その他の雑談

FXで絶対に勝つ方法だと思っていた手法を公開する【真似しないで】

FXで絶対に勝つ方法を知りたいと思いませんか?

会社員時代の僕はこの問いに対し0.1秒で首を縦に振る男でした。

ですので、FXの色々な手法を研究し、いくつかのスタイルを編み出しました。

ここではそんな僕がFXで絶対に勝つ方法(だと思っていた手法)を公開しつつ、経験談を元に解説していきたいと思います。

カツオのメルマガ

FXで絶対に勝つ方法(だと思っていた手法)を公開。

FX必勝法とは?

僕がFXで絶対に勝つ方法だと思っていた手法は2つ。

その2つをこれから公開していくのですが、その前に前提条件を説明していきます。

それはどちらの手法も完全に「相場を読む」という事を放棄しているという事。

 

当時、僕は相場に関する有料メルマガや推奨されていた経済人のブログを毎日チェックして、その予想に基づいて売買をしていました。

  • 明日の相場のレンジはここからここ。
  • 明日は買い。
  • ここ一週間は売り。

しかし、こういう情報は自分が信じて行動したら外れるし、信じなかったら当たるしで散々でした。

カツオ
カツオ
上がると思って買ったら織り込み済み。

大丈夫だと思って売ったら予想外の要因追加で爆上がり。

だから、「自分は相場は読めないんだ」と悟って、相場を読むのではなく、数理的な確率論的なアプローチでFXで勝てないかと思ったのです。

 

それが相場を読むことを放棄した理由。

 

という事で、以下僕がFXで絶対に勝つ方法(だと思っていた手法)を2つ公開します。

マーチンゲールの法則のリスクを軽減した手法。

マーチンゲール法のリスクを軽減した手法

一つ目はマーチンゲールの法則を利用したものです。

マーチンゲールの法則とは、何かを賭けて一度負けたら、今度は前回の2倍の額を賭ける。どこかで勝てばそれまでの負けも取り返せて、かつ利益が出るというもの。

これを繰り返すと1→2→4→8→16→32→64…と、負けが続くと賭ける金額はどんどん大きくなっていきますが、どこかで勝てば必ず利益が出ます。

これを応用した手法です。

カツオ
カツオ
ちょっとこの説明だとイメージが湧きにくいと思うので図示します。

カッパ君
カッパ君
FXの基本の説明は割愛するよん。

手法の説明

これが手法の肝というか根幹部分↑

 

まず選択する通貨はドル円です。

一番手数料が安く、安定していて急激な動きが比較的少ないです。(それでもたまに超動きますが…)

リスクを軽減する為にもポンドやトルコリラは絶対に選ばない事。

 

仮に1ドル100円の段階でスタートするとしたら、買いと売りを1本ずつ建てます。

 

1ドル101円に上昇したら買いは1万円の利益が出て決済。

売りは1万円の損失が出ますが、損切りせずに更に2枚売りを建てます。

 

そこから更に1ドル102円に上昇したら損失は4万円に拡大。

ですが、損切りせずに更に4枚売りを建てます。

 

そこから今度は1ドル101円に下がったら損失は消えて3万円の利益が出ますので、そこで全て決済。

ポジションが無くなり綺麗になりました。

 

今回は上昇局面で説明しましたが、下落局面なら逆に対処します。

 

この手法は相場の予想は全くしません。

指値注文して、ずっと数字だけをチェックします。

数理的には絶対勝てる手法です。

 

ただし、レンジ相場じゃなくてどちらか一方に急激に相場が動くと含み損が莫大になってしまうという致命的な欠陥があります。

含み損が何万円というレベルならまだ平気でしょうが、何十万円と膨らんだらかなりキツイですし、何百万円クラスになったら耐えられないでしょう。

相場はいつか戻すものとは言え、相当なプレッシャーに耐えなければ使用できない手法です。

 

僕はこのリスクを軽減する為にいくつか対策を講じていました。

ポジションは小さく。

先ほどの説明図では1本は1枚(1ロット)と表記しましたが、実際はもっともっと小さいロット数にする事を強く推奨します。

0.05くらいで十分です。

そうする事でリスクがいくらか軽減されます。

マーチンゲールをマイルドにする。

先ほどは1→2→4→8…と倍々のマーチンゲール法に則った解説をしましたが、実際は1.8倍ずつとか1.5倍ずつというように、倍々よりかは少しマーチンゲールをマイルドにする方が精神衛生上は楽になります。

