田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

ブログの記事を投稿したけど、検索結果に表示されるようになったのが数日後で、その時には既にネタの鮮度が終わっていた・・・という悲しい体験。

「それ、私だ」という方もいるのではないでしょうか?

こんな悲劇もブログのインデックス速度が遅いと起こってしまうのです。

これを防ぐ有効な手段のひとつにFetch as Googleというものがあります。ここではFetch as Googleについて解説していきたいと思います。覚えておいて損はありませんよ!

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。

Fetch as Google(フェッチアズグーグル)でブログの記事をすぐにインデックスさせよう!

田村カツオYouTube公式チャンネルではFetch as Googleの使い方を動画で解説しています。テキストでは分かりにくいという方は是非参考にしてみて下さいね(^_-)

チャンネル登録はこちらから!

Fetch as Googleの使い方を解説!インデックス速度をUPさせよう!

インデックス速度とは?

インデックス速度とは?

まず、「インデックス速度」というものについて簡単に説明しておきます。

 

「インデックス」とは、自分のブログやサイトのコンテンツがインターネットの検索結果上に載ってくることで「インデックス速度」とはその速さの事です。

 

ブログを立ち上げたばかりの頃は記事を書いてもすぐにはインデックスされません。普通に数日かかったりします。インデックス速度が遅いからですね。

逆に運営歴が長いサイトや沢山アクセスが集まっているサイトは記事を書いて1分以内にインデックスされたりします。インデックス速度が速いからです。

 

インデックス速度はとても重要で、例えば自分のブログで速報系の記事(何か突然起きたニュースについて書いた記事)を書いてアクセスを集めようとする際はインデックス速度が遅いと話になりません。

あっという間にライバルたちがそのニュースについて記事を書いてしまい、自分の記事がインデックスされる頃には上位表示できる「すき間」が無くなってしまうからです。

 

この様にインデックス速度はブログにPVを集めるにあたって非常に重要な役割を果たすのです。

イッヌイッヌ

せっかく記事を書いたんだから、さっさと検索結果に載せてもらって沢山の人に読んでもらいたいよね。

田村カツオ田村カツオ

その為に重要なのがインデックス速度って訳。

Fetch as Googleとは?

Fetch as Googleしよう!

インデックス速度を上げる為のテクニックのひとつとしてFetch as Googleを使ってみるという事が挙げられます。

Fetch as Googleとは超ストレートに翻訳してしまうと「グーグルを連れてくる」という意味です。要はGoogleのクローラーに自分の記事まで来てもらう事をお願いする機能がFetch as Googleなのです。

 

クローラーとは、インターネット上を回っている機械だと思って下さい。

インターネット上に投稿される新しい情報を整理して、順位付けして、検索結果に載せる(インデックスさせる)のにクローラーが一役買っている訳です。

 

このクローラーが来てくれないと記事を書いてもインデックスはされません。ですので、クローラーに「記事を更新したよー」という事を伝えて、その記事まで来て貰う事がインデックスの必要条件になります。

 

Fetch as Googleをすると、クローラーを自分の記事まで呼び込めます。

長年運営しているWebサイトならともかく、作ったばかりのブログの場合、自分から何もしなければ、中々クローラーはやってきてくれません。

こんな時に活躍するのがFetch as Googleなんですね!

Fetch as Googleの使い方

ではFetch as Googleの使い方について説明していきますね。

 

①まず、Google Seach Consoleを開いて左側の「クロール」という部分をクリックすると、リストが出ますので、その中から「Fetch as Google」を選びます。(下の画像を参照して下さい。)

インデックス速度を上げる方法1


 

②そうしたら下の画像のような画面になりますので、空欄にインデックスさせたい記事のURLを入力します。

 

ここでのポイントは、URLの「ブログ全体で最初の共通の部分」は既に入力済みの状態になっていますので、新たに入れる部分は「その続きの部分」だけでOKという事です。

インデックス速度を上げる方法2


 

③URLを入力して「取得」を押すと、下の一覧になっているリストの一番上に、今取得した記事のURLが出ますので、「インデックスに送信」をクリック。

インデックス速度を上げる方法3


 

④そうすると下の画像のような確認画面になりますので、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「このURLのみをクロールする」にもチェックを入れて「送信」します。

 

※「このURLのみをクロールする」は当該の記事だけにクローラーを呼びます。その下の「このURLと直接リンクをクロールする」は当該記事とその記事からリンクが貼られている同じサイト内の記事にクローラーを呼び込みます。

インデックス速度を上げる方法4


 

以上がFetch as Googleの使い方になります。それほど難しいものではなかったと思います。

 

一応回数が決まっていて「このURLのみをクロールする」は月に500回までしか利用できませんが、恐らく普通のバイタリティの方なら500回を使い切ることは少ないと思います。(「このURLと直接リンクをクロールする」は月10回まで。)

田村カツオ田村カツオ

というか、月に500回もブログを更新する生活なんて自由がなくて耐えられませんね・・・

Fetch as Googleの注意点

Fetch as Googleの注意点とは?

Fetch as Googleの注意点を下記にまとめてみます。

  • 使用回数に月ごとの制限がある事
  • これを使ったからと言ってすぐにインデックスされる訳ではないという事
    (飽くまでもクローラーに来てもらう為のものです。インデックス速度とは別です。クローラーに来てもらう事で結果としてインデックス速度は速くなりますが・・・)

 

注意点というほどのものでもないですが、一応頭には入れておきましょう。

使い方も正直言ってそれほど難しいものではないので、使っていけば分かると思います。慣れるが一番ですね。

【参考】予約投稿はインデックス速度が遅くなる

参考情報として予約投稿についても述べておきます。

 

ワードプレスには予約投稿機能というものがあります。下の画像で言うと、ブログの新規記事の投稿画面の右上にある赤い四角で囲った箇所ですね。

そこに記事を投稿したい日時を入力することで、未来の指定した時間に記事を公開できるのが予約投稿です。

予約投稿のやり方

 

毎日更新を目指している人が、どうしても用事で記事を投稿できない日に予め予約投稿でその日に日時指定しておく、という使い方などがありますね。

 

ただ、僕は予約投稿を使うことはオススメしません。

 

ブログアフィリを行う時、僕は毎日投稿にこだわらなくても良いと思います。毎日投稿するよりは、記事のタイトルとキーワード選定、そして記事内容を良質なものにしていく事の方が更新頻度よりも重要です。

(もちろん更新頻度も大切ですが、それらより優先順位が低いという事です。)

 

そして、何よりもこの予約投稿は指定した日時指定になってもインデックスされないことが多いです。つまり予約投稿はインデックス速度が遅い傾向があるのです。

これは頭に入れておきたいですね。

インデックス速度を上げる一番の方法とは?

最後にインデックス速度を上げる一番の方法について述べておきたいと思います。

 

インデックス速度を上げる一番の方法とは「Fetch as Googleを使うこと」ではなくて「良質な記事を沢山アップして、そのサイトを長く運営して行くこと」です。

 

小手先のテクニックではなくて「本質的」という感じのものですが、これ以上の対策はありません。Fetch as Googleの使用は飽くまでも補助的なものと位置づけて、アフィリエイトを行う際はしっかりとしたホワイトなサイト運営を心がけていくようにしましょう。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。