ブログアフィリエイトの基本

【ブログの芸能人の画像】著作権・肖像権・パブリシティ権的なリスクについて。

カツオのメルマガ

 

芸能人の画像が載っているブログを見た事が無いという人はほとんどいないのではないでしょうか?

特にGoogleアドセンスを使ってアフィリエイト報酬を得るのが目的のトレンドアフィリエイトっぽいブログやまとめサイトでは多くの芸能人の画像が使われています。

一方でコンプライアンスが叫ばれる昨今の状況を考えるとブログで芸能人の画像を使う場合、著作権、肖像権そしてパブリシティ権などの観点から大丈夫なのかな?リスクはないのかな?と不安になる事もあるかと思います。

今回はその点について実際にブログ運営をしている立場から解説をしていきたいと思います。

ブログで芸能人の画像を使う前に抑えよう!著作権・肖像権・パブリシティ権!

ブログで芸能人の画像を使う場合の法律的な問題について。

まず、ブログで芸能人の画像を使う前に著作権、肖像権そしてパブリシティ権と言った法律関係の知識を必要な範囲で抑えておきましょう。

少しだけ眠くなる部分ではありますが、収益化したブログを運営していく中ではとても大事な事なのですから…

著作権とは?

日本では著作権法という法律が施行されており、その中で著作権というものが定められています。

著作権とはざっくりと言うと「自分が作った著作物についての財産的な権利の事で、著作物を売ったり展示したりする等の行為を行う権利」です。

著作物とは人が感情や思考を表現したものの事です。主な具体例としては下記のようなものが著作物にあたります。

著作物

  • 小説や論文などの文章
  • 絵画やイラスト
  • 音楽
  • 写真
  • etc…

芸能人の画像や写真は著作物です。

撮影したカメラマンや芸能事務所が著作権を持っています。

著作権を持っている人物(著作権者)に無断で著作物をブログなどで使ってしまうのは著作権の侵害になります。

つまり、ブログで芸能人の画像を使うのは著作権上問題がある。原則アウトという事です。

イッヌ
イッヌ
要は「他人が作ったものは勝手に使っちゃダメ」って事だね。

カツオ
カツオ
そういう事だね。

肖像権とは?

肖像権とは「自分の事を写真に撮られたり絵に描かれたりして、加工や公開をされない権利」の事です。

これは法律ではっきりと明文化されている権利ではありませんが、判例(過去の裁判の判決)で認められている権利になります。

肖像権の侵害は次の様な行為をした時に起ります。

  • 人物の写真や動画などを勝手に撮影する。
  • 人物の写真や動画などを勝手にインターネット上で公開したり、本にして出版する。

他人の姿が映ったデータをネットで公開するだけでなく、撮影するだけでも肖像権の侵害になってしまうという事ですね。

 

ただし、以下のように肖像権の侵害にならないケースもあります。

  1. 映る人に許可を貰っている。
  2. 人物が誰なのか特定出来ない。
  3. オープンな場所で撮影された。
  4. 想定外に映り込んでしまっただけ。

1のように許可を貰っていれば肖像権の侵害にならないのは分かりやすいですね。

2は後ろ姿だけだったり、写真や動画に映っていても不鮮明だったり小さすぎたりしてどこの誰なのかが特定出来ない場合です。

その場合も肖像権の侵害にはなりません。

3のオープンな場所というのはお祭りやデモ、イベント会場等の公共の場所での撮影で人物が写り込んだ場合ですね。

そういう場所に行くのは自分の姿が撮影される可能性もあると暗に合意していると見なされるので肖像権の侵害にはならないのです。

4の想定外に映り込んでしまっただけというのも理解出来るところだと思います。

肖像権を侵害しているかどうかというのは細かい事を言うと個別の事例に応じて、ケースバイケースで裁判所が判断していく事になるのですが、ポイントとしては今述べたような部分になります。

 

芸能人の画像をブログで使う事が肖像権の侵害になるかどうかですが、基本的には今挙げた1から4の場合に当てはまらない限り肖像権の侵害だと考えられるでしょうね。

イッヌ
イッヌ
小説とか音楽に肖像権はないよ。

あるのは画像や動画、リアルなイラストくらいかな。

カツオ
カツオ
肖像権は「人物の肖像が映っているものに対してのもの」だからね。

小説や音楽には著作権はあるけど、肖像権は関係無いよね。

パブリシティ権とは?

