設定

ブログの記事削除とnoindexの効果や違いは?どのように使い分ける?

ブログのメンテナンスを行う際に、記事削除とnoindexタグの使用を行う事があります。

しかし、どちらが良いのか迷う事もあるでしょう。

そこでここでは記事削除とnoindexの効果や違い、どのように使い分けていくべきかについて説明していきたいと思います。

カツオのメルマガ

ブログの記事削除とnoindexの効果や違いは?

ブログの記事削除とnoindexの効果と違いについて説明していきます。

記事削除とnoindexの効果

pc

まず効果ですが、これは記事削除もnoindexも同じで、検索エンジンからの評価向上です。

低品質な記事に限りますが、記事削除やnoindexタグをつける事で検索エンジンからサイト全体の評価を向上させる事が出来ます。

 

また、超・超・超微々たるものですが、記事削除するとその分だけサーバーのデータ使用量が減りますので、容量の節約になります。

カッパ君
カッパ君
これはあって無いようなものだね。

もう一つ付け加えておくと、過去のクソ記事=つまらない記事なので記事削除にしろnoindexにしろ、人から見えないようにしておくと読まれなくなります。

クソ記事が読まれてしまうと、読者は「なんだこのクソブログは!」と思ってすぐに離脱してしまうかもしれません。

そういう観点で言うと、クソ記事を記事削除したりnoindexにする事で離脱率を下げたり、サイト内回遊率を高める事が出来ますね。

(なお、後述しますがnoindexにする記事は必ずしもクソ記事とは限らないです)

記事削除とnoindexの違い

次に記事削除とnoindexの違いですが、当たり前ですが

  • 記事削除 = 記事がサイトから消える。
  • noindex = 検索結果に載らないだけで記事そのものは残る。

という事です。

 

記事削除をしてしまうと、管理者も含めて、その記事を閲覧できる人は世界からいなくなります。

一方でnoindexタグをつける処置をした記事は検索結果には掲載されませんが、内部リンクなどを使って読者に読んでもらう事は可能です。

また、noindexされた記事がSNSのシェアや被リンクなどを多く獲得していた場合、noindexされたとしても記事そのもののSEO効果は残り、ブログ全体にいい影響を与えてくれる事もあるようです↓

noindex を設定していても、そのページに対して付けられているナチュラルリンクが多かったり、ソーシャルのシェアが多い場合は、ページに対するSEO効果は残る。

そして、そのSEO効果は、そのページからリンクを貼っているサイトやページにも受け渡される。

引用元:noindexの使い方

もう一つ付け加えておくと、noindexタグをつけた記事であっても、何故か検索エンジンのバクのようなものでindexされてしまう事もあります。

カツオ
カツオ
僕も過去に1回ありました。静観していたら直りましたが…



記事削除とnoindexはどのように使い分けるべき?

使い分け

記事削除とnoindexをどのように使い分けるべきかについて説明します。

カツオ
カツオ
絶対的な正解というのは無いですが、参考にしてみて下さい。

まず、記事削除とnoindexですが、僕の場合は

  • 過去6ヶ月間で殆どアクセスが無いような記事
  • 検索順位が21位以下の記事

のいずれか、または両方を満たす記事に対して行います。

(記事修正を行う事もありますが、その方法については別記事にて)

 

その上で記事削除についてですが、これは救いようのないゴミ記事に対して行いましょう。

もう必要ない。消えろ!という記事は容赦なく削除していきます。

リライトしようとしても、直すところが多すぎて一から書き直した方が早いような記事は記事削除でOKです。

 

一方でnoindexについてですが、これはアクセスも無いし、順位も低いけど記事として残しておくべき、残しておいて損はないという記事に対して行います。

カッパ君
カッパ君
クソ記事って感じじゃないけど検索エンジンからの評価が低い記事ね。

何らかのノウハウなどを書いた記事などが上位表示出来ずに埋もれてしまっても、内部リンクでつなぐ事で活用出来る事もあります。

また、お問い合わせページやタグページ、カテゴリーページなど一般的には検索エンジンから低評価を受けやすいページ等もnoindexにしておくべきですね。

タグページ
記事についているタグをクリックするとジャンプする、そのタグがついた記事が一覧で見れるページ。

カテゴリーページ
記事に設定されたカテゴリーをクリックするとジャンプする、そのカテゴリーがついた記事が一覧で見れるページ。

noindexにした記事を一覧で確認するには?

どの記事をnoindexにしたか確認したい時は、Googleサーチコンソールで行います。

➀Googleサーチコンソールにログインして「インデックス」→「カバレッジ」を選択。

Googleサーチコンソールの画面

 

②「送信された URL に noindex タグが追加されています」の部分をクリック。

Googleサーチコンソールの画面

 

③noindexにしてある記事を一覧で確認出来ました↓

Googleサーチコンソールの画面

記事削除とnoindexで気を付ける事。

記事削除する際に気を付ける事は、まず内部リンク切れです。

削除してしまった記事へ飛ばしている内部リンクがあった場合、リンク切れになってしまいます。

記事削除するなら、そのような事にならないように注意しましょう。

テキストリンクならばプラグインで検知できたりしますが、ブログカードを使用している場合検知できなかったりしますので…

関連記事:【ブログカードとテキストリンク】クリック率が高いのはどちら?回遊率・直帰率は?

また、記事を削除した場合、その記事で使用していた画像も忘れずに削除しておくべきです。

無駄な容量の使用になりますので…

ただし、一枚の画像を複数の記事で使いまわしている場合は削除してまうと、他の記事で画像が表示されなくなるので要注意!

 

noindexについては、よくあるのが「noindexにしているのを忘れてしまい、数ヶ月後に上位表示させようとしてリライトなどしてしまう」という事です。

自分でnoindexにした記事はしっかり覚えておくようにしましょう。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。