田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

ブログを運営していると、ふとこんな事(↓)を思う時があります。

やばい…今まで書いてきた記事を修正したくて仕方ない…!特にこの言い回し、まるごと別の何かに置き換えたい!

 

そんな要望に答えるのがSearch Regexというプラグインです。これはブログ中の特定の文言を別の文言に置き換える事が出来るもので、記事修正する際の強い味方となってくれます。単純に記事を修正する時だけでなく、テンプレートやプラグインを変更した際のコードの置き換えなんかにも非常に有効です。

 

Search Regexを賢く使いこなして過去記事を修正する時は、効率よく修正していきましょう!

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。

Search Regex(ワードプレスプラグイン)の使い方を説明!

田村カツオYouTube公式チャンネルではSearch Regexの使い方を動画で説明しています。文章の説明ではイマイチ分かりにくいという方は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

チャンネル登録はこちらから!

Search Regex(プラグイン)の使い方を解説!記事修正や置き換えに超便利!

Search Regexをインストールして有効化しよう!

Search Regexの設定方法と使い方について解説。

何はともあれ、Search Regexをインストールして有効化しなければ話になりません。

 

ダッシュボード画面の左のメニュー一覧から「プラグイン」→「新規追加」と進み、プラグインの検索窓に「Search Regex」と入力し、インストール&有効化しておきましょう。

Search Regex(プラグイン)の使い方。記事修正や言葉の置き換えを簡単に!

Search Regexの使い方を説明。

では、Search Regexの使い方について解説していきます。

 

①Search Regexをインストールして有効化すると、ダッシュボード左側のメニュー「設定」の中に「Search Regex」が出来ますので、そこをクリックします。

Search Regexはどうやって使う?


 

②すると次のような画面となります。

英語で書いてあって一瞬焦りますが、実はそれほどは難しくないので落ち着いていきましょう。

 

まず、上の方に2行英文がありますが、和訳すると次のような意味になります。

「Replace & Save」を押した場合のみ、置き換えはデータベースに保存されます。それ以外の場合は結果のプレビューを見ることが出来ます。

注意:発生したどのような損害にも責任は負えません。置き換えをする前にデータベースのバックアップをとっておく事を強く勧めます。

バックアップをとる事がこのプラグインでは強く推奨されています。

 

記事数が多いブログの場合(そうでなくても)、ブログのコンテンツに何か不具合があったら冗談では済まされません。このプラグインを使う前にはバックアップをとっておきましょう。

 

Sourceの欄には次のような選択肢があります。それぞれの意味は次の通りです。

  1. Comment author:コメントしてくれた人の名前です。
  2. Comment author email:コメントをしてくれた人のメールアドレスです。
  3. Comment author URL:コメントについているURLです。
  4. Comment content:コメント本文の内容です。
  5. Post content:記事の本文です。おそらくこのプラグインで1番使用頻度が高い部分でしょう。
  6. Post excerpt:記事の抜粋や引用です。あまり使う場面はないと思います。
  7. Post meta value:記事のカスタムフィールドです。
  8. Post title:記事のタイトルです。
  9. Post URL:記事のURLです。

Sourceの欄にはPost contentがデフォルトで入力されており、多くの場合は動かす必要はないはずです。

 

Limit toは一回で「置き換えする箇所の数」の設定です。デフォルトでは「制限無し」とされていますが、一度の作業で全てを置き換えるのが気になる方は「10」「25」「50」「100」と選択肢がありますので、好きな数を選んでおきましょう。

 

Order Byは、置き換えの為に文字列を検索した時の並び順です。Ascendingが昇順、Descendingが降順です。個人的にはここでこだわった事はありません(笑)


 

③Search patternの欄には「これから置き換えて修正していきたい文字列」を入力します。

Replace patternの欄には「置き換えた後の文字列」を入力します。

Search Regexの使い方


 

④そして最後に下のボタンを押して文字列の入れ替えとなります。

Searchを押すと「置き換えの対象となる文字列」が一覧で表示されます。

Replaceを押すと「置き換えた後の様子」をプレビューする事が出来ます。(実際に置き換えられた訳ではありません。)

Replace & Saveを押すと、実際に文字列が置き換えられ、保存されます。一度このボタンを押すと戻す事は出来ませんので、押す前にしっかりと確認しましょう。

終わりに

プラグインSearch Regexの使い方を解説してきたわけですがいかがでしたでしょうか?

英語表記のプラグインなので、敬遠しがちかも知れませんが、使いこなせばかなり作業を短縮出来ますので非常に優秀なプラグインと言えます。

 

ブログの過去記事の記事修正全般に使えますし、プラグインを入れ替えたりしてショートコードを入れ替える必要がある時などに重宝します。是非、使いこなしていきましょう!

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。