田村カツオ田村カツオ

こんにちわ。田村カツオです。

ブログの記事の盗用というものがこの世にあるとは知りつつも、まさか自分に降りかかるとは思いませんでした。

少し前の話ですが僕のアフィリエイトブログの記事、画像、デザイン、等ほぼ全てが勝手にコピーされパクられていたのです。(注:このブログではないです。)さらにその「盗作サイト」からは本家である僕のブログまで沢山の被リンクも貼られていました。流石に困ります。

今回はその対処法についてお話していきたいと思います。

田村カツオのメルマガ登録ボタン

メルマガ(無料)をやっています。興味のある方はどうぞ!(^^;)

僕のブログの記事が勝手にコピーされパクられた。被リンクも貼られた。盗用って最悪だ。

ブログ盗作&被リンク事件の概要

ブログの記事をいつの間にか勝手にコピーされてリンクまで貼られていた。

ある日僕がグーグルサーチコンソールを見ていると管理しているアフィリエイトサイトの一つに妙なサイトからの被リンクが確認出来ました。1個や2個というレベルのリンクならば気にしないのですが200くらいの数があったので流石に気になり、そのサイトを見てみる事に。

 

見てビックリしました…!僕のアフィリエイトサイトと記事の本文、デザイン、コメント、画像等がほぼ全て同じ、パクリの劣化ゴミコピーサイトがそこにはあったのです。違うのは以下の点だけでした。

  • サイト名が「商品紹介の文言」になっているという事。(「欧米デザインキッチンテーブル  185×70cm+ひざ掛け 2点セット キッチンテーブル長方形 日本製 セット」のような感じ。)
  • 記事タイトルが「紹介紹介の文言」になっているという事。(サイト名と同じような感じでした。)
  • コメント欄下に恐ろしい数の「商品紹介の写真」が貼られているという事。

よくインターネット上で盗用の話は見たり聞いたりしますが、まさか自分の身に降りかかるとは…しかも自分のサイトにおぞましい数の被リンクまで貼られている状態…

確かにアフィリエイトを実践しているとブログに限らず他サイトの記事を引用する事はあります。しかし、その場合は引用する文量は極一部ですし、引用と分かるようにタグを付け、出典元を示しますよね。

そういう形ならば僕も何も言いませんが、ほぼ全てパクって悪質な感じにエッセンスを加えて僕のサイトに被リンクまで送っているとは見逃す事は出来ませんよね。(低品質なサイトからのリンクはSEO上マイナスです。)

全く、どこのアホがこんな事をやったのでしょうか?

あなたもブログについている被リンクはチェックすべき。

ブログについている被リンクの確認方法は?

自分の管理しているサイトの被リンクがどのサイトから飛ばされているかについてですが、それはGoogle Search Consoleにて確認します。

 

①Google Search Consoleにて確認したい自分のサイトのプロパティ画面に飛び、左側の「検索トラフィック」→「サイトへのリンク」をクリックします。

 


②すると下の画像の様に自分のサイトに貼られている被リンクが一覧で確認できます。

表示されているURLをクリックしていく事でリンク元のページがどんなサイトなのかも確認出来ます。実際にそのサイトを見てみてスパムサイトや低品質な感じのサイトであれば、是非リンクを外してもらいたいですね。

ヤフーとかグーグル等の大手の優良サイトからのリンクがあったりするのはSEO的にも大歓迎なのですが、低品質なサイトであればあなたのサイトのSEO評価が下がってしまうかも知れません。

グーグルアナリティクスは頻繁に見るけどサーチコンソールはあまり見ないという人は意外と多いのかも知れません。ですが、そこはしっかりと改善してサーチコンソールもしっかりと頻繁にチェックするべきです。

僕は今回の事があったので尚更そう実感しています。

ブログ記事をコピーされパクられた。更にそのサイトから被リンクを送られていた場合の対処法。

ブログの記事をコピーされパクられてリンクも貼られた時の対処法

僕の自分のアフィリエイトサイトがゴミサイトに勝手にコピーされ、更にそのゴミサイトから知らない間に被リンクまでもらっていました。この件で僕がどうしたのか。以下に対処法について述べていきます。

