初心者におすすめ!

収入を増やす方法でおススメなのは仕組みを作って稼ぐコト!

きっと誰もが収入を増やしたいと思っている事でしょう。

かく言う僕自身そうですし、きっと貴方も同じ思いのはず。

そこでここでは収入を増やす方法について述べていきます。

僕は会社員としてもフリーランスとしても働いた経験があるので、総合的な視点から一番お勧めできる方法についてバシッと述べていきたいと思います。

カツオのメルマガ

収入を増やす方法でおススメなのは仕組みを作る事。

収入を増やす仕組みを作ろう。

収入を増やす仕組みを作ろう。

収入を増やす方法はいくつか存在しますが、おすすめなのはお金を稼いでくれる仕組みを作る事です。

 

お金を稼いでくれる仕組みを一度作る事が出来てしまえば、そこからは大きな労力をかけずに収入が発生し続ける状態(資産化)が出来るから。

 

後述しますが、具体例としては収益化したYouTubeチャンネルやブログ、底値で買った配当株、不動産収入などが挙げられます。

これらは少ない労力でお金を生み出してくれるもの。

 

ですので、収入を増やしたいのであれば仕組み作りをするべきなのです。

収入を得る仕組みには何がある?

ここからは収入を得る仕組みには何があるのかについて具体的に説明していきますね!

 

収入を得る仕組みと言っても沢山ありますが、一般人でも可能なもので言うと下記のようなものが挙げられます。

  • YouTube
  • ブログ
  • 自動販売機
  • 不動産経営
  • 株式投資

それぞれに特長、メリット・デメリットがありますので、以下で解説していきますね!

YouTube

YouTube

YouTubeはご存知の方も多いと思いますが、とても有名な動画配信サイトです。

 

YouTubeで自分の動画を配信するチャンネルを作成し、再生回数(再生時間)を稼ぐ事で、広告収入を得る仕組みを作る事が出来ます。

 

メリットとしてはYouTubeの市場はとても大きいという事です。

ネット上のテキストを読むよりも、ネット上の動画を視たり聞いたりする方がハードルが低いので、とても多くのユーザーが動画を視聴しています。

また5Gに代表されるように通信技術がどんどん発達する事で、ますます動画の市場は伸びていくでしょう。

ですので、YouTubeを利用して稼ぐ仕組みを作るのはとても夢があるのです。

カッパ君
カッパ君
YouTubeには夢がある!

またYouTubeは始める際にとるリスクが少ないのも大きな魅力ですね。

実際に店舗を借りたりしない事が多いので、安全に始める事が可能です。

 

YouTubeのデメリットとしては動画を撮影・編集する環境や技術といったものを整えるのが少しだけ難しい(時がある)という事でしょうか。

カメラを買って、マイクを買って、動画を編集して…というのはネット副業初心者がいきなり全てやるのは多少ハードルが高いです。

ブログ

ブログ

ブログもご存知の方が多いでしょうが、簡単に記事更新出来るタイプのWebサイトがブログです。

 

自分のブログで記事を書き、そこにアクセスを集めたり、コピーライティングをしたりする事でアフィリエイトをしたり、自分の商品を販売したりする仕組みをブログで作る事が出来ます。

 

ブログのメリットとしては、YouTubeよりも始める環境が整え易く、安定して稼いでいけるという事でしょう。

ブログはPC1台あれば今すぐ始める事が出来ます。(もちろん、投資してそろえた方が良いソフトやテンプレートなどはありますが)

また、自分自身でサーバーを契約し、ドメインを取得して行うのがブログなので、プラットフォームに依存しません。

YouTubeはチャンネル削除というリスクがありますが、ブログにはそういうリスクが無いのが魅力です。

カツオ
カツオ
ブログは本当に簡単に始められます!

