カツオの雑談

上司と合わないのが理由で会社を辞める前にやるべき事【体験談】

今回は上司と合わないのを理由に会社を辞めようと思っている方に向けて記事を書きました。

上司と合わないのが理由で会社を辞める前にやるべき事があり、それについて述べていきます。

僕自身、上司がバカで嫌な奴だったので無計画に会社を辞め、その後ちょっと後悔した経験があり、それに基づいて書きました。

この記事を読む事で上司とのストレスが改善されるでしょう。

カツオのメルマガ

上司と合わないのが理由で会社を辞める前にやるべき事

上司と合わないから会社を辞めたいカッパ

上司と合わないのが理由で会社を辞める前にやるべき事があります。

 

それは自分自身を見つめ直す事。

「は?」って感じだと思うので、もう少し説明します。

 

上司と部下が合わないというのは、時代・社会を問わずにどこでも起こっている事。

会社で「人間関係の問題」と言ったら同僚間の問題ではなく、上司と上手く行かないというのが多くの場合の本質です。

ケースバイケースですが、上司側に問題がある場合もかなり多いでしょう。

上司には部下を監督し、指導する義務がありますし、良きマネージャーでいるべきです。

それは当然であり、それが出来ていない上司が多すぎる。

カッパ君
カッパ君
僕の場合も上司は馬鹿でした。

ただ、部下は部下でしっかり仕事をし、報告や連携をとる義務があるのも事実。

会社は仕事をする場所なので、部下も上司に対して義務を果たしきれているかは一度深呼吸して考える必要があります。

それが、自分を見つめ直すという事。

報告はちゃんとしているか?

ホウレンソウ

まず、上司に対してちゃんと報告はしているかどうかを考えてみましょう。

 

そうする事で、上司との関係を良好に保つ事が出来、業務上も精神衛生上もメリットが大きいから。

 

多くの上司は報告がない事に対しては理不尽なくらいキレますが、報告をする事には怒ったりはしません。

「上司は仕事が出来ないカスだ」という意見はごもっともで、僕の上司もそうでした。

だから、それは正しいと思うのですが、部下である自分自身も言われなくても仕事の報告は毎日すべきです。(というか報告は部下の義務

仮に職場で報告する風土が無かったとしても、自主的に上司に1日1回、メールなどで報告してもバチは当たりません。

 

ちなみに次の2者で「仕事が出来る」と認識されやすいのはどちらでしょう。

  1. あまり仕事は出来ないけど、毎日の報告はしっかりする社員。
  2. 仕事は出来るけど、報告は全く無しの社員。

答えは①の「あまり仕事は出来ないけど、毎日の報告はしっかりする社員」です。

➀の方が仕事は出来ると思われ、上司からの評価も高まり、関係も良好になりやすいです。

 

上司と合わないと思ってしまう原因の一つで「仕事でいつも詰められて理不尽な事を言われる」というのは定番です。

でも、それは自分から報告をする事でかなりの部分は防げます。

 

だから、上司が理不尽だとか騒ぐ前に、毎日メールでも良いので、今日は何をしたのかとその成果をまとめて報告くらいはしても良いと思います。

 

ちなみに僕は、毎日の報告は上司にはしていませんでした。

上司にいいマネージメントを求めるのであれば、自分も報告くらいはする良い部下であるべきであったな、と今となっては一部ですが反省してます。

上司を褒めているか?

褒めるのは大事

上司を褒めているかというのも、実は大きなポイントです。

 

褒められて嬉しくない人なんて地球上にいませんし、人間関係を良好にする最高のドーピングだからです。

 

上司を褒めろと言われると「は?」と思うかも知れませんね。

確かに上司が仕事をするのは当然だから、褒める必要なんて無いかも知れない。

でも、部下が仕事をするのも当然なので、だったら上司が部下を褒める必要もない訳です。

こんな事を言ってると、人間関係が破綻します。

 

だから、どんなバカ上司でも仕事で成果を出す事はあるでしょうし、1個か2個くらいは良い所があるはずなので、そこは認めて褒めましょう。

カツオ
カツオ
上から目線で褒めないように注意。一応、上司なので。

お互いに褒め合う事が出来る関係に上司となれれば、会社を辞めようか悩むほど嫌ではなくなる事も多いでしょう。

 

ちなみに僕も自分の上司を褒めた事があるのですが、その後数日は関係は良好だった気がします。

媚びへつらうのではなく、認めるところは認める。

それくらいの感じでサラッと褒めると人間関係が上手く行くのは経験上ホントですね。

 

もちろん、上司が全然自分の事を褒めてくれない事もあるはず。

そういう時は癪に障りますが、まず自分から上司の事を褒めましょう。

そうする事で上司も自分の事を褒めてくれるようになりやすいはず。

職場の空気を良くするのは、上司の責任ですが、上司だけじゃなくそこで働く全ての人がやるべき事ですからね。

上司を人間として見ているか?

上司も人間。

どんなにムカついても上司は人間です。豚じゃない。

上司を人間として見ていますか?

