ブログアフィリエイトの基本

【SEO】検索意図とは?調べ方などについて説明!

[cc id=”8108″ title=”記事冒頭の挨拶”]

ここではSEO対策を考える上で非常に重要な「検索意図とは何か」について説明していきたいと思います。

検索意図について理解していないとせっかくブログの記事を書いても検索エンジンから評価されずに上位表示が出来ません。そうなるとアクセスが集まる事もなく稼げない…逆に検索意図を抑えてしっかりと記事を書けば、激戦区でも意外と上位表示が出来たりするものです。

僕自身、ブログ運営開始した直後は検索意図なんて「何それ?食べれるの?」状態でしたが(笑)、検索意図について理解を深め、よく考えながら記事を書いた結果月間100PVを超えるサイトを作る事が出来るようになりました。検索意図は決して難しいものではなく、ポイントを抑える事が出来ればちゃんと理解して使えるものです。

ブログ運営の考え方としてとても大事なポイントになりますので、しっかりと抑えていきましょう!

検索意図とは?SEO対策上必ず押さえておきたいポイント。

検索意図とは?

検索意図とは?

ブログを運営していくにあたり必ず抑えておきたい考えが検索意図。

特にグーグルアドセンスを使って収益化しているブログはアクセス数が命なのですが、検索意図を抑えておかないと全くアクセスは集まりません。検索意図を無視した記事はどんなに魂を込めて書いても、どれだけ長文でも検索エンジンは評価してくれないのです。

 

では「検索意図とは一体何なのか」についてですが、まとめると次のように言えると思います。

検索意図とは?
  1. あるサイトを訪問したい。
  2. あるものを手に入れたい。
  3. あるものについての情報を知りたい。

というように、人がインターネットを使い検索という行動をする為の理由・目的。

これだけだと分かったような分からないような感じだと思いますので(汗)もう少し具体的に説明していきますね。

検索意図1 あるサイトを訪問したい。

1の「あるサイトを訪問したい。」というのは例えば「人物名 ブログ」や「人物名 インスタ」と検索されるような時の背景にある検索意図です。その人物のブログやインスタグラムを見たいので、検索者はこのようなキーワードで検索していると考える事が出来ますね。

このような検索意図が読み取れるキーワードは、個人が運営するアドセンスブログで戦うべきではないかもしれません。

例えば検索者が波留のブログを見たくて「波留 ブログ」と検索しているというのに、それに勝るコンテンツを作るというのはほぼ不可能な話ですからね。

検索意図2 あるものを手に入れたい。

人は何かが欲しくて検索する場合も多いです。そのような場合、例えば「タブレット 格安」や「えごま油 通販」と入力して検索するだろうと考えられます。タブレットが欲しいから、えごま油を購入したいからこのようなキーワードを使って検索しているというわけです。

このような検索意図が感じられる場合も、個人のブログでは戦いにくいです。何故なら個人のブログでは検索者の「ものが欲しい」という検索意図を満たすのが難しいからです。

タブレットが欲しい人が見たいコンテンツはタブレットが安く買えたり、選択肢が豊富な中から自分にあったタブレットが選べるものです。さすがに個人のブログでそういう欲求を満たすコンテンツを作るのは難しいだろうと考えられますね。

検索意図3 あるものについての情報を知りたい。

人は情報が知りたい場合もインターネットで検索しますね。

「ドラマ名 ロケ地」「人物名 彼氏」「ベンチプレス やり方」などは情報が欲しいから行われる検索ですよね。

ドラマのロケ地がどこなのか知りたい。あの人の恋人が誰なのか知りたい。ベンチプレスのやり方が知りたい。だから検索する。

「人物名 かわいい」「人物名 イケメン」「キャラ名 強い」などもこのタイプの検索意図に分類できます。人の容姿について他人の意見を見る事で共感したり、自分のやっているゲームで好きなキャラについてほ「強い」と称賛しているコンテンツを見て共感したいような欲求があります。

検索意図がこの種類の場合は個人のブログでも戦いやすいフィールドです。自分の持っている情報(経験、体験、意見、視点など)をまとめると価値のあるコンテンツが出来上がり、検索者の意図を満たす事が出来ます。

イッヌ
イッヌ
検索意図って言うと難しく聞こえるけど、普通の仕事の感覚で言うと「お客様が何を求めているか」なんだよね。

田村カツオ
田村カツオ
そうだね。

検索する人(お客様)がどんな情報が欲しいのかを理解して、その情報を記事に書かないと上位表示は出来ないって事。ある意味当然過ぎるよね。

検索意図を意識していないと上位表示どころか圏外に…

検索意図を無視した記事は圏外に?

