ブログアフィリエイトの基本

【今日から出来る】ブログの記事ネタが見つからない場合の改善策と考え方!

ブログの記事ネタが見つからない!と困った事は誰でもあるのではないでしょうか?

一方で「記事ネタなんか無限大にある」というのもよく言われる事で「自分が悪いんじゃないか?」と思ってしまう人もいるでしょう。

そこでここではブログの記事ネタが見つからない場合の改善策と考え方について述べてきます。

僕はこの記事を書いている時点でのブログ歴が4年程であり、記事ネタには凄く沢山悩んできた経験があります。

そんな経験と心理学的な根拠なんかも交えつつ、お話していきますね!

カツオのメルマガ

ブログの記事ネタが見つからない場合の改善策と考え方!

ブログの記事ネタが見つからない場合の改善策と考え方は、細かいテクニック的な部分をのぞけば2つだと僕は思っています。

そのテクニックなどは下記記事を参照してもらえれば分かると思います。(昔の記事で恥ずかしいのですが、参考にはなるはずです)

関連記事:【トレンドアフィリエイト】ネタが無い時の対処法【PC眺めるだけにならない為に】

関連記事:【トレンドアフィリエイト】ネタ切れ知らずのネタの探し方を伝授!

記事ネタが見つからない時の改善策&考え方とは

  1. 好きなカテゴリーだけを書くブログにする。
  2. アクセス数や上位表示を気にし過ぎない。

なのですが、以下一つひとつについて説明していきますね。

好きなカテゴリーだけを書くブログにする。

好きなカテゴリーを書くブログにしよう。

記事ネタが見つからない場合の考え方として、「好きなカテゴリーだけのブログ」を運営するというのはとても重要です。

 

「ネタなんか何でもある」と選択肢が多い状態でネタを決めるのはかえってストレスであり、記事ネタが決まらないからです。

 

特に雑記ブログでありがちなのですが、

  • 何でも書いてOK!
  • 何でも記事ネタになる!

という状態だとかえって悩んでしまって記事ネタが決まらないのです。

カッパ君
カッパ君
これはマジであるある。

選択肢が異常に多い状態で決定が出来ないというのは決して甘えではなく、心理学的な根拠に基づくものです。

 

コロンビア大学の教授であるシーナ・アイエンガー氏が行った実験の結果が有名なのですが、

  1. 24種類のジャムが並ぶテーブル6種類のジャムが並ぶテーブルを用意した。
  2. どちらのテーブルでも試食した人数は同じだった。
  3. しかし、6種類のジャムのテーブルの売り上げは24種類のテーブルの10倍だった。

という「ジャムの法則」と言われるものがあります。

ジャム

選択肢があまりに多いと、選択する際のストレスが増えてしまって結局、決める事が出来ないというのが人間なんです。

 

だから、「何でもブログの記事ネタに出来る」と言われてきた貴方が記事ネタに困るのは普通の事。

カツオ
カツオ
安心して下さい。

 

そうならない為に「何でも書くブログ」じゃなくてある程度カテゴリーを決めて運営するのはとても有効です。

本当に「何でもごちゃ混ぜブログ」じゃなくて「映画とドラマ関係のブログ」にするとか。

イケメンとライフハックのブログにするとか。

 

重要なのは選択肢をある程度狭めて、選択のストレスを減らすって事です。

その上でトレンドを追いかけるブログをやりたいならそうすれば良いし、ロングレンジ記事多めのブログをやりたいならそれでOK。

成約型アフィリエイトをやったっていい訳ですし、芸能系だってなんだってOK。

 

選択肢を狭めるとアクセスが集まらないのでは無いかと思う方もいるでしょうが、そんな事はないです。

そんな事を言ったら特化型ブログでは成功出来なくなってしまいます。

 

それに雑記ブログを運営していても結局、その人によって好みの記事が分かれてきて、偏りは出てきます。

雑記ブログで特定のカテゴリーの記事ばかりが増えるってよくある事ですしね。

そういう事になってしまうんだったら、最初から特定のいくつかのジャンルだけしか書かない、みたいなルールを自分の中で決めておく事で記事ネタが決めやすくなるというのがポイントなのです。

アクセス数や上位表示を気にし過ぎない。

細かいデータは気にし過ぎない。

もう一つの考え方が、記事ネタを決める際にアクセス数や上位表示を気にし過ぎないという事です。

 

そこを考えすぎると、記事ネタが全然決まらなくなるから。

 

もちろん、アクセス数や上位表示の可能性、検索ボリュームと言った諸々のデータは凄く大事です。

おろそかにすべきではありません。

カツオ
カツオ
というか大事です。

しかし、それらを過度に気にし過ぎるのは、少なくとも個人のブロガー・アフィリエイターには良くない部分もあるという事です。

 

検索エンジンのアルゴリズムは完全には分かりません。

ライバルが強大だと上位表示出来ないとは言いますが、記事を書いてみると意外と上位表示出来たりもします。

今検索ボリュームが少ないキーワードであっても、将来予想外に伸びる事もあります。

 

だから、色々なデータを気にし過ぎても分からない事もあるのだから、記事を書け。打席に立て!というのが重要。

記事ネタが決まらなくて悩んでしまうくらいなら、一旦諸々のデータを置いておいて、書きたい記事を書けば良い。

データは重要だけど、それ以上に「その書こうとしている記事が、自分のブログに必要な記事かどうか」をしっかり考えて記事ネタを決めましょう。

 

こう考えると記事ネタがとても決めやすくなりますよ!

 

ちなみに僕は検索ボリュームやライバルなどを無視しろと言っているのでは無いので、そこはご了承ください。

そういうデータは大事で、必ず向きあう部分ですけど、100%の信頼が出来る部分じゃないし、する必要もない。

普段はライバルチェックや上位表示の可能性について考えつつも、迷ったら「この記事、ブログにあっても良いかな?必要かな?」という視点で考えると、記事ネタが決めやすくなるという事が言いたいのです。



それでもブログの記事ネタが見つからないという人へ。

記事ネタで悩む男性

ここまで紹介してきた2つを抑えて頂ければ、記事ネタもかなり見つけやすくなると思います。

しかし、それでも記事ネタが見つからないという人は深呼吸して次の事を考えてみて下さい。

 

貴方はブログを書く環境が整っていますか?

 

ブログをやる環境を整えるのはとても大事で、それが整ってないと記事ネタは見つかりません。

(というか記事も書けないし、キーワード選定も出来ないし、継続出来ません)

 

人間は環境に大きく左右される生き物だからです。

 

静かに集中できる部屋、座り心地の良い椅子、使いやすいPC。

こういうものがあれば、記事ネタも探しやすいでしょう。

 

逆にそういうものが全く無く、そもそも仕事が忙しくブログに費やせる時間が1日で殆どない、という人がブログの記事ネタを決めるのは無理です。

(というか、ブログ以前の問題です)

 

僕はこのブログの中で記事ネタを見つける方法やテクニック、今回もそのようなお話をしてきました。

しかし、もしかしたらブログの記事ネタが決まらないという人が一番出来ていないのが環境を整える事なのかも知れません。

 

ブログに打ち込める環境にあるかどうか。

是非見つめ直してみて下さい。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。