田村カツオ田村カツオ

こんにちわ。田村カツオです。

実は僕、上司と合わないという事においては誰にも負けない自信があります(笑)

と、冒頭からいきなりすみません(笑)(これは半分ネタですよ。)

でも、実際に上司と合わない事でかなりのストレスを感じている方は多いのではないでしょうか?

上司に限らずなのですが、人間関係が完璧に上手くいく事など絶対にありえません。カップルは破局し、夫婦ですら離婚し、「兄弟は他人の始まり」という言葉すら存在するのが人間というものなのです。

ただし、少しでも対策・対処法を抑えておくことでかなり被害は小さくなるでしょう。上司と合わないから辞める・転職するではなく、少しだけ広い視点で物事を考えてみる事は非常に大事なことなのです。

田村カツオのメルマガ登録ボタン

メルマガ(無料)をやっています。興味のある方はどうぞ!(^^;)

上司と合わない時のストレスって切実な問題。

上司と合わないサラリーマンの図。

上司と合わない時のストレスは超甚大です。まあ、そうですよね(笑)

上司と言うのは多くの場合、職場において自分の査定をつける権限を持っています。そして査定によって自分の給与の増減や転勤などが決まるというのであれば、人生におけるかなりの部分を上司にコントロールされているのと同じです。

そんな非常に強い権限を持った上司と人間関係が良くない、合わないという状況は非常に宜しくない。不利益が生じやすいというのは説明するまでもないでしょう。

もしかしたら自分がどれだけ仕事で結果を出しても評価されない、むしろマイナスの評価をされる可能性すらあるのです。そりゃ、ストレスも大きいでしょうね。

悪の上司悪の上司

ワシも合わない部下には理不尽な事をするぞい!

イッヌイッヌ

(か、かみついてやろうかな?)

僕自身もサラリーマン時代に上司と合わなかったタイプの人間です。自分が正統派だとは言いませんが、このブログを見ている方で僕と同じような境遇にある方は多いのではないでしょうか?

もしそうだとしても大丈夫!無責任な事を言うつもりもありませんが、上司と合わないくらいで死にはしませんし、選択肢なんて色々あります。それに上司と合わない責任はあなただけにある訳ではありません。

「上司と馬が合わない」という事実は「あなたがおかしい」「悪いやつだ」という事にはならないので、あまりネガティブに考えないように…(^_-)-☆

田村カツオ田村カツオ

上司だから正しい人間という事はない。上司でも曲がった人格で最悪な奴なんて沢山いるわけで、そんなのと合わないというのは結構普通な事です。

イッヌイッヌ

まあ「こんなのと一緒に仕事するくらいなら、飼い犬と仕事した方が良い!」って思える上司は多いよね(苦笑)

上司と合わない時の対策は?辞める・転職以外でも様々です。

上司の上司と仲良くする。

上司と合わない時の対策ですが、地味に効果があるのが「上司の上司と仲良くする」というものです。

結局サラリーマンで上司風吹かせて気取ってる程度の人間なんて、長いものには巻かれろ主義です。犬は強い犬に従います。よって、上司と合わないのであれば、上司の上司と仲良くするのが良いでしょう。

もちろんこれはある程度器用さも必要ですし、上司の上司とキャラ的に合う必要がありますが、上手く行けば何らかの効果があるでしょう。

僕は6年のサラリーマン生活で1度これが成功した事がありました。特に何の戦略もなく上司の上司と馬が合っただけの話なのですが(笑)

悪の上司悪の上司

ワシもワシの上司には何も言えないなあ。

ネッコネッコ

芯が無い奴って嫌だなー…

割り切る。

上司と合わないのであれば割り切るのが1番良い対策なのかもしれません。(まあ、割り切れないからこそ貴方は「上司 合わない 対策」などと検索しているのかもしれませんが…(汗))

乱暴な言い方ですが、上司と合わないからと言って命まで取られる事はありません。また投げやりな態度を取れという事でもありません。普通に大人の付き合いをすれば良いのです。

上司と言っても色々なタイプがいると思います。あなたとたまたま合わないだけで、普通の対応をするくらいの上司ならば割り切った関係を保つくらいで良いのではないでしょうか?

相談機関と相談する。

上司と合わない時の対策。

僕は上司に「変なあだ名を付けられている」「暴力を振るわれた」という事で社内の電話相談室に相談した事があります。(残念ながら事実だったので…)

ある程度の規模の会社の場合、相談したという事実で、上司の評価にマイナスをつける事が出来る可能性もあります。また、上司の上司からトップダウンで連絡が入り、上司から自分に対しての圧力が減る事もあります。

休職する。

上司と合わないのであれば、思い切って会社の休職制度を使って休職してみるのも手です。休職中は上司と顔を合わせる事もありません。

休職制度がある会社に勤めているのが大前提ですし、休職する事であなたの社内での出世に響く可能性もあるでしょうが、精神的に病んだ人生に歯止めがかかるなら休職した方がいいなと、今は思います。

会社員は人間です。休む権利があります。

田村カツオ田村カツオ

いや、ホント制度として会社にあるのであれば、休職しちゃえって思います。

辞める。

僕は会社を辞めた人間です。辞めた理由はいくつかありますが、やはり上司と合わないから会社を辞めたという側面もあります。人間関係で合わないから会社を辞めるというのは恥ずかしい事でもなんでもありません。そんなの人の勝手でしょう?

但し、会社を辞める事で安定収入が絶たれたり、再就職の必要が出てくるという事は予め計算にいれておかないといけません。

転職する。

上司と合わないから転職する。実にストレートで良いと思います。良いところに転職出来れば文句なしの方法でしょう。

ただし、リスクとしては転職先の会社で待遇が今よりも下がってしまったり、転職先の上司と合わない可能性もあるという事ですね。

副業を始める。

上司と合わない事でストレスが大きいのは「会社での立場があなたの収入等に大きく関係しているから」です。

もし会社への経済的依存を無くす、もしくは小さくする事が出来れば、上司と合わないことでのストレスはかなり減ると思います。「別にこんな奴が上司になってる会社、どうでもいいよ」くらい思える余裕があれば理想ですね。

その為には会社以外からの収入源を作ること、すなわち副業なのです。

ちょっと怒ってみる。

上司と合わないのでストレスがあるという事は、ほぼ確実にあなたの上司があなたに対して「なめた事(嫌がらせ等)」をやってきてるからです。だからこそ上司と合わないとも言えるのかも知れませんが…

人間は本質的に「卑怯な動物」です。自分が攻撃して反撃してくる相手に対しては比較的に下手に出て自分の傷を軽くしようという心理的な本能を持っています。無抵抗が1番良くないのです。

だとすれば、上司に何かされたらしっかり反撃しましょう。具体的には「ちょっと怒ってみる」という事です。見境もなくキレろというのでは無いのでご注意下さい。小心者の上司だったら、一発で態度が変わるでしょう。

終わりに

上司との人間関係はもしかしたら全サラリーマンの永遠の課題かも知れません。

幸い、昭和のような古臭い時代は終わり、これからはインターネットやSNSが発達した新しい時代です。しっかりと情報収集し、上司に対して毅然とした態度で立ち向かえば、上司もあなたに対して一目置くかも知れません。

少なくとも、上司と合わないからと言って必要以上に落ち込んだり悩んだりする必要はないです。気持ちを強く持ってアホ上司を乗り越えて行きましょう!(^_-)

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。