田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

仕事を辞めたいと思っていても中々それが言い出せないというシチュエーションは多いと思います。

「辞めます」としれっと言えてしまえたらどんなに楽か。でも言えない。だから苦しい。

その内、あれだけ嫌だった今の職場も名残惜しくなって決断できない状況に陥っていく。でも、やっぱり辞めたい・・・こんな無限ループに陥ってしまう場合は決して珍しくないでしょう。

多くの場合、そうなってしまったら人間は現状維持、つまり職場に残る事を選択します。そして同じ状況が続いていく。結果として職場に残るのが良いのかも知れないですが、決断が出来なかったという点において、それはあまり良い事ではありません。

ここでは僕の個人的な視点も踏まえながら仕事を辞めたいと思った時どうするかについてお話していきたいと思います。

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。

仕事を辞めたいけど言えない・苦しい・決断出来ない時どうすべき?

なぜ仕事を辞めたいのに言えないのか?

仕事を辞めたいのに言えない。

仕事を辞めたいのに言えない。僕はこの原因は人間の本能だと思っています。

 

人間は「現状維持を求め変化を嫌う生き物」なのです。

例えばあなたがどれだけ仕事がキツいと思っていても、会社に行きたくないと思っていても、深層心理では「このまま仕事を続けたい」と思ってしまっているものなのです。

会社を辞めてしまうと日々のライフスタイルや収入、将来のキャリアなどに大きな「変化」が現れます。特に日本の社会はとても閉鎖的ですから一度仕事を辞めてしまうと大きなマイナスになってしまう事も少なくありません。

 

仕事を辞めたいとは思うものの、辞めてしまうと大きな変化がある。その変化がもの凄いストレスである。

だったら多少キツくても今のままが良い。そう思ってしまうのが人間というものであり、その本能こそが「辞めたいけど言えない」「決断出来ない」の原因なのです。

田村カツオ田村カツオ

僕も仕事を辞めたいと思った時言えなかったんです。

イッヌイッヌ

やっぱりカツオも人間だったんだね。

田村カツオ田村カツオ

会社を辞めた後どんな事になるか完全に読みきれなかったし、怖かった。でもそれってまさしく「現状維持を求めて変化を嫌う」ってやつだよね。

特に若い世代の会社員は「辞めたくても言えない」「決断出来ない」傾向は強いのではないでしょうか?

 

何故ならば新入社員は学校を卒業して仕事を始めたばかりの人が多く、先程述べた「人間の本能」に加えて「会社を辞める事での親への背徳感」や「周りの期待を裏切るという気持ち」「根性なしと言われる怖さ」等があるからです。

事情が複雑な分、新入社員は辞めるとは言いにくい。僕も同じような気持ちでいましたので良く分かります。

 

僕も新入社員時代、会社に入った直後からさっさと辞めたくて仕方なかったのですが、例に漏れず言い出せませんでした。当時はそれほど深く考えなかったのですがやはり、現状維持を求めていたり、親や周りへの背徳感というものはあったのだろうと思います。

辞めたいと言えなければ苦しいのは当然。

言えなきゃ苦しい。

会社を辞めたいと言えない状況におかれた場合、間違いなく辛い状態になります。「辞めたいのに言えない」という事は「辞めたいのに会社に行く」という自分の気持に矛盾した行動をとる事になるからです。

 

先程述べたように深層心理では「変化を望んでいないから会社に残りたい」という気持ちもあるのかも知れませんが、少なくとも自分が認識出来るのは「辞めたい」という気持ちなのです。

 

辞めたいのに言えなくて会社に行くという事は、好みではない異性と付き合っている状態と似ているのかも知れませんね。辛くないはずがないのです。

田村カツオ田村カツオ

やりたくない事をやるのって凄い苦痛ですよ。

たとえお給料という名の我慢料を貰っていたとしても、です。

退職すると決断出来ない、言えない時の対処法。

現状分析。

では「辞めたいけど言えない」または「仕事を辞めるか決断出来ない」という状況が分かったところでこの状況に対処するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

まず必ずやるべき事は現状分析です。現状を分析しないで、勢いで会社を辞めたりすると多少後悔する事もあります。その行動力は素晴らしいですが…

田村カツオ田村カツオ

ちなみに僕は最後は勢いで会社を辞めました。

あなたの職場の給料や労働時間、人間関係や将来性、その他諸々の要素を紙に書き出してみるといいでしょう。そうすると見えてくる事があるはずです。

  • 人間関係に悩んでいたけど嫌なあいつは来年転勤になる可能性が高い。
  • 給料が安いのがネックだけど、労働時間が短いし休みも多いから時間給計算だと高い。
  • 仕事は今は大変だけど、将来性は十分ある業界だ。
  • おそらくこの会社は潰れる。
  • 給料、労働環境、全ての要素を考えてもこの会社はアウトだ。転職した方が良い。

 

あなたの置かれている状況がどんなものなのか。把握しなければ動けません。

残るか、辞めるか。

自分の置かれた状況が分かったら「会社に残るのか」「辞めるのか」を決断しましょう。

こういう場合は宙ぶらりんでどっち付かずな姿勢が1番精神衛生上良くありません。まずは大筋でも良いので辞めるのか続けるのかを決めるべきです。

 

自分の置かれた状況が改善出来そうにないのでしたら辞める方向で決断した方がいいかも知れませんね。

これは何も明日辞めろとかそういう事ではありません。「今年で辞める」とか「副業で収入が一定ラインを越えたら辞める」とかそういう形でもいいです。

 

続けるという事であれば、もちろん続けるのですが状況が少しでも改善出来ないか考えてみるのが良いでしょうね。

人間関係で悩んでいるならばどうすれば解決出来るか。まあ多くの場合人間関係の問題で「笑顔で解決」というのは難しいので、無視するとか割り切るというのが答えになりがちですが。

田村カツオ田村カツオ

ストレスを軽減するには状況を分析してみたり自分の立場を明らかにしたりするのが吉。僕も会社員時代は何度も会社に残るメリット、辞めるメリットを紙に書き出してみたものです。

まとめ

  • 「辞めたいけど言えない」というのは人間の本能に基づいた自然な状況。
  • まず現状をしっかり分析して、大まかでもいいので「辞めるのか」「辞めないのか」を決めるのが良い。
  • 宙ぶらりんで決断出来ないという姿勢が1番精神衛生上良くない。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。