また、ブログはYouTube同様、始める際のリスクがとても低いのも魅力です。

 

ブログのデメリットとしては、継続が出来ないと稼げる仕組みにならないという事でしょう。

他の手法も同じは同じですが、ブログはそれ以上に継続できないと難しいという側面があります。

自動販売機

自販機

自動販売機は説明するまでも無いでしょう。飲み物を売ってるアレです。

僕は自分の寺の土地に自動販売機を設置していますので、その経験に基づいて少しお話しておきます。

 

自動販売機を設置する際に色々な契約を結ぶのですが、その契約に応じて収入を得る仕組みを作る事が出来ます。

  • 土地を飲料販売会社に貸す契約。
  • 電気代などを払う代わりに売り上げの何割かをもらう契約。
  • などなど。

 

自動販売機を設置するメリットとしては、少ない労力で収入を得る仕組みが構築できるという事です。

飲み物の入れ替えとかは業者さんがやってくれますしね。

カツオ
カツオ
ちなみに夏は自販機は儲かります。

デメリットとしては、売れる場所に自販機を設置しないと収入を増やすどころか赤字になる可能性も、契約の形態によっては有り得るという事です。

また、可能性としては自販機が壊されたり、盗難の被害に遭う事もあります。

不動産経営

不動産経営

駐車場や賃貸アパートやマンションの経営ですね。

 

不動産経営のメリットとしては、入ってくるお金が大きいという事です。

かなりのリスクをとるものなので、その分収入は多いです。

また、詳しい説明はここでは省きますが、給与所得者が不動産経営をした場合、不動産所得の費用を経費に計上する事で、給与と損益通算し、所得税を抑えるというテクニックも使えます。

 

デメリットとしては初期費用が莫大だという事です。

かなりのリスクがあるので、既に大きな資産を持っている方が行うのは有益かも知れませんが、副業の初心者層にはまったくお勧めできません。

カッパ君
カッパ君
ハードルは高いね。

株式投資

株式投資

ここでいう株式投資は現物・優待狙い・配当狙いのスタイルの事を言います。

 

株式投資と言うとパソコンを何台も並べて、一日に何回もトレードして売買差益を得るというイメージがありますが、あれはかなりの難易度なのでおススメ出来ません。

ただし、余剰資金で株式を保有し、年に一度(株の銘柄によっては半年や数か月に一度)の配当金を受け取ったり、株主優待品をもらったりするのは難易度が低めです。

カツオ
カツオ
僕も毎年株主優待品をもらってます。

株式投資のメリットは、ポートフォリオのチェックやたまに売買をしたりするくらいで、基本は保有なので労力が本当に少ないという事です。

上手く行けばまさに収入を増やす仕組みと言えます。

毎年の配当金や優待も地味に美味しいです。

 

株式投資のデメリットとしては、大きな金額を投資しないと大きなリターンは得られないという事でしょう。

1000万円を株式に投資しても、年間で30万円の利益を得る事が出来たら良い方です。

また、株式投資は株価の変動の影響をもろに受けますので、元本割れや会社が倒産すれば価値がゼロになってしまうリスクをはらみます。



忙しくて収入を増やす仕組みが作れないという人へ。

毎日が忙しい!

と、ここまで収入を増やす仕組みには何があるかを説明してきましたが、必ず言われることがあります。

それが「今の生活は忙しすぎて収入を増やす仕組みを作る時間がない」というもの。

確かにブログやYouTubeといったリスクの少ない手法は、自分で時間をかけて稼ぐ仕組みを作る必要がありますので、時間がなければ出来ません。

 

この意見に対しての僕の答えはいつも一貫しているのですが、収入を増やす仕組みを作る時間が無いのであれば、転職や配置換えなどをしてもらう事で仕組みづくりに費やせる時間を作ろう、いうもの。

 

最低限の時間を確保できる環境を整えないと、どんなに能力がある人でも挫折してしまい、収入を増やす仕組みは出来ないでしょうから。

カツオ
カツオ
環境って大事です。

流石に毎日夜11時まで働いているブラック企業の会社員が、会社の勤務時間外で収入を増やす仕組みを作ろうとしても物理的に無理があります。

ある程度早く、確実に収入を増やしたいのであれば、少なくとも毎日3時間は仕組み作りに費やしたいところです。

 

ですので、忙しくて収入を増やす仕組みなんて作れないという方は、まず仕組み作りに費やせる時間を確保できる環境を整えましょう。

 

それか不動産経営や株式投資など、時間ではなくて資産そのものをリスクにかけ、収益を得る仕組みを作る事ですね。

それでも勉強したり、契約したりする時間は必要ですし、何よりもある程度ゆっくり考える時間も無いと間違った判断をしてしまうかも。

カッパ君
カッパ君
時間って大事ね。

仕組み作り以外で収入を増やす方法は?