パブリシティ権も法律で明文化されているものではないですが、判例によって確立されている権利です。

これは一般人ではなく著名人に対してのものなのですが、パブリシティ権とは要は「著名人の画像や動画、名前などをお金儲けの為に使ってはいけないという権利」です。

おニャン子クラブ事件(東京高等裁判所平成3年9月26日判決)などによって確立された権利ですが、明文化されているものでは無いので定義などに曖昧な点はあります。

おニャン子クラブ事件

「芸能人の氏名・肖像がもつかかる顧客吸引力は、当該芸能人の獲得した名声、社会的評価、知名度等から生ずる独立した経済的な利益ないし価格として把握することが可能であるから、これが当該芸能人に固有のものとして帰属することは当然のことというべきであり、当該芸能人は、かかる顧客吸引力のもつ経済的な利益ないし価値を排他的に支配する財産的権利を有するものと認めるのが相当である。」
とし、この権利を侵害した現代キャラク社に対して、販売差し止めと商品の廃棄、タレント一人当たり10万円の慰謝料支払いを命じた。

出典元:東京高等裁判所平成3年9月26日判決

カツオ
カツオ
とにかく「著名人・有名人は金儲けに使っちゃダメよ!」という事ですね。

当然、ブログアフィリエイトで芸能人の画像を使用する場合パブリシティ権を侵害している可能性はあると言えます。

ブログで芸能人の画像を使うのは原則ダメ。

ブログで芸能人の画像を使うのは著作権・肖像権・パブリシティ権上のリスクがある。

ブログで芸能人の画像を使う時はこれまで述べてきた著作権・肖像権・パブリシティ権の3つの権利を侵害しないように配慮する必要があります。

ですが、結論を述べてしまうとこれら3つの権利を全く侵害しない状態でブログで芸能人の画像を使うというのはとても困難です。

ブログで芸能人の画像を使う方法については後述しますが、心配な人はブログで芸能人の画像を使うのは避けて置いた方が賢明だと思います。

ネッコ
ネッコ
皆が使っているからと言って何も考えずにそれに乗っかってしまうのは良くないかもね。

カツオ
カツオ
自分のブログなんだから自分で判断したい所です。

芸能人の画像が無くてもブログは運営できる!

芸能人の画像を使わなくてもブログ記事は書けます!

著作権・肖像権・パブリシティ権を侵害しないようにブログで芸能人の画像を使うのは困難と述べましたが、ブログで芸能人の画像を使うのはマストではありません。

芸能ネタを書かなければ芸能人の画像を使う必要はありませんし、芸能ネタを書くにしても画像無しで書く事はいくらでも出来るでしょう。

そもそもブログアフィリエイトは芸能ネタを書かなければいけないと決まっている訳ではありません。

この世界には本当に沢山のネタがありますので、芸能ネタ以外の部分で記事を書いていけば良いのです。

カツオ
カツオ
芸能ネタしか書かない人っているんですけど、別に芸能ネタが悪い訳じゃないしアクセスも集まり易いし書けば良いと思うんですが、それ以外でもネタがあるというのは覚えておいた方が良いですね。

ネッコ
ネッコ
芸能ネタから抜け出せなくなってる人は一度「芸能ネタを書かない週間」みたいなものをやってみて強制的に他のネタを書いてみると良いよ。書いてみると意外と芸能ネタ以外でも書けるものなんだよね。

関連記事:【トレンドアフィリエイト】ネタ切れ知らずのネタの探し方を伝授!

