会社や働き方についての話題

持ち帰り残業させる会社は超ブラック企業だからマジで辞めよう。

持ち帰り残業という言葉があります。

家に仕事を持ち帰って残業させられる。そして、表面上はその会社は「残業はない」とされてしまう悪しき制度です。

この持ち帰り残業は数あるブラック企業要素の中でも飛びぬけてブラックです。

ここでは持ち帰り残業をさせるような会社は超絶ブラック企業なので辞めた方がよく、その理由などついてもお話していきたいと思います。

カツオのメルマガ

持ち帰り残業させる会社は超ブラック企業だからマジで辞めよう。

持ち帰り残業させる会社はブラック企業。

結論を言います。

持ち帰り残業をさせる会社は超ブラック企業で、勤務する価値がほぼ無いと言っても過言ではないので、辞めましょう。マジで。

 

理由は

  • 残業代がつかないから
  • そういう会社はホワイト企業だと嘘をついているから
  • 責任を社員に押し付けようとしているから
  • 24時間会社に縛られるから

です。

持ち帰り残業は残業代がつかない。

持ち帰り残業は残業代がつきません。

中には「つくかも知れない」とか「状況に応じて」みたいな事を言っている会社もあるでしょうが、そういうものはほぼ嘘と考える事が出来るでしょう。

カッパ君
カッパ君
まあ、嘘だよね。

持ち帰り残業は会社の外で行われることなので、会社側からしたら時間管理が難しいからですね。

 

この点について法律事務所京都オフィス様は以下のように述べています↓

使用者の監視外で自主的に行った場合、賃金の支払い義務は発生しませんので、残業代を請求することは難しいです。

引用元:持ち帰り残業の残業代は請求できるの? 事例を交えて解説

なお、会社側の指示によって持ち帰り残業残業が行われた場合は残業代を請求できる可能性もあると京都オフィス様は述べています。

ただ、会社がその指示があった事を素直に認めるかというと難しいのが現実だとは思います。

働いている(働かされている)実態はあるというのに残業代は付かない、という恐ろしいものが持ち帰り残業なのです。

持ち帰り残業させる会社はホワイト企業だと嘘をついている。

持ち帰り残業させる会社は嘘をつく。

持ち帰り残業をさせる会社は多くの場合、「当社は残業ゼロです」と主張しています。

 

会社の中で働いていない。定時で皆帰っているから、残業はありませんという理屈ですね。

ふざけています…

 

家に帰っても仕事をさせられている。(もしくは帰宅途中のカフェなどで強制的に仕事をさせられている)

それなのに「社内での出来事じゃないから残業じゃない」というのは全くもって建設性の無い、屁理屈と嘘で塗り固められた言葉です。

持ち帰り残業させる会社は責任を社員に押し付けようとしている。

持ち帰り残業は社外で行われる出来事なので、会社の管理外です。(だから残業代も付かない)

これは責任を個々の社員に押し付けようとしている、会社の姿勢の現れです。

 

残業させるなら、社内でしっかり残業させて、必要な環境も提供して、何か起こっても会社が責任をとるべき。

それなのに持ち帰り残業させるという事は、何かあった時に社員にも相当な責任を負わせるという姿勢があからさまに見えています。

 

何かあった時に社員の側に立ってくれない会社はブラック企業です。

持ち帰り残業は24時間会社に縛られる。

持ち帰り残業は24時間縛られるという事。

持ち帰り残業をすると24時間会社に縛られるという事になり、心身が休まる暇がありません。

9時から17時で終わる会社は、その時間内が会社に縛られる時間です。

7時から23時の間働かされるようなブラック企業でさえ、その時間でなければ会社から原則解放されます。

 

しかし、持ち帰り残業をさせるようなブラック企業には、会社を忘れられる時間が24時間で全く存在しないのです。

これでは心身の消耗が異常に早いでしょう。

カッパ君
カッパ君
すり減る…!

