会社や働き方についての話題

上司の説教が異常な時にやるべき事。

上司の説教ってホントに嫌なものですよね…

もちろん中には自分が悪い事もあるのでしょうが、基本的には上司の説教はキツイ…

ブラック企業では上司の説教が異常な程キツイ場合もしばしばありますし、自分も経験済みです。

そこでここでは上司の説教が異常な時にやるべき事について考察していきたいと思います。

カツオのメルマガ

その上司の説教は異常ですか?普通ですか?

まず、あなたの上司の説教が異常か普通かを考えてみましょう。

 

僕が思うに以下のような特徴の内、複数あてはまるようならば、その説教は異常(クソ)と言えるでしょう。

  • 15分以上続く。
  • 机を叩くなどの威嚇をされる。
  • 殴る・蹴る・小突くなどの暴力を振るわれる。
  • 皆の面前で行われる。
  • 上司の気分によって内容が変わる。
  • 一般常識と照らし合わせておかしい事を言っている。
  • そもそも自分に非が無い。(非が少ない)

この特徴にかなり当てはまる上司の説教はかなりヤバい、というか異常です。

 

その説教は部下の教育とか社内の為と言った大義名分がなく、上司の自慰行為である可能性が高いからです。

なぜ上記の項目に当てはまるのがヤバいのかについて説明していきます。

15分以上続く。

15分以上続く上司の説教は異常です。

15分以上続く上司の説教は異常です。

 

人間は15分以上怒る事が出来ないから。

そして15分で必要な情報を伝える事が出来ない上司は無能だからです。

 

僕は会社員時代、ある種のクレーム対策の部署にいたのですが、そこで言われた事が「15分頑張れ」というもの。

人間は生理的に15分以上は怒る事が難しいらしいですね。

上司も人間なので、部下に怒る事は当然ありますが限度は15分でしょう。

それ以上、怒り続ける上司は人間としてちょっとおかしいかも。

 

また、15分で話す事が出来る文字数は約4500字なのですが、4500字も使って伝えたい事を伝えられない上司はマネージャーとして無能です。

カツオ
カツオ
あまり長い説教って同じ事の繰り返しばっかり。

ですので、まず上司の説教が異常かどうかは15分説教が続くかどうかは一つの判断基準になります。

ちなみに15分でも十分長いのですが、1時間2時間続くのは完全にパワハラだし、その上司は無能です。

その無駄な説教を15以内に収めて、他の時間を会社の為に使うべきなのです。

机を叩くなどの威嚇をされる。

机を叩くのは馬鹿。

机を叩くなどの威嚇行為をしてくる上司の説教は明らかに異常です。

異常に低レベル。

 

机を叩くなんて、不良学生やチンパンジーがする事だから。

ウンコだって机は叩きません。

 

会社は仕事の場所なので、そんなレベルの低い事をしている時点で、上司は理性的に仕事をしておらず、動物本能的に仕事をしているか、ストレス解消をしているだけです。

そんな説教聞く必要ないです。

殴る・蹴る・小突くなどの暴力を振るわれる。

説明は要らないと思います。

そういうのは格闘技のリングでやって下さい。

皆の面前で行われる。

上司の説教がわざわざ皆の面前で行われるのは、その説教が異常である可能性が高いです。

 

説教というのは部下の今後の行動を直すのが目的であり、恥をかかせるのは目的ではないからです。

 

皆の面前で行われる説教は、説教ではなく、恥をかかせる目的が強く、どちらかというと職場いじめに近いです。

いじめみたいな低劣な行為は、小学生だって大分部はやらない。

最低でも小学校で卒業する事がいじめなので、そんないじめみたいな事をやっている上司は異常です。

上司の気分によって内容が変わる。

一貫性のない上司はダメ。

説教は一貫性が無ければ説教ではありません。

 

会社は仕事場であり、説教はビジネスにおける説諭であるべきだから。

上司の気分でコロコロ変わるのは説教ではありません。

ビジネスにはある程度の一貫性が求められるからです。

 

だから一貫性がない上司の説教は異常です。

どちらかというと上司のストレス解消の可能性が高いです。

 