実際はブログで芸能人の画像を使うのは黙認状態…

何故ネット上のブログの多くは芸能人の画像を使いまくっているのか。

ここで一つの疑問が生まれると思います。

イッヌ
イッヌ
芸能人の画像を自分のブログで使っちゃダメって言うけど、皆使ってるじゃん!どういうことよ?

こういう風に思った方…とても鋭いですね。

著作権法で芸能人の写真は保護されているはずなのに、どうして多くのブログでは芸能人の画像が大量に使われているのでしょうか?

イッヌ
イッヌ
特にトレンドアフィリエイト系のブログでは芸能人の画像の雨あられ…!

おそらく多くのブログは、リスクを覚悟した上で芸能人の画像を無断で使用しているのでしょう。

著作権法は「申告罰」という方式をとっています。これは「著作権者が訴えない限り罰されない」というスタイルです。

このロジックは肖像権、パブリシティ権も同様です。

インターネット上には沢山のブログがあり、そのうちの数え切れないほどのブログが芸能人の画像を無断使用している状態です。

権利者がこれらのブログを訴えようとしても数が多すぎて諦めざるを得ない程です。

「数の暴力」では無いですが「皆がやっているから俺もやる」というのがまかり通っているのが現状ではあります。

芸能人の画像を使っているブログはリスクも覚悟しているはず。

ただし、芸能事務所などの著作権を持つ人物が訴えた場合は、芸能人の画像を無断使用している多くのブログは容赦無く罰を受けるでしょう。

可能性は低いでしょうが、損害賠償請求される可能性もあると思います。

また、多くのASPでは著作権違反をしているサイトにアフィリエイト広告を貼るのを禁止しています。通報でもされようものならば、アカウント停止のリスクもあります。

リスクを覚悟した上で、自己責任という事で自分のブログで芸能人の画像を使う…多くの人がやっていますし何か起こる可能性はかなり低いでしょうけど、積極的にはオススメは出来ないですね・・・

イッヌ
イッヌ
やり過ぎじゃなければ良いんじゃない?

カツオ
カツオ
そういう事も言えなくはないと思うけど、最終的には自己責任としか言いようがないよ。

ブログで芸能人の画像を使いたい時はどうすれば?

ブログで芸能人の画像を使うのはハードルが高いと先ほど言ったばかりですが、それでもやっぱり芸能人の画像を使いたいという場面はあると思います。無くは無い。

そこで、どのようにすれば芸能人の画像を問題無く使用出来るか考えてみる事にしたいと思います。

ブログで芸能人の画像を使う方法1 引用する。

著作物は何が何でも許可をとらないとブログで使用してはいけない、という事ではありません。

著作権法では「引用」というものが認められています。一定の要件を満たせば権利者の許可無しでも自分のブログに著作物を掲載する事は可能なのです。

  • ア 既に公表されている著作物であること
  • イ 「公正な慣行」に合致すること
  • ウ 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」であること
  • エ 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
  • オ カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
  • カ 引用を行う「必然性」があること
  • キ 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

引用元:Wikipedia

難しい言葉で書いてありますが、要は「どこかから借りてきている文章や画像であるとはっきり示し、必要最低限の範囲で、仕方なく使う」のであればOKという事です。

 

ただし、引用しているとは言え芸能人の画像を使っているという事は、肖像権とパブリシティ権は侵害していると言えるかも知れません。

このあたりの解釈は非常にあいまいではありますが…

ブログで芸能人の画像を使う方法2 SNSを埋め込む。

芸能人の画像をブログで使いたいのであれば、本人のTwitterやインスタグラムなどの投稿を「埋め込み機能」を使ってアフィリエイトブログに埋め込むのは一定有効かも知れません。

というのはTwitterやインスタグラムには投稿をブログなどの媒体に埋め込んで拡散できる機能が付いており、Twitterやインスタグラムを使うという事はそれに同意しているとみなす事が出来るだろうからです。

