田村カツオ田村カツオ

こんにちわ。田村カツオです。

今回はトレンドアフィリエイトを実践していて、記事がインデックスされない場合やインデックス速度が遅い場合にどうすれば良いのか。とるべき対処法について説明していきたいと思います。

インデックス速度が遅い時は遅いなりの戦略を取らないと中々効率よくアクセス数を稼ぐ事が出来ません。ブログを効率よく成長させる為にも是非抑えておきたいポイントを解説していきますね!

田村カツオのメルマガ登録ボタン

メルマガ(無料)をやっています。興味のある方はどうぞ!(^^;)

トレンドアフィリエイトで記事がインデックスされない・速度が遅い場合の戦略について。

インデクックス速度とは?

ワードプレスのパーマリンクの設定方法を解説!おすすめはどれ?

「インデックス」とは「ブログ(サイト)の記事を投稿してそれがインターネット検索結果上に載る事」です。

「インデックス速度」とは「インデックスされるまでの速度の事」ですね。(そのまんま笑)

 

このインデックス速度ですが、遅いか速いかは非常に重要なポイントになってきます。特にトレンドアフィリエイトを実践している方にとってはマジで重要です。

トレンドアフィリエイトはトレンドになっているネタについて記事を書きます。トレンドとは「流行っている事」ですが、流行っているものはすぐに飽きられてしまう=検索されなくなってしまうのです。

つまり「トレンドは飽きられる前に記事にしてインデックスさせないと意味がない」のです。

ブログを作ったばかりの頃だと、このインデックス速度が非常に遅い。普通に3日、4日とかかる時があります。ブログが成長してくると普通に1分とかでインデックスされるようにもなりますが、それでも何故かインデックスされない時もあります。

インターネットを使った色々なビジネス手法で言えるのですが、特にトレンドアフィリエイトを主として実践している方にはこのインデックス速度というものは非常に重要なのです!

記事がインデックスされない・速度が遅い場合の対処法。

ブログを作ったばかりの時はインデックス速度はかなり遅いです。また、ブログを作ってしばらく経過しているものの記事更新を中断してしまっていたブログなどもインデックス速度は遅い印象を受けます。

さらに、長く運営しているし毎日ちゃんと更新しているサイトでも、何故かインデックス速度が遅い時もあるのです。

こういう自体が起った時にどうすればいいか。対処法について説明していきたいと思います。僕が考えるものな対処法は以下の4つです。

  1. Fetch as Googleを使う。
  2. 未来予測記事を書く。
  3. 検索寿命が長い記事を書く。
  4. ある程度は諦める。

Fetch as Googleを使う。

Fetch as Googleとはgoogleに「この記事をインデックスして下さい!」とお願いするテクニックです。これはかなり有効な技でFetch as Googleをすると結構すぐにインデックスされる傾向があります。

Fetch as Googleのやり方については下記記事を参照してみて下さい。

未来予測記事を書く。

未来予測記事を書いてみよう。

Fetch as Googleは非常に有効なのですが、実はそれでもインデックスされない・インデックス速度が遅い時があります。ユーザーの立場ではインデックス速度そのものはある程度以上はどうしようもありません。

そこでインデックス速度が遅くても大丈夫な戦略をとるのがクレバーです。

その一つが「未来予測記事を書く」というもの。未来予測記事とは名前が大げさですが、要は「この位の時期にはこれが話題になっていて、たくさん検索されるだろうな」と予測した記事ですね。

 

例えば今日から6日後に話題になる可能性が高いのはその日に放送されるテレビ番組に出演する人物等です。春はお花見、冬はクリスマス関係の話題。映画なんかは公開日が決まっていますから予測がしやすいと思います。今、政府が推し進めている法案なんかも近い将来話題になる公算が大きいですよね。

そういうネタを記事にするのが未来予測記事であり、これはインデックス速度が相当に遅くても全然戦える戦略なのです。

検索寿命が長い記事を書く。

もう一つの対処法としては「検索寿命が長いネタ」を記事にする事です。つまり「トレンド」ではないところで勝負するという事ですね。

何度も言うように「トレンド」ネタはすぐに飽きられてしまい検索されなくなってしまう事が多いです。

しかし、ネタの性質も色々あり、飽きられずーーーっと長い期間検索され続けてくれる「検索寿命が長いネタ」もあるのです。

例えば

  • 腕立て伏せ 効果
  • 波瑠 彼氏
  • オムツケーキ 手作り

などですね。これらは一過性の流行のネタではないため、アクセスが爆発的に集まる事はありませんが、逆に飽きられて検索されなくなるという事もありません。

つまり、時間制限がない=インデックス速度が遅くても戦えるネタである、という事なのです。

ある程度は諦める。

最後に「対処法」かどうかは分かりませんが、ある程度は諦める部分も必要だというお話をしていきたいと思います。以下のtweetをご覧下さい。

これはGoogleのジョン・ミューラー氏のTwitterなのですが、このつぶやきに対してコメントがついています。以下、それを僕が翻訳したものです。


Olivier Duffezさん「僕のサイトのどのページがGoogleによってインデックスされたのか確認する公式な方法はないの?サーチコンソールの中で教えてくれよ!」

John ☆.o(≧▽≦)o.☆さん「今のところはないよ。どうしたい?僕はインデックスステータスを集合的な基準として代わりに使うけどな。」

Olivier Duffezさん「インデックスされるべきページがインデックスされないのは何故か理解する為に調べてみるよ。代わりの方法については分かったけど、実用的じゃないな。」

John ☆.o(≧▽≦)o.☆さん俺たちは全てのページはインデックスさせないんだ。だから調べても解決する訳じゃない。サイトの重要なページが欠けているのかい?だったらバグかも。」


こんな感じでGoogle自身が「全てのページをインデックスさせる訳じゃない」と言っているのです。ですので、ユーザーとしては、インデックスされなかったり、速度が遅い時に対策を練った戦略をとるのも大事ですが、完璧な戦略はないとある意味では諦める部分も必要になってきます。

と言っても健全なサイト運営をしていれば、インデックスが遅い事はあっても、インデックスされないという事はほぼないのですが…

終わりに。

トレンドアフィリエイトで記事がインデックスされない、インデックス速度が遅い場合の対処法について述べてきました。

インデックス速度は凄く重要ですが、着実にサイトを運営していればドンドン速くなっていきますし、それほど気にしなくても良いのかも知れません。

速報系記事を書いて、何故かインデックス速度が遅かったりすると悲しいですが、後から上位でインデックスされたりもしますので、自分で何とか出来ない事はあまり気にしすぎずに頑張りましょう(^o^)

田村カツオ田村カツオ

僕もよく当日にテレビ番組表を使って数時間後の未来予測記事とかを書いてた。

でも、それってインデクックス速度が意味不明に遅くなった時に泣くことになるんだよね。

イッヌイッヌ

まあ、未来予測記事は数日前には書いておきたいよね。当日だとちょっと慌ただしいし…

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。