田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

ブログカードとは、一言で言うと「サイト内のカードのような形のおしゃれなリンク」です。ワードプレスブログの中でリンクをキレイな形・キャッチーな形で貼りたい時は重宝します。

 

ここではワードプレスサイトでのブログカードの作り方や、プラグインなどについて解説していきたいと思います。是非参考にしてみてくださいね。

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。

ブログカードとは?

ブログカードとは?

まず、ブログカードとは何かという事についてです。

冒頭でも言いましたが、ブログカードとは「カードの形のようなリンク」です。

 

百聞は一見にしかず、という事でこれ(↓)がブログカードです。(これはキャプチャ画像であり、実際にリンクはしていませんが・・・)

ブログカード

どうでしょう?かなりおしゃれな感じじゃないですか?かっこいいというか、凝っているというか…サムネイル画像付きで表示されているので、視覚的にだいぶ華やかです。

 

一般的なリンクがこれ(↓)ですが、比べると全然違いますよね!

中二病とは?厨二病との違いや症例や特徴をわかりやすくまとめてみた

 

イッヌイッヌ

普通のリンクに比べて、ブログカードの方が全然キレイだね。

ネッコネッコ

サイトが華やかになるね!

どう考えても普通のリンクより、ブログカードの方がいいじゃん!って思うかも知れませんが、一概にそうとも言えないのが面白いところですね。

 

リンクカードは確かに見栄えはいいですが、スペースをとってしまうので、あまりにも使いすぎると縦に長くなってしまって、サイトが見づらくなってしまうのです。極端な例ですが、リンクカードを5個ならべたら縦に相当長くなりそうですよね?

ブログカードは使いすぎると、ユーザビリティを落とすことにもつながりかねないのです。

 

リンクを沢山貼るような記事や、話の流れを切ってしまいたくない場所では「通常のリンク」の方がいい時もあります。好みの問題もありますけどね。

ブログカードの作り方 ワードプレスでおしゃれなリンクを!

ワードプレスブログでのブログカードの作り方は非常に簡単です。笑うくらい簡単です。

URLをそのまま記述するだけです。それだけでちゃんとブログカードになってくれますよ!

田村カツオ田村カツオ

簡単に出来るし、見た目も華やかだし、オススメだね!

イッヌイッヌ

ブログカードの作り方って簡単すぎて見落としている人は多いと思うよ。

田村カツオ田村カツオ

ワードプレスの使い方って皆、体で覚えていくからね。僕もそうだったけど(笑)

だから見落としなんてあって当然当然(気楽)

ブログカードを作るのにオススメのプラグインは?

プラグインを使ってブログカードを作る事のもおすすめです。一番最初に紹介したようなブログカードはかっこいいんですが、かなり場所を取りますからね…

ネット上は紙面と違ってスペースに限りはないですが、ユーザビリティを考えると無駄に広げすぎるのもイマイチ…

 

そこでオススメなプラグインが「Pz-LinkCard」というもの。このプラグインを使えば手軽に適度な大きさのブログカードができちゃうのです!

普通にプラグイン検索で見つけて、インストールして有効化して下さいね。

使い方は非常に簡単で [blogcard url=”○○○″] このショートコードをビジュアルでもテキストでもいいので貼り付けて○○○の部分をリンクさせたいページのURLに変えます。この時、凡ミスで犯しがちなのがこのショートコードよく見てみると…

ショートコード

最初の「”」と最後の「″」は違いますので要注意。これに気が付かず、1時間格闘した事があるとは言えない(笑)

 

このPz-LinkCardの強みは作れるブログカードのカスタマイズが簡単に出来るところです。ダッシュボード画面左の「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」で「Pz-LinkCard」の設定というところから、細かい設定が色々できますので是非やってみてくださいね!

設定はここ。

最後に

ブログカードは簡単におしゃれなリンクが作れるスグレモノです。

使い方を抑えて、かっこよくブログを運営していきましょう!

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。