その他の雑談

自粛警察とは何てバカなクレーマーなのだろうか。

自粛警察という言葉をご存知でしょうか?

○○警察シリーズの中でもかなり悪質なものです。

ここでは

  • 自粛警察の意味を抑え
  • 自粛警察がバカなクレーマーと同じだという事について述べ
  • 自粛警察に対して僕達がどのような行動をするべきか。

といった事などについて述べていきたいと思います。

カツオのメルマガ

自粛警察とは何?言葉の意味を確認。

自粛警察のイメージ画像

自粛警察とは、自分のゆがんだ正義感から、過度な自粛を他人に強制し、匿名でドヤ顔をする哀れな人の事です。

ドヤ顔をするだけなら良いのですが、自粛をしていない(と自粛警察が思いこんだ)人に対して犯罪まがいの攻撃も加えるから悪質です。

 

自粛警察とは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ為に、日本中が自粛ムードになった事をキッカケに生まれました。

 

自粛警察の例としては…

自粛ムードの中、感染対策をしつつ必要最低限の営業をしている飲食店や駄菓子屋などに嫌がらせの張り紙をする。

他県ナンバーの車に対していたずらや嫌がらせをする。

徳島では、県外ナンバーの車に誹謗中傷を浴びせたり、投石やあおり運転が頻発したりしている。県内在住者でも「支店の社員の愛媛ナンバーの車で昼食に行ったら、入店を断られた」そうだ。

引用元:新型コロナより怖くて悲しいモノが蔓延中。「自粛警察官」気取りで人々を傷つける輩が多すぎる

というようなものがあります。

 

自粛警察の頭の中は「相互監視」の精神で溢れています。

  1. 皆が自粛している。
  2. 自粛しない奴は悪だ。
  3. 自粛しない奴には嫌がらせをしてやろう。

という思考回路に基づいて、行動しています。

「相互監視」というのは皆と同じじゃないものに対して攻撃する集団心理です。

  • 太平洋戦争中に、戦争に協力しない人に対して非国民と言ったり
  • 学校でいじめられている子と仲良くしたら、仲良くした子までいじめられる

というのが分かりやすい例かと思います。

 

という事で、もう一度自粛警察の意味を繰り返しておきます。

相互監視の精神に則り、自分のゆがんだ正義感を振りかざしつつ、自粛していないと自分が思ったら、コソコソと犯罪まがいの方法で嫌がらせをするのが自粛警察です。



自粛警察はバカなクレーマーと同じ。

自粛警察はクレーマー。

自粛警察は単なるクレーマー

自粛警察はバカなクレーマーと同じです。

 

クレーマーがクレーマーになるのは自分が正しいと思っていて、その自分の正義感を他人に振りかざし、勝ち誇りたいからです。

自粛警察も同じで自分が正しいと思っていて、その正義感を他人に振りかざし、勝ち誇りたいから。

だから自粛警察=クレーマーといえます。

 

先ほども述べたような例で言うと

  • ルールに従って営業している飲食店に嫌がらせの張り紙をする。
  • 他県ナンバーの車に嫌がらせをする。

という事例は、「警察」がする事ではなく、単なるクレーマーです。

カッパ君
カッパ君
というか犯罪者ね。

だから、自粛警察はクレーマーとレベルは一緒。

 

さらにもう少し言うと、自粛警察は弱くて自分の正義を強い人には面と向かって言えない人達です。

飲食店に対してこっそり張り紙をしたり、駄菓子屋(店員はおばあちゃん)に対して嫌がらせをしたり、ドライバーがいない車に対して嫌がらせをする。

これは弱い人がやる事ですから。

 

自分の意見が正しいのなら堂々と顔と名前を出して、面と向かって主張すればいい。

抵抗できない相手や相手がいない場所でコソコソやるのは正義感でも何でもなく、単なる犯罪者です。

身長2m、体重200kgの総合格闘家みたいな人がマスクをせずに歩いていて、その人に対しても自分の意見を言えなきゃ、本当の正義じゃない。

相手によってコロコロ変えるのは正義じゃない。

自粛してない方が悪いという意見に対して。

自粛してない人達が自粛警察に何かされても自業自得なのではないか、という意見もあるかも知れませんね。

確かに、現在の情勢を考えると自粛しない事が社会に悪影響を及ぼす可能性はあるでしょう。

 

ただし、新型コロナウイルスを必要以上に恐れるのはかえって良くないですし、営業時間短縮やテイクアウト中心に切り替えるなどしっかり対策をしている人達に対して、陰でコソコソやるのは違うでしょう。

自粛警察に対してどういう行動をとるべきか?

自粛警察に対してどういう行動をとるべきか。

これは正解はないと思いますが、いちフリーランス・いち僧侶としての僕の私見を述べておきます。

自粛警察に屈するな。

まず、自粛警察に屈してはなりません。

自粛警察に負けてお店の営業を止めたりするのは、彼らが正しいと勘違いさせる行為だし、自分達にも害があるから。

 

クレーマーを排除したお店は売り上げが上がったというデータもあります。

クレーマ-はこの世から駆逐すべし!↓

なんと、クレーマーを追い出したら、集客が3倍以上にもなったそうです! やっぱり悪影響だったのか…。この結果に称賛コメントが多く寄せられました。出入り禁止のお客様は貧乏神だったんですね。

引用元:クレーマーを全員出禁にしたら集客が3倍以上に 称賛のコメント集まる

曲がった正義感にまみれたポッと出の自粛警察なんかに振り回されてたら、何も出来なくなります。

というかホントの警察呼びましょう。

自分の意見(信念)をもって発信し続けろ。

侍の画像

自粛警察なんかに負けず、どんな時でも自分の意見を発信し続ける事はとても大事です。

 

自粛警察は相互監視の精神に基づいて行動してます。

相互監視というのは社会の多数派の意見と違う行動をしている人を抑えつける行為。

太平洋戦争中は、相互監視によって多くの悲劇が生み出されました。

歴史に学ぶとするのであれば、今度こそ同じ悲劇を繰り返さない為にも、たとえ自分の意見が少数派であったとしても、何らかの形でそれを発信し、一人でも多くの人に届けるべき。

ブログでも良いし、YouTubeでもいいです。

インスタでもTwitterでもなんでもいい。

今は昭和じゃなくて、令和で色々な情報発信の手段があります。

カツオ
カツオ
個人でも何か出来る時代です。

僕も含めて、何が正解で何が正しいかは分からないです。

だから、自分の意見。

自分の信念は曲げずに貫くべき。

きっと同じように思ってくれて味方になってくれる人もいるはずだから。

 

自粛警察の件についても、発信して如何に彼らの行為が下劣で最低かをネット上に残しておきましょう。

きっとコロナ危機を乗り越え、また次の危機が来た時の貴重な情報となるはずだからです。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。