会社や働き方についての話題

上司にキレる人がクビにならない理由。というかキレても良いかも?

上司にキレたいと思った事って会社員なら誰でも一回はあるんじゃないでしょうか?

それでもグッとこらえて来て、それでもやっぱり許せない…

僕もそうでした。そして、実はバカ上司にキレた事もあります。

ここではそんな僕の経験も踏まえながら上司にキレる=クビでは無いという事についてお話していきたいと思います。

カツオのメルマガ

上司にキレる人がクビにならない理由。

上司にキレる人がクビにならない理由。

上司にキレるとクビになるんじゃないかと心配する人も多いと思いますが、安心して下さい。

多分、上司にキレてもクビにはなりません。

 

日本の労働システムって社員をクビにするのはハードルが高いからです。

また社員を簡単にクビにする文化もないからです。

 

まず、正社員であったら、解雇には正当な理由が必要です。

労働契約法という法律があり、日本の労働者は中々解雇されないように守られているのです。

第十六条  解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

引用:労働契約法第16条

これは皆の生活を守る為ですね。

あまりにも会社が自由にクビに出来るシステムだと、誰もが安心して会社勤め出来ませんから…

上司にキレたと言っても、それが傷害事件になったりしない限り、意見のぶつかり合いってのはどこでもある事ですし、正当な解雇事由には当たらない事が多いのです。

 

契約社員やアルバイトの場合は正社員よりもクビにするハードルは低いですが、それでも中々クビにはなりません。

雇用というのは法律の問題もありますし、そもそもその人がいなくなると仕事が回らなくなる可能性もあるからです。

日本の会社って結構人員をギリギリで回してるところって多くて、「辞められると困る!」みたいなところは多いです。

 

実際、僕が以前いた会社でも物凄いバイトのモンスターおばさんがいて、上司に対して「死ぬまで働け」みたいな事を言ってましたけど、それでもクビにはなりませんでした。

カツオ
カツオ
あれはクビでも良かったと思いますが

そういう法律とか労働環境的な問題もそうですが、日本って一緒に働く人を仲間として強く保護するみたいな空気があるので、中々クビっていうのは少ないですよね。

ですので、そういう背景もあって、日本では会社でバカ上司にキレてもクビには中々なりません。

 

これがアメリカだったら全然違います。

アメリカっていうのはガンガン首を切る文化ですし、そういう社会の仕組みです。

よく日本の会社はダメで、アメリカ式じゃないとダメだ!って主張する意見もあるようですが、アメリカはアメリカで大変な部分がある。

アメリカってトップダウンな国なので、日本以上に上の言う事は絶対です。

アップルのスティーブジョブズさんがエレベーターで一緒になった社員をクビにしまくってたって話は有名ですし、トランプ大統領の側近もよく入れ替わりますよね。

 

アメリカは日本よりもずっと上司の力が強く、部下がキレたりしたら一瞬でクビです。

まあ、それは極端だとしても

  1. アメリカで上司にキレる。
  2. 閑職に追いやられる。
  3. そこの仕事が必要なくなったからクビ。

っていうコンビネーションはよくあるみたいですよ。

 

そういう身近な国と比べるとやっぱり日本はクビにはなりにくい国なんですね。

カツオ
カツオ
だからと言って日本の労働環境が良いって事にはなりませんが…



上司にキレると良い事があるかも?

拍手する上司

ちなみに日本で上司にキレると良い事がある場合もあります。

 

キレる=堂々としてる・信念があると受け止められる場合も多いですし、「こいつは言いなりにはならない」と上司に思わせられるからです。

 

僕も6年間会社員を経験しており、その間どうしても許せない事があったので上司にキレた事が2回だけありました。その内の1回の話をしときます。

カツオ
カツオ
もちろん普段は温厚で優しいですよ!

僕は(というかそういう人は多いでしょうけど)他人に対して基本的には低姿勢で、あまり深く干渉はしないタイプです。

グイグイはいかない草食系とでも言いましょうか…

特に会社ではそうでした。

ですので、上司にはかなり舐められていて、他の年配のおじさん社員や女性社員はミスをしても好き勝手やっても怒られないのに、僕だけが理不尽に怒られるみたいな状況が数か月続いた事があったんです。

 

で、ある時、僕がまた何か小言を言われていて、限界に達したので

何でそんな言い方するんですか!?