これが持ち帰り残業をさせる会社がヤバい要素で一番酷いものです。

会社から帰った後ですら、会社で拘束されるのであれば、転職活動や副業と言った仕事以外で人生にとても大事な事が出来ない。

大きな支障をきたしてしまう。

 

ブラック企業から抜け出せなくなってしまうのです。

 

だから持ち帰り残業をさせる会社はブラック極まりなく、一刻も早く辞めるべきなのです。



持ち帰り残業をしないと仕事が回らないんだという意見に対して。

疲れた会社員。

持ち帰り残業の事を厳しく言って気ましたが、「そうは言っても持ち帰り残業しないと仕事が回らないんだ」という声もあるでしょう。

確かに業務量が異常に多ければ、規定の勤務時間では終わらずに、持ち帰り残業をしなければならない現実もあるでしょう。

 

しかし、それはマインドセットが社畜化してしまっている証拠です。

 

本来、残業というのは存在してはならないものであり、社外で行われる持ち帰り残業というのは情報管理の観点からもリスクが高く、認められるものでは決してないからです。

それを忘れて「仕事が終わらないから持ち帰り残業も仕方ない」と言っている人は、思考停止してしまっていて、社畜化が始まっています。

カツオ
カツオ
よく考えてみて下さい。

会社は決められた時間内で終わるマネジメントをするべきです。

もちろん、多少の残業は仕方ないとも言えますし、諸外国でも残業は発生します。

ただ、それが会社にいても良い時間内で終わらせることが出来ない仕事量であり、自宅などに持ち帰って残業させるのは明らかに異常。

 

社員の仕事が遅いから残業が発生するというのであれば、優秀な人材を雇うべきだし、その努力をすべきです。

残業が常態化しているのであれば、人員を補充するなどのマネジメントが必要。

そういう企業努力をして、それでも残業が発生するのであれば、社内で残業代を支払いつつ残業させるのが筋。

 

それが出来ないのは会社としておかしく、社員が地獄のような苦しみを味わいながら持ち帰って残業する話ではないんです。

 

仕事が回らないから持ち帰って残業する、じゃなくて、仕組みとしておかしいんだという気持ちは持っていただきたいですね。

持ち帰り残業をさせる会社を辞める方法。

退職しようとしている男性。

持ち帰り残業をさせる会社はブラックなので、なるべく早く辞めた方が良いです。

一時的に持ち帰り残業が発生しているだけなら、10000歩譲ってOKかも知れませんが、常態化していたらすぐに辞める方向で動くべき。

情報漏洩などのリスクが高く、会社として長く続くとは思えませんし、個人の時間をあまりにも奪われる働き方は現代的ではなく、失うものが大きいから。

カツオ
カツオ
ブラックに居続けても良い事ないですよ。

持ち帰り残業をさせるような会社でも辞めるのは凄く勇気がいると思いますが、一つの辞め方のヒントを示したいと思います。

それはマインドを強くもって、他人の力も借りつつ辞めるという事です。

 

持ち帰り残業がある会社を辞める場合(というかどんな会社でも勇気をだして辞めるしかないんですが)会社に将来性がなく、今ここで動かないと、会社に人生のすべてを奪われるくらいの気持ちを持った方が良いです。

そう思えば、辞表を出す覚悟が出来ます。

 

その上で、労基に垂れ込むとか、退職代行サービスを使って退職するといった行動を起こしましょう。

 

持ち帰り残業させるような会社はコンプラ上問題がある場合が多く、労基や退職代行と言った第三者が絡んでくると強くは出れません。

有給もしっかり全て使った上で辞めるようにしましょう。

なるべく「立つ鳥跡を濁して」辞めるのがコツです。

そうする事で、前例となり、他の社員の人生を助ける事にも繋がります。

カツオ
カツオ
「立つ鳥跡を濁さず」はホワイト企業がいう言葉。

多少強い表現をしてしまった部分もありますが、持ち帰り残業をさせるような会社はほぼブラック企業です。

ブラック企業に勤めていても消耗するだけで得るものはありません。

会社を辞めれば一時的には大変ですし、苦労もあります。

 

それでもブラック企業で人生を棒に振るよりは絶対マシ。

やるかやらないかを決めるのは自分しかいません。

自分の会社が勤める価値のある会社かどうか、もう一度考えてみて下さい。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。