その他の雑談

職場でもネットでも批判ばかりする人を気にする必要なんてないよ!

職場でもネットでもどこでも批判ばかりする人っているものです。

いつか自分も彼らの標的にされてしまうのでは無いかとちょっとビビる人もいるでしょう。

しかし、批判ばかりする人なんて全く気にする必要がなくスルーでOKです。

ここでは職場やネットでよく見かける批判ばかりする人について述べていきたいと思います。

カツオのメルマガ

職場でもネットでも批判ばかりする人を気にする必要なんてないよ!

批判はスルーせよ。

批判ばかりする人を気にする必要なんて全く無いです。

 

理由は超単純で批判ばかりする人を気にしても1円の得にもならないし、彼らは口だけで何も出来ないから。

だから、そんな奴らを気にしたって損なだけ。

スルーでOKです。

 

人間の歴史で批判ばかりする人種がトップに立った例なんてないんです。(あったとしてもすぐに滅んだはず)

野党は与党の批判しかせず、与党の政策の代替案なんてろくに持ってないのです。

だから野党はずっと野党。

カッパ君
カッパ君
2番じゃダメなんですかぁぁぁぁぁ?

批判しかしない人って、つまりはそういう次元の方たちなのです。

職場で批判ばかりする人

職場で批判ばかりする人はスルーせよ。

職場で批判しか出来ない人っていうのは総じて能力が低くて地位も低いはずです。

だからそんな雑魚は気にしちゃ駄目。

 

何故なら批判というのは、低レベルな人達がする事だから。

批判というのは要は、何かを人のせいにする事。

確かに何か悪い事を人のせいにすると、気分は楽になりますが、何の学びも得られない。

そこで思考停止しちゃうわけなので。

悪い事象の反省を次に活かす事が出来ないんです、批判ばっかりする人というのは。

 

そして、他人は自分の思い通りに動く事はないので、また同じように悪い事象が起こってその人を批判する。

でも、自分は反省しないし何の学びも得る事が出来ないから前に進めない。

批判ばかりする人ってこの無限ループなんです。

 

会社とか職場って遊びじゃないし、自分が成長してステップアップしていかないといけないはず。

だけど、批判人間って

  1. 批判する。
  2. 反省しない。学ばない。
  3. 他人は自分の思い通りに動かない。
  4. また批判する。

の無限ループなので、ずっと停滞してしまって前に進まない。

 

そんな人間相手にしたって仕方ないじゃないですか。

だから職場で批判ばかりする人間は無視でOK。

相手にする価値はないんです。

ネットで批判ばかりする人

ネットで批判ばかりする人なんて、職場での批判好きな人よりも更に何も出来ないですので、マジで気にする必要ないです。

嫌な場合はPCかスマホを閉じればOKです。

画面の向こうのバカの事を気にするのは良くないです。

ゲームの敵キャラくらいに思っときましょう。



それでも批判ばかりする人が気になる場合の対処法。

批判しかしないような低レベルな人達って相手にする必要は無い。

スルーでOKです。

が、それでも気になってしまう場合の対処法もお伝えしておきたいと思います。

 

それはもう目の前の事にだけ集中するって事です。

目の前の事だけに集中せよ。

仕事でもプライベートでもスポーツでも何でも、生きている限り批判されることってありますよ。

カツオ
カツオ
僕も批判されますし、されてきました。

でも、究極的には「批判するかしないか」なんて、その人が決める事であって自分でコントロールできる事じゃないんです。

だから、自分でコントロールできない事に集中したって仕方ない。

よって、少しでも自分は前に進むために目の前の事を淡々とこなす。コレしかないんです。

 

影でコソコソ言われるのは気分は良くないです。

僕も会社員時代に飲み会断りまくって、陰でコソコソ言われていました(笑)

ただ、慣れって恐ろしいもので、スルーするって決めて「あいつらの行動まではコントロール出来ないな」と割り切ってしばらくすると、ホントに気にならなくなりました。

もちろん、最初は批判人間たちが気になりましたが、慣れる事で普通にスルー出来るように。

カッパ君
カッパ君
慣れです、慣れ。

批判されるのに耐えるのってメンタル的にしんどい時もあります。

僕も批判されれば良い気分はしないです。

だけど、人間は慣れる事が出来るのも一つの真実。

 

他人が批判するかどうかなんて、コントロール出来ない世界なので、気にするのは止めましょう。

気にするのは目の前にあるやらなければならない重要な事、です。

人を批判するという事の恐ろしさ。

職場やネットで批判ばかりする人なんてスルーでOKと力説してきましたが、最後に人を批判する事の恐ろしさについて言わせてください。

 

人を批判するというのは恐ろしい事です。絶対にしてはならない。

 

理由は簡単です。

人って批判された事はいつまで経っても覚えていて、その人はいざという時、自分の敵になるから。

影でコソコソ批判しても、必ず人づたいに伝わって、恐ろしい結果になります。

人は褒められた事は忘れる癖に、批判された事は一生忘れない生き物なんですよ。

人は批判された事を忘れない。

アメリカの神学者であるハリー・エマーソン・フォスディックは

人を憎むということはネズミ一匹を退治するために、家を焼き払うようなものだ

という明言を残しています。

人を批判してしまい、買った恨みは自分を焼き尽くす炎になって必ず返ってくるんです。

 

仏教だって人の悪口を言った人は大叫喚地獄に落ちるとされてます。

聖典や経典が現代社会にどこまでつながっているかは別として、考えとしては理解できますよね。

 

だから他人を批判するのは最も愚かな行為と言えるのです。

 

もちろん、直接に正々堂々と代替案まで用意した上で、認めるところは認め、そうでない所は違うと伝えるような批判ならOKでしょう。

というかそれは批判じゃなくて、議論ですが。

カツオ
カツオ
そういうアドバイスは真摯に受け止めるべきだし、自分もするべき。

そうじゃなくて、陰でコソコソ、自分の事を棚に上げて自分が悦に入る為だけに他人を貶める批判は絶対やっちゃダメなんです。

何か悪い事が起きて90%が他人のせいでも、残りの10%の自分の責任について反省出来るのが人間です。

90%の他人の事なんて批判してる場合じゃない。他人の事です。

 

人の批判をする暇があれば、自分の悪いところを一つでも直して前に進みましょう。

それが人間としてあるべき姿であり、そういう人が仕事でもプライベートでも成功出来るんですから。

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。