田村カツオ田村カツオ

どうも。田村カツオです。

最近、というか結構前からなのですが、サイトの常時SSL化が話題になっています。何でも自分のサイトを常時SSL化する事で様々なメリットが得られるんだとか…

ただ、実際に常時SSL化してみるとメリットだけでなくデメリットがあったという声も。どうやら常時SSL化は「アクセス数がアップする(^o^)!」みたいな軽い考えで導入してしまうのは多少リスクがあるのかもしれません。

ここでは常時SSL化について、実体験に基づいてメリットとデメリットを語っていきたいと思います。

田村カツオのメルマガ登録ボタン

メルマガ(無料)をやっています。興味のある方はどうぞ!(^^;)

サイトSSL化はGoogleも推奨している。

そもそもSSL化とは?

グーグルもSSL化を推奨している。

まず、サイトのSSL化について簡単に説明しておきます。

僕たちは「www」(world wide web)というインターネットの世界から情報を受け取っています。

その通信形式として一般的に使われているのが「http」です。「http」ではブラウザが見たいサイトのURLを「www」に対して示して、「www」がそのURLに基づいた情報をブラウザに返しています。こうやって僕たちは普段からインターネットを見ているのですね。

 

しかし「http」という通信形式はセキュリティの面で十分かというとそうでもない側面があり(汗)その対策として生まれてきたのが「https」という通信形式です。「https」の「s」はセキュリティの「s」ですね。「https」は暗号鍵という技術を使って「http」よりもより安全にブラウザと「www」がやり取り出来るのです。

田村カツオ田村カツオ

暗号鍵…初級システムアドミニストレータを取った時に勉強したなぁ!

イッヌイッヌ

「ITパスポート」じゃなくて「初級システムアドミニストレータ」ってところにレトロさを感じるね(笑)

で、自分のサイトのデータを訪問者に見せる際に「http」ではなく「https」を採用しようというのがSSL化です。常時SSL化というのは文字通り「常に」ですね。つまり自分のサイトの全てのコンテンツを「https」で表示させようというのが常時SSL化です。

サイトSSL化はGoogleも推奨している。

SSL化されているサイトを見ている時はURLバーでの表示がこんな感じ(↓)になります。

SSL化された通信はこうなる。

ちゃんと「保護された通信」って緑色でアピールしてもらえるんですね。「https」とわかりやすく書いてありますね。なんか安心感があります。

 

サイトを常時SSL化する事はGoogleも推奨しています。下記の画像はGoogleアドセンスの管理画面のものですが、アドセンスを貼ってあるサイトに常時SSL化していないサイトがあるとこういうメッセージが出るんですね!

GoogleもSSL化を勧めている。

サイトSSL化のメリットとは?アクセス数アップにはどう?

アクセス数がアップするかは微妙…

まず常時SSL化のメリットとして多くのアフィリエイターの方が興味があるのが「常時SSL化をしてサイトのアクセス数がアップするか」ということでしょう。実は僕もサイトのアクセス数が増えないかなーって思ってサイトをSSL化したクチです(笑)

確かにGoogleは常時SSL化をサイト表示の順位を決める際の指標の一つにすると公式発表しており、正直「SSL化すればアクセス増えないかな?」と思ってる人は多いと思います。

 

下の画像はこのサイト(田村カツオのブログ)のGoogleアナリティクスのPVの画面の一部です。ちょっと恥ずかしいですが、特別に公開しています(笑)

SSL化するメリットは?アクセス数はアップするか?

僕がこのサイトを常時SSL化したのは8月30日の事。画像の赤い矢印のタイミングですね。どうでしょう?見てみて常時SSL化した僕のサイトはアクセス数が増えていると読めますか?

