大事なコト言います。

飲み会で説教する上司ってパワハラだろ…人が泣くのを見て楽しい?

会社の飲み会で説教する上司はハッキリ言って存在そのものがパワハラ。

会社員時代、僕は様々な飲み会に行きましたが、やっぱり説教飲み会は本当につまらなく苦痛でした。

場合によっては説教を受けて泣く社員も…(嫌な思い出です)

ここでは会社の上司が説教してくる最悪な飲み会について、上司が説教する理由や対処法について考えてみたいと思います。

参考動画:会社の飲み会で説教する上司に言いたい!

会社の飲み会で説教する上司についてYouTubeで言わせていただきました。

飲み会で上司が説教する理由まとめ。

僕の主張を端的に述べると、飲み会における上司による説教はパワハラです。

何の生産性も無い。

ですが、彼らが飲み会という場で、説教というパワハラを犯してしまう理由について知っておくのは意味がある事です。

ここでは飲み会で上司が説教する原因について、まず触れていきたいと思います。

悪の上司
悪の上司
よろしくな!

元々の性格が悪い。

説教は勘弁して欲しいです。

飲み会で後輩や若手に説教するタイプの上司は元々の性格が悪い可能性があります。

要するに自分より立場が弱い人に対して強く出てしまうという「人間の小ささ」が飲み会で出ている訳ですね。

同じ条件でディベートをしても到底勝てない。

だから飲み会という「上司だったら説教していい」みたいな古い文化が残っている場所で説教をする。

そうする事で小さな自尊心を満たしている訳です。

 

かっこ悪いですし、性格も悪いですよね。

こういうタイプの上司はなぜか会社以外に趣味や話題が無いケースが多い。

ある意味では哀れになってきます。

(説教されている最中は憐れむ心の余裕はないでしょうが…)

悪の上司
悪の上司
ワシは性格が悪かったのか・・・?

あなたが仕事が出来ないと本当に思っている。

仕事の評価というやつは本当に厄介。

実は仕事が出来る人でも「出来る様に見えていない」と「仕事が出来ない」と評価されてしまう事があります。

飲み会で説教をしてくる上司は「あなたが仕事が本当に出来ない」か「仕事が出来ないと思われている」ので説教をしてきているという可能性があります。

 

この場合、上司の性格が悪いのでは無く「出来ない子に指導するいい機会だから」というつもりというか親切心のようなものがあるので、むしろ厄介です・・・

 

上司の頭と性格が悪くないのであれば、客観的なデータを引き合いに出して話せば意外と理解してくれる事もあるのがこのタイプですが、反感を買うだけに終わってしまう危険性もあるので注意が必要ですね。

悪の上司
悪の上司
仕事が出来ない奴に注意するのは飲み会に限る。

オフィスで注意したら可哀想だからな。

自分に酔っている。

飲み会での説教はパワハラです。

説教を飲み会でしている「厳しい兄貴分」

それが俺だ!

と勘違いしている自分に酔っている上司も結構いると思います。

 

お酒に酔って自分にも酔う…最悪ですね。

下手に言い返すと自尊心を傷つけてしまい反撃されるので質が悪いです。

近寄らないようにしましょう(笑)

悪の上司
悪の上司
酒にも自分にも酔ってるぞ。

脳みそが「the昭和」

会社員は朝早くから夜遅くまで働いて、その後飲み会。

飲み会では上司と部下がお酒を飲みながら本音で語り合う。

そこで人間関係が構築され、会社は一つの家族のようになっていく…

そういう「the昭和脳」をまだ持っている化石のような人も残念ながら中にはいます。

 

令和の時代にそんな事をすれば部下は引いてしまうでしょう。

そして何も話さなくなり、上司が一方的に喋る=説教の完成です。

これも長年の生活で染み付いたものなのでどうしようもないというのが正直な所…迷惑極まりないですね。

イッヌ
イッヌ
「飲みニケーション」なんてもう死語なのにねー。

本来は親切な人。

ある意味で最も厄介なのがこのタイプ。

あなたの事を本当に心配して「アドバイス」をしてくれている人も中にはいます。

状況によって色々なのですが、そんなに酔わずに冷静にアドバイスをしてきてくれている場合、無視も出来ないですし結構困りますよね。

 

