労働環境

有給に理由は必要ない!遊びでも旅行でも「私用の為」で全然OK

有給を使う時に理由を聞かれる事って結構あると思います。

僕もサラリーマン時代は有給を使おうとする度に理由を聞かれましたし、使うのを妨害されたり、なぜか使わせてもらえなかったりしました。

本来的に言うと有給を使うのに理由は必要なく、それが遊びでも旅行でも「使用の為」でOKな訳。

ここでは有給で嫌な思いをしてきた経験を基に、有給の理由について現実的な情報などを語っていきたいと思います。

参考動画:有給休暇を取れない人・使わない人が多いけど社内差別に負けないで!

田村カツオYouTube公式チャンネルで有給休暇についてしゃべりました。

ちなみに僕は会社を辞める時、円満退職しようとして有給休暇を使い切れず、損したクチです。

有給に理由は必要ない!遊びでも旅行でも「私用の為」で全然OK

有給は労働者の権利です。

有給は遊びでもOK。

まず、念のための確認。

有給休暇は労働基準法第39条で認められた労働者が持つ正当な権利です。

決して会社が「お情け」や「好意」で社員に与えているものではなく、会社は有給休暇を社員にあげないと法律違反。

労働基準法第39条第一項

使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

会社で働いて給料がもらえなかったら「ふざけんな!」と思うはず。

それは「働けば給料が貰えるのが当然」という権利意識がしっかりと身についているから。

 

「権利、権利」とあまり権利アピールし過ぎるのは好きでは無いですが、やっぱり何が出来て、何がダメなのかの線引きは大事。

 

有給も給料と同じように権利です。

働けば有給が貰えるのが当然。

働いても働いても土日祝以外は休めないなんて馬鹿げてると思いませんか?

 

ですので、基本的な知識として「有給休暇は給料と同じように権利であって会社のお情けじゃないからどんどん使いまくるのが普通なんだ」という意識は持ってください。

ここがスタートラインです。

 

これについて言うと法律で決まっている事なので、議論の余地はあまりないはず。

ですが、こういう当たり前の事を言うと「社会を知らない」とか「有給を使って周りに迷惑かけて」というような事を言われます。

 

ただ、そういう古い時代の考えはもう捨てて、アップデートしていくべき。

政府が働き方改革と称して、労働環境の改善に取り組む時代です。

24時間365日働けばいいという風潮はバブルが弾けるのと同時に正当性を失いました。

しっかりと働いて成果を出す。

その為にもしっかり休むのが必要です。

 

よって有給は会社にも会社員にも必要なものであり、その運営は適切であるべき。

有給に理由は必要ない!遊びでも旅行でも「私用の為」で全然OK

有給休暇を取るのに理由は要らない。

有給は権利。

使いまくってOK。

 

という事でいざ有給休暇の申請してみると、理由を聞かれて、それが遊びや旅行だったから却下されたという話をネット上では良く聞くのですが、それって犯罪です。端的に言うと。

カツオ
カツオ
僕が会社員をしていた頃はオンラインで有給申請していたのですが、オンラインで申請すると上司に呼び出されて「オンライン上だけで済ませようとするな!」と怒られました。

その後、有給申請するのがやりにくくなりましたけど、「有給を申請しにくい」様にするというのも犯罪すれすれ。

グレーゾーンだと思います。

有給に理由は必要ありません。

これは僕の寝言ではありません。

法律の条文がどうというより、判例や条文の解釈によってこのようになっています。

  • 有給はAKBのコンサートに行くために使ってもいい。
  • 八丈島にキャンプに行くために使ってもいい。
  • ポケモンGOでサニーゴを取りに沖縄に行くために使ってもいい。

私用で全然OK。

遊びや旅行で思い出を作るために有給を使いましょう。

それが本来の有給の使い方。

(ちなみに病欠休暇という制度がある会社ならば、病気・怪我の際はその制度を利用したら良いと思います。それが無ければ、有給を当てる形になりますが…)

但し、会社が理由を聞く事自体は間違ってはいない。

有給休暇の申請をする時に理由は必要ないです。

必要ないというかどんな理由でもOK。

 

但し、有給が労働者の権利ならば、会社にも「時季変更権」という権利があります。

時季変更権とは、要するに「会社の業務運営に支障をきたす時は有給をとるタイミングを会社は変更出来るという権利」です。

有給はとっていいんだけど時期をずらしてね、というものですね。

 

本来であれば有給は原則、労働者の申請どおりに認められるものですが、会社の運営に支障が出る時は会社はその日にちを変える事が出来るのです。

会社が有給の理由を聞くのは、タイミングを変えても良いような理由なのかな?という事を考えてくれている事も可能性としては考えられるので、まあ理由については正直に書いておけば良いと「基本的には」思います。

 

ただし、正直に理由を書いて揉める事が分かっているなら「私用の為」で十分ですし、そもそも有給休暇を使うのに理由は必要ないという事は抑えておきましょう。

小まとめ

有給は給料と同じように労働者の権利なので、バンバン使ってOKです。

会社で働いて当たり前に給料を貰うのと同じように有給も使うのに理由は必要ないのです。

バンバン遊びや旅行で使いまくりましょう!