例えば、ですが「田村カツオ ブログ」と検索する人の検索意図は「田村カツオのブログが見たい」というものだと推測できます。まさに先ほどの「あるサイトを訪問したい。」という検索意図ですね。

でも「田村カツオ ブログ」と検索して出てきた上位の検索結果の内容が「別の田村さんがカツオのタタキを作った作り方」だったりするとユーザーとしては凄く不便な訳です。これってユーザーの検索意図を満たしていないですからね。

 

これでは検索エンジンの本来の価値が失われてしまう。それでは良くないので検索エンジンはユーザーの検索意図に合っている記事を上位表示させ、そうではない記事の順位を下げたり圏外に飛ばしたりしている訳です。

イッヌ
イッヌ
そのキーワードの組み合わせで検索した人が求めている情報が書かれているサイトが上位表示されるんだよ。

人が求めていない情報ばかり書いてあるサイトは上位表示はされません。

競合の強さを調べる際に「タイトルにキーワードが含まれているかどうかで判断する」というのは間違ってはいません。やはりタイトルにキーワードが入るかどうかというのは大きいですし、タイトルにキーワードが入っていれば多くの場合は自然と検索意図に近い内容の記事になる事が推測されるからです。

ただ、検索エンジンの進歩により、記事内容にも気を使い、検索意図を意識していかないと上位表示が難しいという事は確実に言えると思います。

検索意図を調べる方法

検索意図を調べる方法ってどんなものがあるんだろうか?

検索意図を調べる方法ですが、簡単なものは検索窓に打ち込まれるキーワードを見ればすぐにわかります。

検索意図~こういうのは簡単に分かる~
  • 波瑠 彼氏     → 波瑠の彼氏が誰なのか?波瑠の彼氏の情報。
  • オムライス 作り方 → オムライスの作り方・レシピ。
  • ヘルシア緑茶 効果 → ヘルシア緑茶の効果はどれくらいかの説明・データ。

これらは検索意図が比較的分かりやすい例です。普通に分かると思うので、記事に検索意図を反映させて下さい。

 

問題は検索意図が分かりにくいキーワードの組み合わせの場合です。

例えば「ゆきぽよ みちょぱ」みたいな感じですね。一見してちょっと意味が分かりにくいものは検索意図を把握するのに困る事もあります。

そんな時は、実際にそのキーワードで検索してみて上位表示されたサイトの内容を確認するのが1番です。

上位表示されたサイトの内容=検索意図に適っている内容、という風に考える事が出来ますので、大まかな方向性としては上位表示されているサイトと同じ内容に触れてあげると良いでしょう。

もちろん、それらのサイトと内容が全く被ってしまっては意味がありませんので、しっかりと自分自身の言葉で付加価値をつけて説明する事が重要です。自分の視点や意見、経験を述べるという事ですね。

終わりに。

SEOを語る上で絶対に欠かす事の出来ない検索意図について説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

難しく聞こえるかもしれませんが、要は「読んでくれる人たちの身になって記事を書こう」という事です。急いでいたりするとついついキーワード選定や記事執筆が適当になってしまって、検索意図を無視してしまう事も多いのですがそれではいけません。

記事は数も大事ですが、それ以上に質が大事です。検索意図を十分に満たした記事を書いていくように心がけましょう!

田村カツオ
田村カツオ
たった一つのブログで僕の人生は激変しました。

ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。(詳しくはプロフィールで!)

今では複数のサイトを運営しアフィリエイト報酬を得たり、法人顧客のSEOコンサル等も行っており、副業の収入がサラリーマン時代の月収を超えています。

メルマガの中でその秘密について話しています。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のノウハウが詰まったテキストを無料でプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。



ABOUT ME
田村カツオ
毎日のシゴトを「魂レベル」で楽しむ僧侶×Webマーケター。インターネットを用いた人気メディア運営のハウツーを伝授するオンラインレッスンを行ったり、法人顧客に対してWebマーケティングのアドバイスを行っている。趣味は筋トレ、ムエタイ、英語の勉強。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。