個人的な経験から言うと、僕は昔は深夜残業が当然の会社に勤めていました。

自分の時間を作るために少しでも早く帰るための工夫をしていたのですが、このタイプに飲み会で説教された時には次のように言われていました。

「お前はこの仕事もこの仕事も出来るだろう!会社での評価も上がるし悪い話じゃない。」みたいな感じ。

いやいやそんな事したら僕、早く帰れなくなりますから・・・

(というか既に帰りが遅いのに。)

確かに僕の事を考えて色々教えてくれてるような感じだったのですが、僕はワークライフバランス追求型の社員だったので、YESとはとても言えずに返答に凄く悩んだのを覚えています。

イッヌ
イッヌ
こういう上司は憎めないのが逆に厄介だよね。

上層部から指示を受けている。

「飲み会でコミュニケーションをとってあいつを「正しい道」に戻せ」と言われて、意図的に僕に説教をしてくるタイプもいました。

タイプというか更に上の上司の命令に従っているだけなのですが…

 

これは逃げるしかないです。

本当に飲み会から逃げないと説教から逃れられません。

向こうも「一応業務命令」で動いていますから。

【確認】飲み会での説教はパワハラ。

飲み会での上司による説教はパワハラなので断るべき。

 

しかし、断りにくいと思ってしまう人がいるのは事実。

これに対しての特効薬はないのですが、「飲み会を断らない事で発生する損害」について真剣に考えると少し断りやすくなりますね。

敵についてしっかり知る事で行動しやすくなる理論です。

飲み会での説教はパワハラです。

飲み会での説教は内容にもよりますが、基本はパワハラです。

業務時間外に疲れた体で、無理やり高カロリーのものを食わされて、飲みたくもない酒を飲まされて、説教だなんてパワハラじゃないはずがありません。

カツオ
カツオ
飲み会で説教はパワハラです。

イッヌ
イッヌ
犬には飲み会がありません!

まあ、パワハラかパワハラじゃないかというのは受け取る側の問題もあるのですが、多分相当なMじゃない限りパワハラ。

 

こういう事を言うと「飲み会で話す内容が無くなってしまう」という反論があるかも知れません。

ですが、基本的に飲み会は誰かの愚痴を言ったり、説教をしたりと誰かを攻撃する場所ではないので、自分以外の誰かが嫌な気持ちになってしまうような事しか言えないのであれば、飲み会に参加するべきではないのです、その人は。

 

だから飲み会での説教はパワハラです。

説教しないと飲み会で会話できないという人は、コミュニケーション能力に問題があると思うので、飲み会以前に何らかの医療的措置を受けた方が良いでしょう。

飲み会での説教という名のパワハラはどう対処すればよいか?

飲み会で説教(パワハラ)されてしまい、心に傷を負った場合やこれ以上パワハラを受けたくない場合どうしたらよいか。

まだまだ社会では「会社の飲み会は会社の管理外」という屁理屈がまかり通っている部分もあり、パワハラ相談室や労働組合等も手が出せず、あまり相談に乗ってくれない事も多いです。

 

かと言って、誰も助けてくれないからと言ってまた飲み会で説教をされる…というのじゃ進歩がありません。

あなたにとって1番悪い事です。

 

僕の場合ですが、僕は飲み会が嫌だったので気合で徹底的に断ると覚悟を決めました。

僕が中年社員に飲み会でローキックされた後の話にはなりますが(プロフィール参照)、僕はその後一切の飲み会を拒否。

もちろん、こうする場合は断る方も何故か少しの気まずさを感じたりするのものです。

断りにくいという人も多いでしょうね。

 

ですが、そんな事を言っていてはなにも進歩しませんし、自分が嫌ならば戦うか迎合するかを決めなければなりません。

 

飲み会を気合で断るのに特効薬はなく、基本的に自分の気持ちの持ちようが重要なのですが、気持ちを強く持つ為には「もし、このまま飲み会を断らずに、行くたびに説教をされた場合の時間的損失、金銭的損失がどれくらいになるか」を考えてみると良いでしょう。

恐ろしい事になりそうですよね。

こう考えると、少しハートに火がついて飲み会を断りやすくなります。

 

ここまでしても「良い人」は飲み会を断り切れないものですが、少しでも断れる飲み会が増えたりすれば小さな一歩です。

小さな一歩を積み上げて、説教飲み会を断れる体質に変わっていくしか無いですね。

飲み会の説教で泣く社員も?

