけど、良い物にはお金を払う。

そういうのが当然であって欲しいね。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。