ブログアフィリエイトの基本

ワードプレスブログの記事内の見出しの使い方について解説!

[cc id=”8108″ title=”記事冒頭の挨拶”]

  • ワードプレスブログを始めてみたけど記事の見出しの適切な数が分からない。
  • タイトルと最初の見出しがほぼ同じ内容になってしまう。
  • とにかく見出しをどうして良いか分からない。

等など、このような見出しに関するお問い合わせを頂く事があります。

見出しはブログの記事を書いて行く上でとても重要です。読む側にしてみれば文章が見やすくなりますし、書く側も見出しを作る事によって考えが整理され、文章がぶれにくくなります。SEO的な効果もありますので、見出しはしっかり攻略しておきたいところ。

ここではあくまで一例にはなりますが、ワードプレスブログの記事の見出しの使い方について僕が気をつけている部分を説明していきたいと思います。

ワードプレスブログの記事の見出しの使い方を説明。

見出しの使い方1 キーワードを見出しに入れる。

これは基本ですね。選定したキーワードはタイトルだけではなく、記事の中の見出しにも入れていきましょう。

例えば、タイトルが「宮里藍の引退はなぜ?真相はあの病気なんだろうか?」だとしたら、僕ならば次のような見出しを(記事を執筆し始める前に)作成します。

記事タイトル(h1)宮里藍の引退はなぜ?真相はあの病気なんだろうか?

(h2)宮里藍の引退はなぜ?

 (h3)宮里藍が引退した。

 (h3)宮里藍の引退がなぜなのか話題に。

(h2)宮里藍の引退の真相は?

 (h3)宮里藍の引退の真相は諸説あるが…

(h2)宮里藍の引退は病気が理由か?

 (h3)宮里藍は病気だったらしい。

 (h3)○○病とは?

 (h3)宮里藍の引退は病気が理由か?

(h2)おわりに。

 

サジェストや虫眼鏡、関連キーワード取得ツール等でキーワードが表示される組み合わせに沿ってキーワードを見出しに入れていきます。

サジェストの順番通りに見出しにキーワードを入れよう。

記事全体をどういう方向に持って行きたいかによっても見出しの作り方に違いは出てくるのですが、基本的にはサジェストや虫眼鏡で表示される「一緒に検索される組み合わせ」は崩さずに見出しに入れていきます。

一つ目のh2には「宮里藍 引退 なぜ」、二つ目のh2には「宮里藍 引退 真相」、三つ目のh2には「宮里藍 引退 病気」というような感じですね。一つ一つの言葉の順番が入れ替わったりするのはある程度仕方ないと思います。各見出しが綺麗な日本語になるように意識しましょう。

h2より1つ小さいh3の見出しにも同じようにキーワードを入れていきます。h2で入れたキーワードを元にh3にもなるべくキーワードを入れていきます。あまりにもしつこくなり過ぎてしまったり、日本語として成立しない場合はh3の見出しからキーワードを少し抜いても良いと思います。このあたりは加減ですね。

僕の場合、h4以下はキーワードに縛られ過ぎずに自由に見出しを作っています。流石にh4以下もキーワードを入れまくるとどうかな…と思うので。

イッヌ
イッヌ
使っているテンプレートによってはh2じゃなくてh3から記事中で使うものもあるから、そこは各自で確認してみてね。

見出しの使い方2 プロフィールについて。

よく見かけるのが「宮里藍の引退はなぜ?真相はあの病気なんだろうか?」というタイトルで最初の見出しが「宮里藍選手のプロフィール」のような記事です。

確かに宮里藍選手がメインキーワードになっているので、見出しでプロフィールを作って書いても良いのですが、そもそも「宮里藍の引退はなぜ?真相はあの病気なんだろうか?」という記事を訪問する人は

  • 引退理由
  • 引退の真相
  • 病気が引退に関係しているのかどうか

などを知りたい訳(検索意図)ですから、いきなりプロフィールを語られても困ってしまうのではないでしょうか。

そもそもプロフィールってキーワードとして採用していないはずだし、宮里藍の引退について知りたいような人は宮里藍を知っている人が多いでしょうから、引退の話が出ているような時にわざわざプロフィールを見たいとは思わないと思いますが…

例外

但し、あまり知られていないような無名の人物について書く時はプロフィールが導入的にあっても良いとは思います。

また、書く対象について情報を網羅的に書くと上位表示されやすい場合もあるので、ライバルの強さなど状況に応じて考えるのがベストではあります。

見出しの使い方3 読者が次に何が気になるかを意識する。

ワードプレスブログの見出しの使い方を解説。

「前の見出しで疑問が晴れた読者が次に何が気になるかを意識した見出しをつける」というのもポイントです。

 

例えば「プロテインは筋トレに絶対必要なの?効果的な飲み方は?」というタイトルの記事があったとしたら

記事タイトル(h1)プロテインは筋トレに絶対必要なの?効果的な飲み方は?

(h2)プロテインは筋トレに必要なのか?

(h2)プロテインの効果的な飲み方は?

このような見出しになっていくのがまあ自然でしょう。

話の流れ次第ではここで終わってしまっても悪くはないのですが、続いて見出しをつけるとしたらどんな見出しをつけることが出来るでしょうか?

ここまでの流れで読者は「プロテインは筋トレに必要なのかどうか」と「プロテインの効果的な飲み方」が分かっているはずです。

この次に読者は何が知りたくなるでしょうか?どんな疑問を抱くでしょうか?というところを考えて、それを見出しにしてみるのも有効な場合があります。

 

読者は例えば次のような疑問を持つのではないでしょうか?

  • 筋トレをしない日もプロテインは飲んだほうがいいのか?
  • プロテインには副作用は無いのか?
  • プロテインがまずい場合はどうすればいいか?

これらの疑問の先取りする形で見出しにしてあげるのです。そうすると読者の満足度が高い記事になります。また、そういう記事は概して検索エンジンからの評価も高いものです。

終わりに。

ワードプレスブログの見出しに使い方について、実際にブログを複数個運営している立場から自己の経験も踏まえながら述べさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

記事ネタと記事タイトルの次に重要なのはやはり記事中の見出しです。ここを抑えているかどうかで大分差が出てきますので、是非参考にしてみて下さいね!

田村カツオ
田村カツオ
たった一つのブログで僕の人生は激変しました。

ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。(詳しくはプロフィールで!)

今では複数のサイトを運営しアフィリエイト報酬を得たり、法人顧客のSEOコンサル等も行っており、副業の収入がサラリーマン時代の月収を超えています。

メルマガの中でその秘密について話しています。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のノウハウが詰まったテキストを無料でプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。



ABOUT ME
田村カツオ
毎日のシゴトを「魂レベル」で楽しむ僧侶×Webマーケター。インターネットを用いた人気メディア運営のハウツーを伝授するオンラインレッスンを行ったり、法人顧客に対してWebマーケティングのアドバイスを行っている。趣味は筋トレ、ムエタイ、英語の勉強。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。