飲み会の説教で泣くとは…

飲み会で説教されて泣く社員も実際にいますね。

僕も間近で見たことがあります。

 

この「飲み会で説教をされて泣くタイプ」は大きく2通りに分類できます。

  1. これからもっと頑張るぞ!と説教されて泣く自分に酔ってパワーアップするタイプ。
  2. 説教というなの大義名分を盾にひどい事を言われて泣くタイプ。

1のタイプだったら飲み会で泣いても問題ないと思います。

むしろ若干自分に酔ってるか、職場に満足感を感じている場合も多いと思います。

悪くはなさそうです。

僕がそうなれと言われたら嫌ですが。

仕事で熱い説教して涙。うーん。。。

それよりも「定時で上がって飲み会無しでスマートに結果出そう」と思わないのが良くわからないのですが、人それぞれって事でいいと思います。

それに確かに熱いほうが冷めてるよりかは良いと思いますしね。

 

問題は2ですよね。

上司に飲み会で説教されて酷い事を言われて泣く。

これって前述したようにパワハラです。

「厳しさ」と「パワハラ」を勘違いして取り違えている上司というかオヤジが多いのが日本社会の痛ましいところですが、厳しさは「職場で時間内に結果を出させるという面」でも発揮して欲しいものです。

定時後の余暇の時間に、料金の発生する飲み会で、説教というパワハラで人を泣かせるのは犯罪と言ってもいいでしょうね。

 

そして何か事故や一悶着あった時は「業務外だった」と言って会社の処分から逃げ回り、特にトラブルでも無い限りは会社での力関係を飲み会にそのまま反映させるという二面性。

僕が飲み会での説教被害者の思いを代弁するのであれば「お前は人に涙を流させる程、何か大きな事をやったのか?悦に浸ってるんじゃねえ!」と言ってやりたくなりますね。

飲み会で説教する上司がパワハラな件についてのまとめ。

  • 飲み会で説教する上司は色々なタイプがいるが、基本的には考えが古かったり人格的に問題がある場合がほとんど。
  • 飲み会での説教はパワハラだし、本当に嫌ならば飲み会に付き合うのを止めるべき。
  • 飲み会が断りにくい場合もあるが、その場合は飲み会を断らないでダラダラと飲み会に行き続けた時の損失の大きさを考えると、ハートに火がついて断るエネルギーになるはず。
  • ちなみに飲み会の説教で泣く人には「会社の仕事に熱い人」もいるが「単純に酷いことを言われて泣く人」も多い。

この話の続きはメルマガでお話しています!

僕のメルマガは完全無料で登録出来ますし、必要ないと思ったらボタン一つで解除可能。

ネットで稼いで人生を変えていく為に必要な話限定企画の案内など盛りだくさんですのでオススメです!



ABOUT ME
カツオ
毎日のシゴトを「魂レベル」で楽しむ僧侶×Webマーケター。インターネットを用いた人気メディア運営のハウツーを伝授するオンラインレッスンを行ったり、法人顧客に対してWebマーケティングのアドバイスを行っている。趣味は筋トレ、ムエタイ、英語の勉強。
こんな記事も読まれています。

POSTED COMMENT

  1. torazou より:

    ホント困りますよね、中年太りおっさんの説教ほど気持ち悪くて哀れなものはないです(笑)
    本当に尊敬出来る方の言うことって物凄く説得力がありますが、所詮サラリーマンの言うことなんて何の重みも感じられないです(笑)

    • 田村カツオ より:

      torazou様、コメントありがとうございます^^
      おっしゃる通りですね…ホント飲み会の説教は勘弁して欲しいです(笑)お金を払って深夜に説教とかどんな試練なんでしょうか?(汗)

田村カツオ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。