プラグイン

プラグインAutomatically Paginate Postsの設定方法と使い方を解説!

WordPressブログの記事を分割する為のプラグインがあります。

Automatically Paginate Postsというのですが、ここではその設定方法と使い方について説明していきたいと思います。

ブログの記事を分割する事は上手くやればメリットがありますし、その為にプラグインを上手く利用出来れば作業効率のUPにも繋がります。

このプラグインが万能という事ではないのですが、何らかの参考にして頂ければ幸いです。

カツオのメルマガ

プラグインAutomatically Paginate Postsの設定方法と使い方を解説!

Automatically Paginate Posts

Automatically Paginate PostsはWordpressブログの記事を自動で分割してくれるプラグインです。

ここではその設定方法と使い方を解説していきます。

 

➀まず、基礎ですが「プラグイン」→「新規追加」からAutomatically Paginate Postsをインストールして有効化しておいて下さい。

 

②設定画面への行き方ですが、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」からAutomatically Paginate Postsの欄のsettingsをクリックするか

settings

もしくは「設定」→「表示設定」と進むとAutomatically Paginate Postsの設定画面に進む事が出来ます。

 

③設定画面でどのように設定するかを解説していきます↓

設定画面

「Supported post types」ではページを自動的に分割する対象を定めます。

  • 投稿(普通の記事)
  • 固定ページ

の内、自動的に分割したいところにチェックを入れて下さい。

 

「Split post by」は記事分割の方法について設定する部分で、

  • Total number of pages
  • Approximate words per page

の2種類のどちらかが選択出来ます。

 

Total number of pagesでは指定したページ数に、強制的に記事を分割します。

例え100字しかない記事であっても、ページ数を「10」とすれば強制的に10ページに分割されます。

 

Approximate words per pageはここで指定した単語の数毎にページが分割されます。

単語が少ない(文字数が少ない)記事は、少ないなりに応じた分割数になります。

こちらの方がオススメです。



Automatically Paginate Postsの注意点。

Automatically Paginate Postsの注意点は?

Automatically Paginate Postsは一瞬で、ブログの記事を分割出来るのが強みですが、文脈や意味の切れたところで、ドンピシャに記事が分割される訳ではありません。

あくまで機械が空気を読まずに分割するだけなので、その点はデメリットとして受け止めておいた方が良いでしょう。

 

下記記事でもページ分割の方法について説明していますが、記事のページ分割は多少面倒でも手動で行った方がユーザビリティを下げない、と個人的には思います。

関連記事:WordPressブログの記事をページ分割する方法を解説!【メリットとデメリットも】

 

また、このAutomatically Paginate Postsは一度手動で分割している記事については干渉しません。

アクセス数が多い記事や重要度の高い記事については、このプラグインまかせにせずに、手動での分割を行い、プラグインでの自動分割は補助的に使うのが良いのかな、と。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。