この方法だと著作権と肖像権は多分大丈夫だと思われます。多分。

パブリシティ権については未知数ですが、元々パブリシティ権自体が「その人物を使って商品を作って売った」とかじゃないと問題にならないくらいのものなのでリスクは低いとは思われます。(あくまで自己責任での判断をお願いします。)

参考として埋め込みの方法を下に載せておきます。


【twitter】

Twitterの埋め込み

ツイートの右上の「v」をクリックすると「ツイートをサイトに埋め込む」と出てきますのでそこから埋め込みコードをコピーする事が出来ます。


【Instagram】

インスタの埋め込み

写真をクリックし右下に出た「…」をクリックすると真ん中に「埋め込み」と出ますのでそこから埋め込みコードをコピー出来ます。

ブログで芸能人の画像を使う方法3 権利者に許可を取る。

権利者に許可を取ってしまえば怖いものなしです。

芸能人の場合は多くの場合、芸能事務所が権利者でしょうから、そこに許可をとる。

ただし、現実的には難しいでしょうね。

ネッコ
ネッコ
これが出来たらスゴイと思う。

ブログで芸能人の画像を使う方法4 節度を守って使う。

多分、一番現実的なのがコレでしょう。

ブログで芸能人の画像を使いたいのであれば「節度を守って使う」という事です。

前述したように引用したり、SNSを埋め込んだりするにしてもとにかく節度を守る。危ないところは攻めないという姿勢が大事で無難だと思います。

  • 画像を使わせて頂く芸能人の方の批判はしない。
  • SNSの埋め込みや引用を使用してリスクを下げる。
  • ジャニーズやディズニーの画像、個人のイラストレーターや個人の写真家の方などの作品はブログでは使わない。(これらの権利者は著作権、諸々の権利に対して厳格な姿勢を取っている事で知られています。)
  • そもそも画像の使用頻度を最小限に留める。

ただし、脅すわけではないですが、これらの事をしていたとしても著作権・肖像権・パブリシティ権は申告罰です。

権利者が訴えれば(訴えが裁判所で認められるかは別として)何らかの問題にはなりますので、その点はブログ運営者としてリスクを把握した上で芸能人の画像は使っていくべきでしょう。

ブログの芸能人の画像使用についてのまとめ。

ブログで芸能人の画像を使う事についての著作権、肖像権、パブリシティ権と言った諸々の問題との絡みの部分について一人のブログ運営者として意見を述べてきましたがいかがでしたでしょうか?

多くの場合、よほど悪質な事をしなければ問題にはならないとは思われますが最終的には自己判断になります。

法律的な権利やリスクを十分考えた上で、適切なブログ運営をしていきたいですね。

P.S.

僕は会社での面倒くさい人間関係や飲み会、パワハラが嫌になり、無計画に会社を辞めました。

その結果、一時的には月収10万円も稼げないような状態になりましたが、ブログマネタイズからビジネスを始め、今では副業での収入が月30万円は安定的に。それ以上の月も全然ある状態です。

その時のストーリーやノウハウなど、表のブログでは書けない事をメルマガでは公開していますので、良かったらメルマガ登録してみて下さい。

完全無料です。

カツオのメルマガ
 

※携帯電話のメールアドレスでは登録出来ませんのでご注意下さい。

GmailやYahooメールなどがオススメ。

ABOUT ME
カツオ
ノマド坊主。東南アジアが好き。キックボクシングが好き。ヨガが好き。大学卒業後にブラック勤務を経験。逃げるように坊主になるも、お金が無くなり、絶望的な状況に。 PC一台で個人ビジネスが出来る事を知って実践してみたところ、月収10万→30万→100万と割と順調にステップアップ。 今は田舎で自由に楽しく緩くノマド坊主的ライフスタイルを楽しんでいる。
こんな記事も読まれています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。