田村カツオ田村カツオ

はい、どうも!田村カツオです。

最近世間では色々な休暇が新設されています。イクメン休暇とかはその代表格ですよね。まあ、休む側にしてみればどんな名前でもいいから、休暇を作って会社の上層部が満足して終わりじゃなくて、実際にしっかり休ませてくれって感じでしょうね(笑)

僕も会社員時代には色々な名前の休暇がありました。全部カタカナ表記ですが、結局取得できないなんてザラ…なめんなよ?って感じですね(笑)

さて、先日株式会社ピアラが「スモ休」という新しい休暇制度を導入して話題になりました。何でも非喫煙者に有給休暇を最大で6日間付与するようです。(本来の休暇とはまた別に、です。)

今回はこのスモ休についてメリット、デメリット等について考えてみたいと思います。

田村カツオのメルマガ登録ボタン

メルマガ(無料)をやっています。興味のある方はどうぞ!(^^;)

【スモ休】メリットやデメリットは?ピアラが非喫煙者に有給付与へ

スモ休とは?

ピアラがスモ休を導入!

スモ休とはタバコを吸わない非喫煙者に対して、本来ある有給休暇とは別に最大で6日間の有給を付与するという制度です。株式会社ピアラが導入してネットでも話題になりました。

喫煙者か非喫煙者かについては自己申告性をとっていますが、もし不正があった場合は厳正に対処するようです。

6日間という日数の根拠については、喫煙者がタバコ休憩で移動も含め1回20分使用するとして、それが1日2回ならば1ヶ月で1日分になります。1ヶ月で1日なら1年で12日ですが、ちょっとそれだと会社が回らなくなるので半分の6日のスモ休を、非喫煙者の社員に与えるというもの。日数については結構アバウトな決め方ですね(笑)

 

個人的にこのスモ休について思うのが「ついにやってくれたか!」という事。つまり僕は大賛成です。(僕は会社員じゃないので関係ないですが(笑))

 

そもそも僕は非喫煙者なのですが、会社員時代にタバコを吸う社員には凄く迷惑をしていました。

多くの場合は「おっさん」達なんですが、タバコを車の中でも、飲み会でも、どこでも吸いやがる。臭くて仕方ありません。普通に集中力が削がれますし、僕の肺や鼻の細胞、角膜等も副流煙で汚れる訳です。

はっきり言ってタバコを吸うって事は隣にいる人を殴りまくるのと同じこと。(だって、隣の人に甚大なダメージを与えてますからね。)

 

ただし、僕も喫煙者の方を頭ごなしに否定するつもりはありません。普通にマナーを守って吸えば、問題は無い。(正確には「問題が少ないのでこちらも我慢できる。」)

でも、会社でタバコをスパスパ吸いまくって、離席ばっかりしてる人間に限ってマナーがなってないんですよね…

で、大体の場合そういうのに限って仕事が出来ない…

 

そういう状況に対して憤りを感じている非喫煙者の会社員の方も多いと思います。ですので、非喫煙者と喫煙者の待遇に差をつけるのは当然なのです。こうでもしないと離席もあまりせずに、頑張っている非喫煙者の社員のやる気が削がれてしまう訳ですからね。

田村カツオ田村カツオ

タバコ=悪だとは思わないし、喫煙者の方全員がマナーが出来てない等と言うつもりは無いです。

イッヌイッヌ

でも「仕事が出来ない奴」ってタバコのマナーも守れない奴が多いよね。

田村カツオ田村カツオ

まあ、とにかく喫煙者と非喫煙者の待遇を変えるのは賛成だよ。喫煙者が不満に感じるのであれば、タバコを辞めればいいだけだもん。

スモ休のメリットとは?

非喫煙者の納得感

スモ休のメリットは色々考えられますが、やはり「非喫煙者の納得感」は大きいのではないでしょうか?

なぜか日本では喫煙休憩は正当に認められる社会的風潮です。だとしたら喫煙者=休憩が多いの構図が成り立ってしまって、不公平です。非喫煙者に対して埋め合わせをするのは合理性がありますよね。

禁煙の推進

スモ休をきっかけに「タバコをやめよう」という喫煙者の方も増えるのではないでしょうか?

タバコは基本的には百害あって一利なし。健康にもお財布にも悪いものです。挙句の果てには副流煙で周りの人を傷つける。

スモ休をきっかけに禁煙する喫煙者が増えるのは素晴らしいことだと思いますし、スモ休がいいきっかけになりますね。

企業イメージのUP

スモ休のような「先進的な制度」を導入している会社は好感が持てますね。

「それだけかよ!」って思うかもしれませんが、商売をしていくにあたってイメージって死ぬほど大事です。だから「進んだ会社だ」と思われるというのは会社にとっても大きなメリットがあります。

社員の健康増進

スモ休によってタバコを辞める人が増えれば、確実に社員の健康増進に繋がります。禁煙した人はもちろん、周りの人も副流煙で健康的被害を負うことがなくなりますね。

生産性の向上

スモ休をとる為に社員が頑張るという雰囲気は生まれそうですね。また、喫煙者が禁煙すればその分タバコ休憩がなくなりますから、生産性の向上に繋がりますね。

スモ休のデメリットとは?

喫煙者からの反感

スモ休のデメリットとは?

おそらく一部の喫煙者からはスモ休に対しての反対の声はあるでしょう。声に出して言わなくても反感を持つ方もいるでしょうね。これはデメリットといえるでしょう。

その事を考慮して株式会社ピアラでも「喫煙者に罰則を与えるのではなく、非喫煙者にメリットを与える」という形をとっていますが、それでも全ての人から賛成される制度など無いわけです。

ちょっと言い方はキツいのですが、頭の凝り固まったオッサンってホントに何言っても聞きませんからね(笑)会社でもどこでもそうなのですが…皆さんも経験ありません?「黒が黒だと言っても認めないオッサン」って馬鹿すぎて恐ろしいです(苦笑)

結局名ばかりで取得できない可能性あり

あらゆる「カナカナ休暇」の最大のデメリットはこれです。

勇んで新しい休暇制度を作ったものの、結局社員の現状を考慮したものではなく、取得できずに終わるというもの。

 

株式会社ピアラの転職の口コミ等をみると「勤務時間が長い」などという情報があります。その書き込みが真実かは分かりませんし、人にもよる時期にもよるでしょう。しかし、普通に考えたら「有給休暇を全部取得していなければ」新しい休暇が増えたところで、その休暇まで使えません。

ピアラのスモ休って素晴らしいと思うのですが、名ばかりで終わらないかが心配なところであります。

あとがき

スモ休ってとても先進的な休暇制度で、素晴らしいものです。多くの会社に広がってほしいですね。

タバコ嫌いな僕としては全企業で実施してもらってもいいくらいです。まあ、僕は会社員ではありませんが(笑)

ただ、いくら理念が素晴らしくてもスモ休が名ばかりで結局取得出来ない休暇になってしまったら意味がありません。株式会社ピアラにはスモ休「取得」の推進にも力を入れて欲しいものです。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。