なんというか常時SSL化する直前にアクセス爆発を起こしているので若干底上げされてますよね。常時SSL化する前と後では確かに後の方がアクセス数は増えているのですが、それが「SSL化によるもの」か「アクセス数爆発によってドメインパワーが上がった事によるもの」かは分かりません(笑)

僕の実感としては僕のサイトのアクセス数アップはSSL化によるものではない気がします(笑)まあ、全く関係ないかと言えばそんな事はないのでしょうが、それほど大きな要因ではないですよね。

なりすましを防げる。

常時SSL化する事で得られるメリットとしては「なりすましを防げる」というものです。

「なりすまし」なんて言うとちょっと犯罪チックで、多くの人は関係ないと思うかも知れませんが、僕は自分のアフィリエイトでなりすましをされた事があります。

 

まあ、常時SSL化で全ての被害を防げるとは限りませんが、やはり対策をしておくべきですよね。常時SSL化をしている事でなりすましを行うような人たちへ牽制する効果はあると思います。

サイトの信用度が上がる。

まあ、ネットビジネスなんてものを行っていると、確かに「胡散臭いだ」のなんだの言われる事があります(涙)しかし、サイトを常時SSL化しておけば多少はそれが和らぐ…のでしょうか?

URLの表示欄に「保護された通信」と載ると確かに安心感はあるのでしょうね。

ただし、ネットビジネス起業家としての信用は常時SSL化のようなものではなく、中身で築いていきたいと僕は思っておりますが。

SSL化の最大のメリットとは?

SSL化の最大のメリットとは「将来への安心感」ですね。(個人的な意見です。)

これまでSSL化のメリットについて実体験ベースで語ってきましたが、どれも凄まじいメリットかというとそうでもないです。「まあ、あった方がいいな」くらいな感じ。

でも、これからGoogleがサイトの優劣を判断する時に「常時SSL化をしているか、していないか」を大きな要素として採用しないとも言い切れません。そういう意味ではなるべく早く、今のうちにサイトをSSL化しておくべきだと思います。

サイトSSL化のデメリットとは?

フェイスブックのいいねが全部消えた。

次にSSL化したデメリットについですが、SSL化した後は基本的にSNSからの「いいね」とか「シェア」のカウントが消えてしまいます。

この画像のようにカウントが全部ゼロになってしまうのです(↓)

サイトSSL化のデメリットとは?

但し、「SNS Count Cache」というプラグインを使うことで、基本的にはSNSのシェア等のカウントは戻せるようです。実際に僕のブログの「はてブ」とか「Twitter」のカウントは戻ってきました。

ですが、フェイスブックの「いいね」のカウントだけは戻ってきませんでした…「いいね」が消えたから特に大きなデメリットがある訳ではないですが、やっぱりいい気分はしませんよね。

少し手間がかかる。

デメリットという程のデメリットではないかも知れませんが、サイトを常時SSL化する場合は手間がかかることもあります。特に途中からSSL化する場合は色々面倒ですね。

僕の場合はエックスサーバーを使っているのですが、エックスサーバーの場合はSSL化自体はボタン一つで出来まして、それほどの手間ではなかったのですが、その後色々な調整が面倒な部分はありました。特に僕の場合はこのブログ以外にも複数のサイトを運営していますので、全部をSSL化するのは少しだけ面倒な部分もありました。

アフィリエイト収入が減る(かもしれない。)

ちょっと不確定要素が話なのですが、常時SSL化するとアフィリエイト収入に悪影響を及ぼす場合があると言われています。

但し、これはちょっと良くわからない部分があります。確かに一部のASPではまだ常時SSL化に対応していないところもあり、そういうASPがSSL化によってサイトに広告を貼れなくなるという点では収入が下がるケースもあるかも知れませね。(その内改善されるのでしょうが…)

なお、一部ではGoogleアドセンスの収益にも影響するとネット上に書いてありますが、少なくとも僕の場合はアドセンスの収入に変化はなかったので大丈夫なのかな?とは思っています。

まとめ

以上、サイトの常時SSL化について色々語らせて頂きました。

常時SSL化にはメリットはありますが、大きなデメリットはありません。将来的にはもっとメリットが増えるでしょう。そうなると、なるべく早いうちからサイトの常時SSL化をしておくべきだと、個人的には思います。

尚、特にアフィリエイトサイトの場合なのですが、サイトを複数運営している方は、一度に全てを常時SSL化するのではなく、1つずつ様子を見ながら常時SSL化する事をおすすめします。多くの場合、常時SSL化しても大きな問題はおきないのでしょうが、万が一に備えてリスクは分散させるべきだと思います。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。