 

ただし、会社も会社を潰すわけには行かないですし、社員の側としても会社が潰れたら困る訳です。

その為、会社には時季変更権というものがあり「会社的にあまりにもヤバい」タイミングでの有給は会社は日付を変える事が出来るのです。

ここは抑えておく必要がありますね。

カツオ
カツオ
有給をガンガン取れる会社だったら僕も辞めなかったかもしれない。

イッヌ
イッヌ
そんなの甘えだ!っていうオヤジって多いけど、頭おかしい。

カツオ
カツオ
普段若手の有給休暇に反対するおっさん達って、自分達は何事も無かったかの様に有給を使うからやるせない気持ちになります・・・

有給休暇を申請する時に嘘を使うのはあり?

有給休暇は権利だけど使うなら喧嘩しない方が良い。

喧嘩はやめましょう(笑)

有給休暇は権利で理由なしで使ってOKですし、何も悪いことではないのですが、権利アピールをしすぎると喧嘩に発展する可能性があります。

これは法律やルールでは縛る事が出来ない世界。

 

法律は超大事ですが、全部の事が法律で完璧に統制されている訳ではありません。

法律は皆が快適に生きていく為のルールなので、法律で認められているからと言って、権利アピールしまくって不和を起こすのはちょっとヤバい。

ですので、あくまで僕の意見ですが、有給休暇を申請する時は、にこやかな笑顔で申請した方が良いと思います。

 

理由を聞かれたら「権利なので答える必要はありません!」というのではなく「ちょっと私用ですみません(笑)」くらいで答えておいた方が無難です。

それでも深く理由を追求して、最終的に「旅行じゃ認められない」という事を言われたら戦っちゃっても良いと思うのですが、最初からバトルする必要はないという事です。

争いを避ける為に嘘をつくのは方便です。

嘘も方便。

ちなみに、もし勤めている会社がブラックで有給の申請をして理由を聞かれて

  • 「遊びや旅行じゃ認められない」
  • 「私用の為、じゃ通らない」

みたいな事を毎回言われるのでしたら、それは作戦を考えた方がいいですね。

カツオ
カツオ
そもそもそんな会社、辞めるかどうかを考えるレベルだと思いますが…

基本的に「有給で理由なしだと休ませない」みたいな会社はブラックなので、リアルに転職か起業か海外放浪かを考えた方が良いと思うのですが、短期的に目の前の事を処理するという観点で言うと、有給休暇を取るために嘘をつくのはアリです。

 

争いを避ける為につく嘘は方便。

嘘は本来いけない事ですが、正直に話す事で争いが起こるとわかっていて正直に話すのもどうかと思います。

皆が笑顔で楽しくいる為につく嘘を完全に否定は出来ないと思います。

それが方便です。

(そもそもブラックに勤めている時点で皆が笑顔、なんて考えられないでしょうが…)

カツオ
カツオ
ちなみに嘘も方便という言葉は仏教から来ています。

泥沼の争いになるくらいなら、嘘でも丸く収めた方がいい場合もあります。

回り道しましたが、有給休暇の理由を伝えるとキレて使わせない!みたいなブラック企業に勤めている場合は、最初から親族が亡くなったとか嘘をついても良いと思います。

(本当は良くない事なんですが、方便です。)

悪いのはあなたではなく、法律に従わない会社なので後ろめたい思いをする事はありません。

思いっきり有給を楽しみましょう!

有給の理由についてのまとめ。

  • 有給に理由は必要ない!遊びでも旅行でも「私用の為」で全然OK!
  • 有給は給料と同じ労働者の権利。
  • ただし、有給を使うことで会社とバトルをしても仕方ないので申請する時は爽やかな笑顔が望ましい。(と僕は思う)
  • 本来は理由について突っ込まれる筋合いはないが、戦いに発展するようなら嘘も方便です。

カツオ
カツオ
たった一つのブログで僕の人生は激変しました。

ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。(詳しくはプロフィールで!)

今では複数のサイトを運営しアフィリエイト報酬を得たり、法人顧客のSEOコンサル等も行っており、副業の収入がサラリーマン時代の月収を超えています。

メルマガの中でその秘密について話しています。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のノウハウが詰まったテキストを無料でプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。



ABOUT ME
カツオ
毎日のシゴトを「魂レベル」で楽しむ僧侶×Webマーケター。インターネットを用いた人気メディア運営のハウツーを伝授するオンラインレッスンを行ったり、法人顧客に対してWebマーケティングのアドバイスを行っている。趣味は筋トレ、ムエタイ、英語の勉強。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。