俺が何か悪い事したか!?

他の奴らはどうなんだ!!!

と怒鳴った事があります。

 

オフィスがシーンとして、上司もびっくりしてました。

カツオ
カツオ
ちなみに上司は禿げてました。

興奮していて、その後の事はそこまでよく覚えていないのですが、それから社内で僕の評価は「芯のあるやつ」みたいな評価に変わっていたのです。

普通に過剰な理不尽に対して戦っただけなんですが(笑)

 

会社に限らず、こういう事ってよくあると思います。

何も抵抗しないから舐められる。

でも普段大人しい人が、ガツンと言うと結構何も言われないし、逆に見直されるみたいな。

カッパ君
カッパ君
あるある。

人間って本能的に争いを嫌うので、反撃してくる相手には優しくなるもの。

という事で、会社では上司にキレる事で良い事もある訳です。

僕の場合、バカ上司にキレてクビになるどころか、会社でポジションがUPした感すらありました。

 

もちろん、キレる理由がちゃんとしてないとダメですよ。

普段からちゃんと仕事していないとダメですし、暴力なんてもってのほか。

(上司を殴りたい気持ちはよーくわかりますが、それは我慢です!)

当然、上司にはキレない方がベター。

キレない方が良いは良い。

ちなみに上司にキレる事を肯定している訳でもないです。

 

キレるって事はそもそもあまり良い事ではないですし、ある意味では相手に戦いを挑む事なのでリスクもありますから。

 

僕はたまたまうまく行きましたけど上手く行かない例だって沢山あります。

いくらクソでも馬鹿でも、上司は上司、一応。

 

僕の会社の例で申し訳ないのですが、上司に言い返したら、上司に投げられて骨折してそのまま退職した社員がいます。

退職した社員が上司に対してキレたわけじゃないですが、要は言い争いとかって何に発展するか分からないですから。

上司にキレるような環境にある人がやるべき事。

上司にキレるような環境にある人がやるべき事について述べておきます。

 

まず、その会社にずっと、あるいは長く勤めるつもりなら上司にキレるのはリスクがあります。

だから、スルースキルを身に付ける事をお勧めします。

スルーする人

何を言われても気にしない。

自分の仕事だけをする。

それが幸せかどうかは別としてそうする事で長く会社にいられるでしょう。

 

また、プレイヤーとして会社で重宝される存在になれば、上司からみても居なくては困る存在になる事ができますので、結果として長い目で見れば上司にキレる必要もない環境を手に入れる事が出来るかも知れません。

 

もし、「この会社に長くはいないな」と思うのであれば、キレても良いと思います。

怒る人

普通に転職活動でも水面下でしながら、どうしても我慢すべき事じゃない事を言われたりしたらキレてもいいでしょう。

魂まで会社に売る必要なんて全く無い。

転職活動が上手く行きそうなら、良いタイミングでキレれば勝ち逃げ出来ます。(これが良い事かは別として)

日本では元の勤務先に電話して、勤務態度を確認するなんて事は会社はしないので、別に立つ鳥跡を濁しても大丈夫です。

 

後、僕はいつも言っていますが、会社での理不尽な事がストレス要素として強くなるのは、会社からの給料だけに収入を依存しているから。

何らかの副収入を5万円でも得られるような仕組みを作っておくと、気持ちとしてはちょっと違ってきます。

それだけで生活するのは難しいですけど、上司にキレてしまうようなストレスを少し弱める事にはなると思います。

【まとめ】

という事でまとめです。

上司にキレても日本ならよほどの事が無い限りクビにはなりません。

むしろキレる事で舐められていた自分が見直される、なんて事もあるかも。

ただし、キレると言っても暴力なんて絶対ダメですし、自分が普段からやる事はやっておかないと立場が逆に悪くなるだけかも知れません。

 

会社に居続けるつもりならキレるよりも、スルースキルを身に付ける方がいいかも知れません。

会社にいるつもりが無いなら、さっさと転職活動でもした方が建設的だと思います。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。