田村カツオ田村カツオ

こんにちわ。田村カツオです。

小学生時代、FF6でラスボスのケフカ直前のセーブデータを弟に消されてキレたことがあります(笑)当時の大人には笑われましたが、本人は真剣なんですから怒るのも無理はない!(笑)

さて、今日はバックアップについてです。何らかのサイトを運営している場合はそのバックアップを取ることが不可欠です。いつ何が起こるか分かりません。

簡単なバックアップの方法としてはFFFTPを使うことなのですが、何故か「バックアップできない」ケースが多いです。その時の対処法について実体験を元にご説明していきますね。

田村カツオのメルマガ登録ボタン

メルマガ(無料)をやっています。興味のある方はどうぞ!(^^;)

はじめに基礎知識について說明。

ワードプレスで運営しているサイトは「サーバー」と「データベース」という2つの場所にデータを保存しています。

ですので、ワードプレスサイトは「サーバー」と「データベース」の2箇所のバックアップを取らないと駄目です。片方だけとって安心しないように注意が必要です。

ワードプレスではないWebページの場合は「サーバー」のバックアップのみで事足ります。

まずはこの点について理解しておく事が重要です。

サイトのバックアップは必須!

サイトのバックアップは必ず必要です。自分のブログやサイトを運営していると、コンテンツ作りやデザインに一生懸命になってしまい、技術的に絶対的に必須と分かっていてもおろそかになってしまう部分というのはあると思います。だって人間だもの(笑)

 

しかし、だからと言っておろそかにしていると痛い目を見たり、困ったりする事もあります。

サイトのバックアップはその一例でしょう。自分の運営するサイトが何らかの悪意を持った人間によってアタックを受け、壊れてしまう心配がないと誰が言い切れるでしょうか?平和ボケして油断していると命取りになります。ましてやネットビジネスなどでお金を稼いでいる人にとっては死活問題です。

僕は技術的に大したものを持っている訳ではありませんが、それでもバックアップの重要さは認識しています。貴方もバックアップ、何もやっていないなら、今すぐやりましょう!

FFFTPでバックアップができない時の対処法!FileZillaを使おう!

バックアップのとり方は大きく分けて2種類あります。

  • 定期的にとるか
  • 一気にとるか

の二択です。この記事のテーマでもある「FFFTPでバックアップが出来ない場合」というのは「一気に」バックアップを取ろうとするケースです。

一気にバックアップを取る場合は、ケースとしては「運営しているサイトのサーバーを変えたりする時」が多くなるでしょう。サイトを譲渡したり、契約先のサーバーを変えるケース等が考えられますね。

 

バックアップを取る、というと難しく感じますが、大したことありません。決められた箇所をクリックするだけです。ですのでFFFTPでサイトのバックアップを取るのは超簡単(なはず)です。

やり方は以下の通りです↓

FFFTPでサーバーバックアップをとる!FFFTPを開き、向かって右側にサーバーに保存してあるデータが表示されます。

サイト別に表示されていますので、バックアップをとりたいサイトを選択して右クリック→「ダウンロード」を押す。それか左側の青い矢印をクリックするだけです。

それで貴方のコンピューターに当該サイトのサーバーのバックアップが保存されます。データ量が多いので時間はかかりますが、簡単ですよね?

でも、この手順の中でFFFTPはとてもエラーが起こりやすいのです(汗)FFFTPのエラーでバックアップがとれない。何というか「エラーが起こりやすい」というか「エラーしか起こらない」くらいの状態です(笑)(僕は一瞬、バックアップを取るのを諦めかけました。)

 

で、これに対しての対処法なのですがとても簡単です。FFFTP以外のFTPソフトを使えば良いのです。

オススメはFileZillaです。(この名前は「ゴジラ」に由来しているらしいですよ。)

やり方はほとんどFFFTPの場合と一緒です。保存したいサイトを右側の一覧から選んで「ダウンロード」するだけ。あまりのスムーズさに感動すると思います(笑)

 

なお、FFFTPやFileZillaなどのFTPソフトで取れるバックアップというのは「サーバー」のバックアップです。「データベース」のバックアップはまた別になります。

この記事の「はじめに ~基礎知識~」で述べた通りですので、ご注意下さいね。

プラグインBackWPUpでもバックアップは取れる。

バックアップは「一気にとる」か「定期的にとる」かだと前述しましたが、この章では「定期的にとる」方の解説をしていきます。

定期的にバックアップをとると言うのは、まさに「もしもの時の為に備える」ということですね。ただ、正直言って日々の忙しい中で、バックアップなんて手動でとってられません。ルーティーンワークはなるべく減らしたい。そんな人は機械的にバックアップをとる仕組みを作っておきましょう。

 

僕のようにワードプレスブログを主に運営しているのならばプラグイン「BackWPUp」がオススメです。設定さえしてしまえば、後は放置で定期的にバックアップをとってくれる優れものです。これがあるだけでも精神衛生上、あなたの生活の質は上がると思います(笑)

 

このプラグインの優れたところは「サーバー」のバックアップも「データベース」のバックアップもとってくれるという事です。FTPソフトだと「サーバー」のバックアップしか取れないので、「データベース」についてはまた別途バックアップをとる必要がありました。

BackWPUpというプラグインはちゃんと設定さえしておけば、そんな事は全く気にせずに自動でバックアップをとってくれるのでとても良いですね!

(なお、BackWPUPは定期的なバックアップに向いているプラグインですが、「一気に手動で」バックアップをとる事もできますよ。)

あとがき

  • FFFTPでサーバーのバックアップが取れない時は別のFTPソフトを使ってみよう。
  • サーバーのバックアップはデータベースのバックアップとは別物なので注意が必要。
  • 定期的にバックアップを自動でとるのであればプラグイン「BackWPUp」がオススメ。

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。