ブログアフィリエイトの基本

稼げないブログの特徴と改善策が見えてきたので述べます。

ブログで稼ぐには色々なブログを研究しろ!とよく言われますし、僕自身もよく言います。

で、言ったからには余計に色々なブログを研究しなくてはいけない…!

という事で最近、稼げないブログの特徴が以前よりもさらに言葉で具現化出来るくらいに分かってきた気がします。

そこでここでは稼げないブログの特徴と改善策について僕なりの見解をお伝えしていこうと思います。

カツオのメルマガ

稼げないブログは自己満足で終わっている。→価値提供を!

稼げないブログで一番多い特徴は自己満足。

自己満足のブログは稼げない。

稼げないブログは記事内容が自己満足で終わっている事が多いです。

自己満足で終わってしまうブログは稼げません。

 

ブログとは価値提供をするツールであり、自己満足の場ではないからです。

(あくまでビジネスとして考えた場合です。ビジネスとか関係無いブログなら自己満足でOK)

 

例えば、「俺は昔の上司が嫌いだった!」みたいな記事。

上司が嫌いなのは全然OKなのですが「俺は上司が嫌いだったぜ」というだけの内容で終わってるのは自己満足です。

読者からしてみれば「そんなのどうでも良いわ」ってなります。

カツオ
カツオ
こういう記事、昔たくさん書いてました…

これはキーワード選定とか情報量の調整とかで何とか上位表示出来れば、Googleアドセンスを貼っておけば一定のマネタイズは出来るかも知れませんが、成約型のアフィリエイトや独自商品の販売、オプトインなどにはつながらないでしょう。

という訳で自己満足のブログじゃ稼げない。マネタイズは厳しいのです。

カツオ
カツオ
もちろん、自分のブログなので自己満足でOKだという人はそれでもOKです。

自己満足で終わるブログじゃなくて価値提供するブログを書こう。

自己満足で終わる記事を書いちゃう傾向のある人は、「価値提供」の四文字を超強烈に意識してみて下さい。

自己満足で終わるんじゃなくて、最初は小さな価値でも良いので、価値提供をブログでするようにしましょう。

そうする事で一気にマネタイズがしやすくなります。

 

ビジネスというのは価値提供だからです。

価値提供が出来ているブログはビジネスレベルに達しているブログなんです。

(自己満足で終わるブログは趣味レベル)

 

ちょっと例を出してみます↓

「昔の上司が嫌いだった!」という記事。

「昔の上司が嫌いだったけど、そこでこういう対応をしたら解決したからその方法を教えます」という記事。

カツオ
カツオ
かなり印象が違ってきますよね。

価値提供とは「読者の悩み解決」とも言えます。

「ブログのアクセスが集まりまくってるぜ!イエーイ!」じゃなくて

「ブログのアクセスが集まってるからその方法を教えます!」みたいな記事は、アクセスがブログに集まらない人の悩みを解決してるといえますよね。

 

×ケーキ作ってみた
〇ケーキの作り方を解説!

×告白が成功した!
〇告白を成功させる方法!

みたいな感じですね。

 

もちろん、最初から価値提供するのは難しいって人もいると思います。

そういう場合はほんのちょっとだけでも良いので価値提供を心掛けるだけでも違います。

後、勉強する事ですね。

価値提供できる価値の質を高め、増やしていくには勉強も必須です。

 

もう一つポイントを述べておくと、どんな価値提供をすれば良いかはキーワード選定次第です。

そのキーワードで検索する人達がどんな価値が欲しくて検索してるのかをしっかりと考えて、キーワード選定し、見出しを作り、記事を書いて行きましょう。

関連記事:キーワード選定のやり方とコツを解説!便利なツールも紹介!

稼げないブログは何も考えていない。→戦略を!

ブログは戦略が大事。

思考停止して単に記事を作業的に投稿し続けているブログも稼げないブログです。

 

ブログは頭脳労働なので、頭を使わないと稼げません。

 

もちろん、思考停止でも何でも記事を書き続けていて、その記事が一定以上の品質ならいつか当たるし、結果もでるでしょうけど時間はかかりますね。

カツオ
カツオ
ゴールの見えない戦いになっちゃうとキツイですよ。

例えば何の考えも無しに「○○ ネタバレ」とあ「○○ やり方」「○○ 彼氏」みたいな感じでとにかく同じキーワード選定で機械的に記事を量産しているブログ。

作業量が多くて継続してるのは素晴らしいのですが、これだと運任せで当たるか当たらないかを待つだけの戦略になってしまう。

 

そうではなくて

  • どのタイミングで
  • どんな記事を
  • どのように書けば

成果に繋がりやすいのか。

をしっかりと考えて記事を書きましょう。戦略です。

 

もちろん、完璧な戦略を立てる必要もなくて、ちょっとずつ修正しながらやって行けばいいです。

今無計画に記事を書くだけの生活を続けている方は、少しでも良いので戦略をもってブログ運営に臨んでみて下さい。



稼げないブログは記事数が足りない。→記事書こう!