こうする事で急激に含み損が拡大するのを和らげる事が可能です。

ゼロカットのある海外口座を使用する。

この手法を行う時はゼロカットのある海外口座を使用しましょう。

日本国内のFX口座だと追証が発生する事があります。

そうなったら地獄。

 

ゼロカットになれば資金を失うだけで済み、借金まで負う事はないのです。

口座に入れる資金は余剰資金かつ失っても良い金額のみ入れる。

この手法というかFXの基本ですが、口座に入金する資金は控えめにしましょう。

仮に含み損が莫大になって口座が飛んだとしても、ゼロカットなので借金は負いませんし、そもそも入金している金額が控えめなら、そこまでのダメージがないので。

完全放置で戦う手法。

FXで放置で稼ぐ手法も考えました。

前述したマーチンゲール法を応用した手法は、決めた幅毎にポジションを取らなければいけないので、当時非常に忙しかった僕にはあまり向いていませんでした。

そこでもっと簡易に楽に出来る手法を考えたのがこれから公開するものです。

 

こちらの手法は含み損が莫大になるリスクも少なく、ポジションを持つタイミングも気分でOK。

しかもシンプル。

マーチンゲール法を応用した手法よりは優れているとは思っています。

 

方法は簡単。

  1. 朝起きたらドル円で同じロット数だけ売りと買いでポジションを持つ。
  2. その日の夜でも、翌日でも好きな時にレートをチェックし、利益の出ている方を決済。
  3. 残りのポジションは利益が出るまで放置。
  4. 残りのポジションが利益に転じたら好きなタイミングで決済。

この手法はそこまで含み損が莫大になる事もないので、精神衛生上は健全です。

ロット数は少な目にするのをお勧めします。

スプレッドの関係でなるべく売りの方を早く決済するように心がけます。

 

忍耐力がある人なら多少の利益は出しやすい手法でしょう。

こちらも海外口座を使用するのをお勧めします。(ゼロカットがある為)



FXで絶対に勝つ方法は存在しない。

FXに必勝法は無いぞ。

と、僕が忙しい会社員時代でも

  • 相場を読まず数理的な観点で
  • ある程度固く利益を出せる

ように考えた2つのFXの手法を公開しました。

考えた当初は「これこそFXで絶対に勝つ方法だ」と思っていたのですが、マーチンゲール法を応用した手法の方ではぼろ負け。

含み損の恐怖に打ち勝つことは出来ず、ルール以外のところで損切りしてしまいました。

 

放置で出来る手法では多少勝てたものの、大きく負け分を取り戻す事も出来ず、トータルとしてはまあ、負けたかな…くらいのラインで僕はFXを引退しました。

カッパ君
カッパ君
破産したり数百万円の損失を負わなかっただけでも上出来なのかも知れません。

これらの経験から言える事は、FXに必勝法は存在しないという事。

大事なのでもう一度言います。

FXで絶対に勝つ方法なんて存在しません。

 

甘い言葉に乗せられて、大して勉強もせずにFXに挑むのは…止めましょう!

※あくまで個人的見解です。

FXをやる理由は何故なのか考えよう。

FXをする理由は?

FXで散々スリルを味わい、トイレで息遣い荒くスマホを見て損切りしていた僕から最後にメッセージを送ります。

 

貴方はなぜFXをするのですか?

 

この問いに明確に答えられないならFXには手を出すべきではないです。

カツオ
カツオ
マジです。

また、その答えも以下のようなものだったらFXはやるべきではない。

  • 楽にお金が欲しいから。
    →働いた方が絶対良いです。FXは殆どの人が時間とお金を失って退場していきます。
  • 資産運用したいから。
    →長期保有で配当と株主優待で利益が出やすい株式の方がオススメです。
  • スリルを味わいたいから。
    →お化け屋敷に行ったり、格闘技をやりましょう。
  • 何となくやってみたかった。
    →デモトレードだけで止めておきましょう。

僕が会社員時代にFXを行ったのは「お金がもっと欲しいから」という理由でした。

ただ、今思うとFXをしてもスキルは身に付きませんし、どうせやるなら何らかのスキルが身に付く副業でもやるべきだったな…と。

 

もちろん中にはFXに才能があって、僕のような凡人とは違って大きな成果を出す人もいると思います。

ですので、断言はしませんが、お金が欲しいという理由でFXをするのであれば止めましょう。

他の資産運用や副業をした方が絶対良いです。

 

最後にもう一度聞きます。

貴方はなぜFXをするのですか?

 

カツオのメルマガ

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。