もちろん、上司も人間ですから日によって多少の変化はありますし、会社の方針なども常に変化するものなので、説教がいつも完璧に同じである事はあり得ません。

それを考慮にいれる必要はあるでしょう。

 

ただし、一般的には一貫性の無い上司の説教は異常です。

一般常識と照らし合わせておかしい事を言っている。

会社の常識と一般常識って全然違うものです。

上司の説教の内容が、一般常識と照らし合わせてあまりにもかけ離れている場合、その説教は異常なのでスルーでOK。

 

僕は会社を17時に帰ろうとして説教された事があります。

でも、世間の常識というかルールでは、定時になったら帰って良いのです。

 

個々の会社の事情があるのは分かるのですが、世間一般常識とあまりにもかけ離れた事を押し付ける説教はありえないです。

またそれが、会社の方針ではなく、上司の常識がゆがんでいる事に起因する場合は完全にアウト。

そもそも自分に非が無い。(非が少ない)

非が無いのに説教される筋合いはない。

自分に非が無いなら説教される筋合いはありません。

そんな場合、上司の説教は異常です。クソ以上に異常。

 

説教って言うの自分が悪いからされるものだから。

 

ただし、自分が悪いか正しいかの判断はむずかしい事もあります。

自分が正しいと思いこんでしまっているリスクもあるので、その部分は柔軟な姿勢を忘れないでいたいものです。



上司の説教が異常な時にやるべき事。

上司の説教が異常な時の対策。

上司の説教が異常な場合、やるべき事は簡単です。

  • スルーして耐えるか。
  • 上司にキレてみるか。

 

異常な説教はスルーしておけば、とりあえずOKです。

何かあった時のスルーは人間関係に波風を立てない一番無難な方法だからですね。

 

上司は部下をただす為ではなく、自分のちっぽけな征服欲を満たしたいから説教しているだけなので「へいへい」言っていればOKです。

ちなみに上司の説教が異常だと認定できるほどの職場はあまり居心地がいい場所ではないでしょうから、転職や副業など、会社に頼らなくても生きる道の準備は進めておく方がいいでしょうね。

 

また、上司があまりにも自分だけに何か言ってくる時はキレるのもありです。

 

上司にキレてもクビにはならないし、それで自分の地位が改善する事もあるからです。

詳しくは下記記事を読んで頂くといいでしょう↓

関連記事:上司にキレる人がクビにならない理由。というかキレても良いかも?

人事部は当てにならない。

上司の説教が異常な場合、人事部に相談したりするのが有効だと考える人もいるでしょう。

ただ、人事部は会社の為にある部署です。貴方の為にあるのではありません。

 

どんなにその上司がクソで最低だったとしても、会社にとって上司の方が貴方よりも価値が高いと判断されたら、人事部は大して味方にはなってくれません。

上司の説教で心が病んでいる時は、人事部は助けてくれる!と思ってしまうかも知れませんが、そうではないって事は頭に入れておきましょう。

 

最終的には自分自身です。

【最後に】上司は部下の事なんてどうでもいい。

上司は部下などどうでもいい。

最後に一つ真理をお伝えしておきます。

突き詰めれば、の話ですが上司は部下の事なんてどうでも良いのです。

 

人間は他人なんてどうでもいい動物だからです。

 

貴方は上司と家族、どっちが大事ですか?

上司と恋人、どっちが大事ですか?

上司と友達では?

 

答えは聞くまでもないでしょう。

そしてそれは上司も同じ。

上司は貴方の事なんて究極的にはどうでもいい。

カッパ君
カッパ君
熱血上司はドラマの中だけよ。

だから、上司は自分の事を思って説教してくれてるなんて絶対思わない事です。

そう思うと、上司の言う事を真に受け過ぎてしまって心がやみます。

 

もちろん、ビジネスパーソンである以上、自分自身の行いに気を付けて常に自分を見直す謙虚さや努力は忘れはいけません。

そういう姿勢は忘れてはダメです。

 

でも、上司の説教が、この記事の序盤に述べたような条件が沢山当てはまるようなものだったら、それは真に受ける必要はないです。

会社員である前に、僕達は人間です。

会社に魂を売る必要は無いし、上司のいじめみたいな説教につきあう必要もないんです。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。