ここまで、収入を増やす方法として「収入を増やす仕組みを作ろう」と説明してきましたが、もちろんそれ以外にも方法はあります。

様々な選択肢を読者の方に提示すべきと考えますので、以下仕組み作り以外で収入を増やす方法について主だったものを説明していきます。

転職

転職

今の会社よりももっとお給料の良い会社。

今の職種よりももっと年収の高い職種。

転職する事で収入を増やす事は十分可能です。

 

条件の良い求人に応募してステップアップしていくのはよくある話ですから。

 

最近に限った事ではないですが、ITエンジニアなどは転職を繰り返し、待遇をUPさせていくものなので、転職も収入を増やす方法としては一般的と言えます。

 

ただし、あまりつぶしが効かない職種についている方や、大企業などは転職しても収入を増やすどころか減らしてしまう事も多いので、よくよく考えた方が良いと思います。

(もちろん、自分で収入を増やす仕組みを作る為に、環境を変える為(時間を確保する為)に転職するというのは全然ありです)

労働型の副業

労働型副業

本業として勤めている会社の勤務が終わった後にアルバイトをしたりすれば収入が増えます。当然ですが。

ただし、これはあまりお勧めできないかも。

 

本業がおろそかになってしまって本業の収入が下がってしまえば本末転倒ですし、仮に本業以外にアルバイトで労働して収入が増えたとしても時間というかけがえのないリソースを失うからです。

アルバイト掛け持ちは、その場しのぎ感が強く、疲労もたまります。

 

ですので、本業以外に労働型の副業をして収入を増やすのはお勧めできません。

 

ただし、例外があって、お金以外に経験やスキルを得る事が出来る副業ならありです。

例えばWebライターとしての副業は労働型ですが、ライティングスキルが身に付き、経験を得る事が出来、限界はありますが単価UPも見込めますので、選択肢として否定はしません。

カツオ
カツオ
僕もWebライターをしていた時期があります。

IT関係の会社でのアルバイトなどが出来るのであれば、それはそれでおススメかも。

もちろん行う仕事の内容にもよりますが、スキルアップできればそれは単純な収入UPよりも大きな財産と言えるでしょう。

会社で昇進

昇進

収入を増やす方法としてもっともオーソドックスかも知れないのが、今いる会社で昇進するという事です。

環境を変えないで収入が増えるので、その意味ではオススメです。

 

なんだかんだで新しい事を始めたり、転職したりして収入を増やすのはストレスが大きくて消耗してしまう事も多いでしょうから。

カツオ
カツオ
本業を頑張るのは良い事です。

ただし、今の時代、一つの会社に勤めていれば安泰という事はなく、本業以外にもスキルや収入を増やす仕組みを持っておいた方が良いとは思います。

節約すれば良いのでは無いかという人に対しての答え。

収入を増やす方法について色々と述べてきましたが、反対の考えとして「収入を増やすのではなく節約すれば良い」という方もいると思うので、それに対しても意見を述べておこうと思います。

 

確かに月収を5万円増やすのと、5万円節約するのでは「同じ5万円だし節約したって同じじゃん」という人もいるでしょう。

その考えも全否定しませんが、僕は節約するよりも収入を増やす方をお勧めします。

 

節約には上限がありますが、収入を増やすのには上限が無いから。

 

例えば月収20万円の人が、月に20万円以上節約するのは物理的に無理なはずです。

一方で月収20万円の人が、副業で30万円稼ぐのは全然可能です。それ以上稼ぐ事だって可能。

 

もちろん、副業で本業より稼ぐ為には工夫や努力も必要で楽な話ばかりじゃないですが、本業の収入より節約するのは計算上不可能です。

それに節約しすぎると精神的にキツイ部分もあります。

カツオ
カツオ
ある程度はお金を使わないとストレスたまります。

今の時代は政府が副業を応援しているという事もありますし、何があるか分からないです。

ですので、本業以外にも収入を得る仕組みを持ったり、副業をしてリスクヘッジをするのが賢いのでは無いかと思うのです。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。