 

上司を人間扱いしていないのに、部下である自分は人間扱いされようというのはちょっと都合のいい話ですよね。

 

上司だからと言って完璧じゃないし、中には能力がないのに年功序列で上司になっているだけの人もいます。

カツオ
カツオ
僕の元上司も無能でしたよ、はい。

でも、それも含めて上司なんです。

完璧じゃないのが上司なんです。

 

だから、上司だけに完璧を求めたり、上司だけに仕事に全てを費やす事を求めたりするのは止めましょう。

上司は人間だから。

 

この視点が部下側にあると、いい意味で上司に対して寛容になれます。

というか、仮に自分が上司になった時に「完璧」を求められても困るはず。

だから、上司を良くも悪くも人間だと思って接しましょう。

 

人間だからミスするし、機嫌が悪い時もある。

下痢の時も、二日酔いの時も、ハイテンションな時も、優しい時もたまにはある。

 

そう考えると、上司との人間関係は上手く行きやすいです。

上司と合わないのを理由に会社を辞めるのはアリだけど良くない。

ここまで紹介してきた三つを全部やっているのに、上司が理不尽に自分に切れてきて辛い。

やっぱり上司と合わないから会社を辞める。

というのは否定はしません。

ただ、良くは無いです。

どこでもバカ上司はいる。

バカ上司はどこでもいる。

上司と合わないから会社を辞めるのが良くないという理由の一つがこれ。

どの会社でもバカ上司はいるから。

 

正直、バカな中年オヤジ(ババア)はどこでもいるんですよ、はい。

部下としてやる事をやってるのに、あり得ない事をしてくるようなバカ上司。

そいつと別れる為に転職しても、結局転職先でも程度の差はあれ、バカはいます。

 

だから、上司と合わないから会社を辞めるのを繰り返すと無限ループになっちゃうんです。

無限ループは文字通り終わりがない。

 

よって上司と合わないから会社を辞めるというのは、おすすめは出来ないです。

(最悪の手段としてはアリ)

バカ上司がいないと自分が成長出来ない。

後、もう一つの理由としては、バカ上司がいないと自分が成長出来ないというのもあります。

カッパ君
カッパ君
昭和感のある考えだけどねー。

バカ上司がいるから、精神的にも業務スキル的にも成長できるという側面は否定はしきれないと思います。

(バカ上司がいないのが一番ですが)

 

もし仮に、最高の上司しかいない職場だったら、多分最高ですが、ストレス耐性とか業務スキルの伸び具合はそこまででも無いはず。

ある意味ではバカ上司は、蚊とか風邪ウイルスみたいな必要悪なところはあるんです。

良い上司しかいないぬるま湯の職場も良いのですが、自分の成長という点で考えると、(限度はありますが)バカ上司も必要。

 

そういう観点で、上司と合わないから会社を辞めるというのは、絶対やめろとは言いませんが、おすすめはしないです。

会社を辞める・辞めないを上司という軸以外でも考えたい。

上司と合わないから会社を辞めるのはおすすめしない、と言うのが僕の主張。

じゃあどうすれば良いかについて述べていきます。

上司以外にも辞める理由があるなら辞めろ!

退職する人

まず、上司以外の理由で会社を辞めるならそれはOKでしょう。

  • 会社に将来性が無い。
  • 上司とかそれ以前に全てがブラック。

こういう理由があるから辞めるのは全然あり。むしろすぐ辞めましょう

 

将来性が無い会社にいて「勤め上げる」とか馬鹿がやる事です。

会社は家族じゃないので、将来性が無いなら切りましょう。

 

また会社が給料安い、人間関係悪い、スキル身につかない、というような全ての悪要素が揃ったブラック企業だったら、そこで頑張る必要はないです。

次の会社を探しましょう。

ブラックで働いても時間が無くなるだけです。

上司以外辞める理由がないなら、辞めなくてもいいのでは?

バカが上司。でも辞めない。

冷静に考えて、上司以外に会社を辞める理由がないなら、辞めるのを踏みとどまるのも手です。

上司だけが会社を辞める理由なら、それだけは我慢して、後は会社から得られるものをしっかり貰うというのは一つの合理的な選択だから。

 

僕は上司と合わないという理由で会社を計画性なしに辞めましたが、正直ちょっと後悔した部分もありました。

完璧な環境って無いので、「上司」というただ一点だけが悪くて他は結構良い環境なら、それを捨ててしまうのって勿体ないですから。

 

生き方って今の時代は色々で、上司に嫌われつつも仕事はある程度しっかりこなし、帰宅後の副業で上司より稼いで幸せになるのも手です。

辞めないでいれば、もしかしたらその内、社内で良い上司に巡り合うかも知れません。

 

色々なケースは考えられるのですが「上司と合わない!」というだけで、瞬間湯沸かし器みたいに会社を辞めてしまうのは、昔の僕みたいです。

そして、それは最善の選択ではないので、おすすめは出来ないのが僕の本音。

会社だけの人生を送りたい人は絶対読まないで下さい↓

カツオ
カツオ
参加無料のオンライン講座やってます。

副業で収入UPしたい!会社に依存したくない!スキルを身に付けたい!

そんな貴方は参加しなきゃ損!

カッパ君
カッパ君
参加者限定特典初心者でも月5万円稼げるブログノウハウをプレゼント!

参加者しか見れない秘密のコンテンツも盛りだくさん!

カツオのメルマガ
 

※携帯電話のメールアドレスでは登録出来ませんのでご注意下さい。

GmailやYahooメールなどがオススメ。

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。