設定

WordPressブログの記事をページ分割する方法を解説!【メリットとデメリットも】

ここではWordpressブログの記事を分割する方法について解説していきます。

ブログの記事を分割する事は賛否両論ではありますが、メリットもあるし、もちろんデメリットもあります。

ですので、ブログ記事を分割する方法だけに留まらず、そのメリットやデメリット、僕自身の見解などについても述べていきたいと思います。

カツオのメルマガ

WordPressブログの記事をページ分割する方法を解説!

ブログの記事を分割するとは?

認識のずれが無い様にブログの記事を分割するという事について確認しておきます。

下記のような画面を皆さん、見たことがあるはずです↓

ブログの記事を分割するという事。

一つの記事なのに、一番下まで行くと次のページに進む(希望のページに飛ぶ)ボタンがある形式の記事ですね。

これは本来は一つの記事なのですが、それが分割されている為、このような表示となっています。

ページ毎でURLの基本は同じです。(URLの末尾がページ毎に少し違いますが)

このような記事の形式を「ブログの記事を分割する」と言います。

WordPressブログの記事を分割する方法。

という事で、Wordpressブログで記事を分割する方法について述べていきます。

 

まず、シンプルなのが下記のnextpageタグを分割したいポイントに貼り付ける事。

<!–nextpage–>

ビジュアルモードではなく、必ずテキストモードで貼り付けて下さい。

成功すると編集画面に下記のような線が表示されます。

分割成功。

こうならない場合、nextpageタグが少し変わっている(半角が全角になっている等)事が考えられますので、見直してみて下さい。

 

また、プラグインTinyMCE Advancedには「改ページ」ボタンがあり、それをエディターに入れる事でボタン一つでページ分割出来るようになります。

改ページボタン

関連記事:TinyMCE Advanced(プラグイン)の設定方法と使い方を説明!

 

またはAutomatically Paginate Postsというプラグインを使う事でページ分割出来ます。

Automatically Paginate Posts

Automatically Paginate Postsの使用方法については下記記事を参照してください。

関連記事:プラグインAutomatically Paginate Postsの設定方法と使い方を解説!

WordPressブログの記事をページ分割するメリット。

ブログの記事を分割するメリットですが、まず読者側のメリットとしてはページの読み込みが多少ですが速くなる事です。

読み込みスピード、つまり表示速度が速くなれば、読者側のストレスが軽減出来ます。

(表示速度の改善はページランクにもいい影響を与えますので、その意味では運営者側のメリットとも言えます)

 

また、適切にページ分割されれば、必要な情報がどこに書いてあったかが読者にとって分かりやすくなります。

長すぎる長文記事は特にスマホで見た時に読みにくい傾向があります。

何ページかに分割されていれば、該当のページにすぐにジャンプ出来るし、延々とフリックするストレスも軽減できます。

 

運営者側のメリットとしてはページを分割する事でPV数を増やせるという事とページ内回遊率を高め、離脱率を下げる事が出来る事でしょうか。

ブログを運営していると、どうしてもそう言う数値は気になるものですから。

PV数が増えるという事はアフィリエイト広告の表示回数を増やせるという事なので収益UPにも繋がります。

カツオ
カツオ
クリックされない。成約しないという事の最初のハードルはそもそも広告が見られないという事なので…



WordPressブログの記事をページ分割するデメリット。

ブログの記事を分割する事のデメリットですが、率直に言うとウザがられるという事です。

何回もタップやクリックしないと先が読めないのは読者にとってストレスになりますし、ウザがれる記事というのは運営者にとっても良くはありません。

うざい記事(ユーザビリティが低い記事)は読者にとっても、運営者にとってもデメリットです。

ブログの記事を分割する事に対しての見解。

メリットとデメリットを踏まえた上で、ブログの記事を分割する事についての個人的な見解を述べます。

 

以下の条件を満たす場合、ブログの記事を分割する事は選択肢としてはありだと僕は思います。

  1. 記事が長文である事。(最低2000字以上)
  2. 分割のタイミングが段落の終わりなど、読者にストレスを感じさせにくいものである事。
  3. 目次機能を使う事で、読者がみたいコンテンツにすぐに飛べる仕組みを作っておく事。
  4. 記事そのものが有益である事。
  5. あまり細かく分割しすぎない事。

➀と④については至極当然です。

情報が有益であり価値提供が出来ている。

かつ、文字数が多いのであれば、それは分割しても仕方ない、という事も出来るでしょう。

僕自身、分割されている記事であっても情報が有益だと思うものについてはストレスは感じません。

 

②で述べているように、記事を分割するタイミングは気を付けた方が良いです。

TVのCMみたいに「良い所」が来そうなところで分割するんじゃなくて、ちゃんと疑問に対しての答えを言ってから分割するタイミングがいいです。

読者をじらすと、ウザがられます。

 

③についてですが、実際に記事を分割してみて思ったのが、記事を分割したら目次機能ってかなり重要です。

目次をクリックすれば、読者がページ関係無く、好きなところにすぐにジャンプできる仕組みは作っておくべきです。

記事を分割するのであれば。

 

⑤については個人的な感覚ですが、ブログの記事の分割はユーザビリティを考えるとやっても2~3分割なのかなと思います。文字数にもよりますが…

それ以上だと流石にウザいかな、と。

 

結局のところ、ブログの記事を分割するのであれば、読者にストレスを与えないように配慮しつつ、ブログ全体でいきなりやるんじゃなくて、特定の記事でテストしつつやってみるのが良いと考えます。

記事の分割は運営者側の都合も大きいものの、あまりに長い記事が1ページに表示されても困るというのも、まああるでしょうし、うざくない程度に程々にやるのが正解なんでしょうね。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。