サイト運営者に記事の削除依頼を出す。

一般的な方法はコレでしょう。「サイト運営者に記事の削除依頼を出す。」というもの。

自分の記事の盗用をしているサイトを見つけたらそのサイトのお問い合わせフォームやコメント欄を利用して「盗用は止めて欲しい」という旨をしっかりと伝えるべきです。

僕の場合は前述の通り、ほぼ全てのコンテンツをそのまま盗用されていたので、この方法は使えませんでした。一部記事のコピー・盗用ならまだしもサイトを全部コピーする野郎がこちらの申し出に対して応じる可能性は低いでしょう。「削除してくれ」=「サイトそのものを消してくれ」という事になってしまいますからね。

グーグルにインデックスからの削除を依頼する。

今回、僕はこちらの方法はとっていないのですがグーグルにインデックスからの削除を依頼する事も可能です。→「Google からコンテンツを削除する

 

著作権の侵害を理由にインデックス結果からの削除を申請する。これもパクリサイトに対しての手段の一つとしては有効ですね。

ただ僕のアフィリエイトサイトはちょっと芸能関係の画像も拝借している部分もあったので、「100パーセント綺麗な体か?」と聞かれたら自信が無かったので、これは使いませんでした(笑)

別に自分が悪いことをしているとかそういう事ではないですし、僕がアフィリエイトサイトで芸能関係の画像を拝借しているのと、サイトをほぼそのまま丸パクリするのではレベルが違うのですが、些細な事から目立ってしまっても嫌だな…と思ったのです。

被リンクを拒否する。

リンクを否認するツールというものも存在します。これはリンクそのものを消すのではなく、「グーグルがそのサイトを評価する時に否認した被リンクについては評価上考慮しないようにする」というものです。

注意点としては優良サイトサイトからのリンクを間違って否認してしまうと大きなマイナスとなりうるという事です。本当に自分のサイトにとって有害なリンクを否認する場合のみ、慎重に使いましょう。

 

①Google Search Consoleにて「検索トラフィック」→「サイトへのリンク」をクリックしてサイトへのリンクの一覧を表示する。そして「詳細」をクリックする。

 


②「その他のサンプリンクをダウンロードする」をクリックして、ファイルをダウンロードします。

 

そしてそのダウンロードされたファイルを元にテキストファイルを作るのですが、少し注意点があります。以下Search Console ヘルプからの引用です。

  • 1 行につき 1 つのリンクを記載します。
  • あるドメイン(例: example.com)からのリンクをすべて無視するよう Google に指定するには、「domain: example.com」という行を追加します。
  • 否認するリンク以外の情報を記入する行の先頭には「#」文字を追加してください(# で始まる行はすべて無視されます)。
  • 自分のサイトへのすべてのリンクのリストをアップロードしないようご注意ください。アップロードするのは、Google に無視するよう指定するリンクのみが記載されたテキスト ファイルです。

 


③手順②で作成したテキストファイルをグーグルにアップして被リンクを否認してもらいます。(繰り返しになりますが「有益な被リンク」まで削除してしまわないように注意です!
まずリンクの否認ツールのページに行き、「リンクの否認」をクリックします。

 


④この画面に進みますので、もう一度「リンクの否認」をクリックします。

 


⑤「ファイルを選択」をクリックして、先程作成したテキストファイルをアップします。そのテキストファイルに載っているリンク元からの被リンクが否認される形になります。

「送信」「完了」をクリックするのを忘れずに。

リンクの否認3

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕のアフィリエイトサイトが悪質な奴によってコピーされていて、被リンクまで送られていてSEO上問題ありそうだったという実体験から始まって、そのような場合の対処法までご紹介しました。

僕と全く同じような目にあっている方もいるかも知れませんし、パクられたと言ってもほんの一部だけで、別に被リンクは送られていないという方もいるかも知れません。あくまでもこの記事は参考という事で活用していただければと思います。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。