記事数が少ないブログは稼げない?

稼げないブログは記事数が少なすぎる事が多い。

稼げないブログは記事数が少なく足りていない事が多いです。

記事数が少なければブログで何らかの成果が出る可能性はかなり低いでしょう。

 

チャンスを掴むのにチャレンジする回数が少ないからです。

 

ブログの記事を書く際には当然SEO対策や検索ボリューム、読者のニーズ、マネタイズのしやすさ等を考慮した上で臨みますが、それらのリサーチは100%当たる訳ではありません。

また仮に自分の読みが当たっていたとしても、記事数があまりにも少ないブログは検索エンジンからの評価が低くなってしまい、上位表示が出来ない。=誰からも見られない。

という事になりがちです。

 

ですので、ある程度の記事数はブログで稼いでいく為には必要です。

打席に立つ回数が多ければ多い程、ヒットやホームランを打てる可能性は上がるのです。

ブログの記事数は大事です。

記事数が少なくても稼いでいるブログもあるけど…

もちろん、中には少ない記事数で大きなアクセス数を集めたり、かなりの金額を稼いでいるブログ、サイトもあります。

ですので、例外はあります。

が、そういうところは事前のリサーチの精度が異常に高かったり、記事数以外の面で完璧に近いとも言えるようなマネタイズ対策を取っているものです。

一般人が真似出来るレベルではないでしょう。

カツオ
カツオ
ちなみに僕は無理です。

記事数を増やす為にはどうしたらいいのか?

記事書け。

記事数が少ないから稼げないブログの改善方法は記事数を増やすしかありません。

カッパ君
カッパ君
記事書けや、ウラァ!

ただ、精神論とか気合だけ言っても仕方ないと思うので、記事を書きやすくする方法についても述べていきます。

 

記事数を増やす為に必要なのは、自分がそのブログの記事を書き続ける事が出来る運営をするという事。

 

多くの場合、記事数が少ないブログの運営者はそのブログの運営に疲れてしまっているものなので、そうならない為の運営方法を考えるという事ですね。

 

ポイントとしては以下の3つです。

  1. 自分が書いていて楽しいジャンルの記事を書く。
  2. 外注化する。
  3. ブログに時間を費やせる環境を作る。

自分が書いていて楽しいジャンルの記事を書く。

自分が書いていてつまらないなーと思うジャンルでは記事数はどうしても増やせません。

人間ってそういうものです。

興味のない事については力を発揮できない。

カッパ君
カッパ君
ですです。

だから自分の好きな事で記事を書きましょう。

最初からそういうジャンルに特化したブログを作るのもいいし、いくつかある記事のカテゴリーに自分の得意分野のジャンルを組み入れるのも良い。

 

とにかく、ある程度疲労感があって、面倒くさいコンディションでも「これなら書ける!」っていう記事ジャンルがあれば、ブログって記事数を増やせるものなのです。

外注化する。

記事数を増やすなら外注化はとても有効です。

他人の力を借りるのはホントでかいです。

外注化のノウハウについてはまた別記事で書きたいと思うのでここではくわしくは述べませんが、記事を書くのがしんどいという方は外注化も検討してみて下さい。

 

少しだけポイントを述べておくと、記事の全てを外注化する必要もないという事です。

例えば、映画の記事を書きたいなら、感想の部分だけを書いてくれるライターを探すとか。

そうした方が料金も安くすみますし、自分が書く分量も減る上に、生きた声がもらえますので有益です。

 

もちろん、記事をまるまる外注化するのもありですが、その場合自分の意向に沿った記事を書いてくれる方を探す手間はかかりますので、根気と運が必要です。ある程度。

カツオ
カツオ
ライターさんはマジですぐに辞めていってしまいます。

後、外注化する記事外注化は出来ない記事の境目は自分でしっかり持っておくべきですね。

他人が書いても効果が同じ記事はどんどん任せた方が良いは良いです。

ブログに時間を費やせる環境を作る。

一番重要なのはブログに費やせる環境を作るって事です。

ブログに費やせる時間が1日10分しかない方がブログの記事数を増やすのは無理です。

というか、そういう人はYouTubeでもブログでもせどりでも何においても出来ません。

カツオ
カツオ
これは絶対的な真実。

最低、1日2時間はブログの為にキープできる環境を。(出来れば3時間以上)

これが出来ないとブログの記事数を増やすというのは現実的ではないですし、すぐに挫折して継続できないでしょう。

終わりに。大事なコト言います。

稼げないブログの特徴と改善策を述べてきました。

かくいう僕自身、最近まで出来てないなーって思う部分はありますし、偉そうな事は言えないかも知れません。

 

ただ、ここで挙げた特徴が自分のブログにあるなら、それをこれから少しでも直していけばかならず成果に近づけるはず。

稼ぐブログっていうのは、そのブログの数だけ成功例がありますが、稼げないブログの失敗パターンって大体同じで、それはこの記事で言った通り。

ですので、希望持ちましょう。

ここで言った事を潰していけば、後は成功するしかないんだから。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。