田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

「トレンドアフィリエイトを初めて2ヶ月。全然上位表示出来ないし稼げない。なんでだろう?」

こんな貴方は、もしかしたら「ずらしキーワード」という概念が理解できていないのかもしれません。

 

トレンドアフィリエイトを実践するにあたり、この「ずらし」のテクニックはキーワード選定において必須となります。これが出来ていないと稼いでいくのは難しいでしょう。

逆にマスターする事が出来れば、稼ぐスピードも上がりますし、特化型ブログや物販アフィリエイトにも応用が出来るでしょうね。

非常に有効なテクニックなのでしっかりと抑えておきましょう!

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。

トレンドアフィリエイトに必須!ずらしキーワードのテクニックとは?

ずらしのテクニックについて解説!

さっそく「ずらしキーワード」のテクニックについて説明していきたいと思います。

 

ずらしキーワード(単に「ずらし」とも)とは「選定するキーワードがドメインパワーが強いサイトのキーワード選定と被らないように、別のキーワードを選ぶ」事です。

 

これはトレンドアフィリエイト実践者に限らず、検索上位に自分のページを表示させたい人ならば必ず使いこなす必要があるテクニックになります。

例えば、ヤフーニュースに次のような記事が出ていたとしましょう。

女優○○△△が結婚!ブログで「超幸せ」

女優○○△△が結婚していた事をブログで明らかにした。○○△△はブログの中で「人として尊敬出来る彼と家族になれるなんて超幸せです!これからは二人で支え合いながら仕事も頑張っていきます!」と綴っている。所属事務所によるとお相手は知人の紹介で知り合った一般人であり詳細は明らかになっていない。

 

このニュースを見て次のようなキーワード選定・タイトル付けをしているような人は稼げる可能性はほぼないでしょう。

「女優○○△△が結婚だって!発表したのはブログw」

 

重要なのでもう一度言いますが、ずらしとは「選定するキーワードがドメインパワーが強いサイトのキーワード選定と被らないように、別のキーワードを選ぶ」ということです

 

上記のようなタイトルだとどうでしょう?

「女優○○△△ 結婚」というキーワードはヤフーニュースと丸かぶりです。それはドメインパワーが強いサイトのキーワード選定と思いっきり被っているという事です。

ヤフーニュース以外のニュースサイトも同じようなキーワード選定・タイトルで記事を公開するでしょうから、このキーワード選定で上位表示は絶望的です。

「発表」や「ブログ」は論外ですね。元ネタのニュースのキーワードと丸かぶりな上に、そもそも「発表」などは検索需要が少ないキーワードです。

 

ずらしのテクニックが理解できていないと、このようなキーワード選定・タイトル作成をやってしまいがちなものなのです。

イッヌイッヌ

「ずらし」ってかなり有名なテクニックなんだけど、結構出来てない人が多いんだよね。

田村カツオ田村カツオ

ちなみに僕のブログ初心者時代は「ずらし」が出来ていなかっただけでなく、世間一般と感覚もずれていたのでホント散々でした(汗)

具体例で説明!

ずらしのテクニック1

「選定するキーワードがドメインパワーが強いサイトのキーワード選定と被らないように、別のキーワードを選ぶ」と言っても、これだけでは中々分かりにくいと思いますので、具体例を挙げながら説明していきますね。

 

上手くキーワードをずらす際にまず必要な思考は「これを見た人は次に何を考えるだろうか?何が気になるだろうか?」「どんなキーワードを検索窓に打ち込むだろうか?」という思考です。

 

先程とはまた違うニュースで考えてみましょう。

○○○○が妊娠 グループ脱退を発表

アイドルユニットのラムレーズン娘。の○○○○が妊娠とグループからの脱退を発表した。

○○○○はブログの中で「突然ですが、新しい命がお腹に宿っている事がわかりました。判明した時はどうしていいか分かりませんでしたが、悩み抜いた上で産もうと決めました。しばらく歌もダンスも出来ませんのでグループからも脱退させて頂きます。突然の発表になり申し訳ありません。今まで応援してくれたファンの皆様には本当に感謝しています。」とコメントしている。

所属事務所は「引き止めたが本人の意志が固かったため認めた。」とだけ発表しています。

 

このニュースを見た人は何が気になるでしょうか?

 

王道で言うのであれば「妊娠って言うけど相手が誰なの?」という事が気になる人が多いのではないでしょうか?

そう思った人は「○○○○ 妊娠 相手」や「○○○○ 妊娠 相手 誰」と検索窓に打ち込むでしょう。それをそのままキーワードにしてタイトルは「○○○○を妊娠させた相手は誰?」みたいなタイトルをつけるとアクセスが集まるでしょう。

 

「○○○○」「妊娠」はキーワードが元ネタのニュースと被っていますが、その先に「相手」「誰」というキーワードが入る事で上手くずらせていますよね。

 

 

他にも「○○○○を妊娠させた相手は彼氏なのでは?」と思う人もいるかも知れません。

その場合は「○○○○ 彼氏 誰」と検索窓に打ち込むでしょうから、タイトルは「○○○○の彼氏は誰?」というようなタイトルが良いでしょう。元ネタのニュースのタイトルに「彼氏」とか「誰」というキーワードは入っていませんから、ずらせていますよね。

 

また「○○○○は結婚するのか?」や「○○○○は最近お腹は出ていたのか?画像が見たい」、「○○○○は事務所との違約金みたいなものは発生しないのか?」というような事が気になる人もいるでしょう。元ネタのニュースのタイトルと被らない形で色々なキーワード選定が出来ますね。タイトルも考えやすいですよね。

 

ちなみに恐らくですが、一番アクセスを集めやすいキーワード選定とタイトルは先程紹介した「○○○○を妊娠させた相手は誰?」でしょうね。一番素直に、ニュースを見た人が気になる事を捉えていると思います。

 

ですが、そのキーワード選定でライバルが多かったり強すぎたりしたら、別のずらしたキーワードで狙ったり、または組み合わせたりすると良いでしょう。例えば「○○○○を妊娠させた相手は誰?お腹出てる画像が衝撃!」とかですね。

32文字で収まりきるならば、なるべく多くの要素を盛り込んで魅力あるタイトルにした方がアクセスは集まります。このタイトルならば「妊娠 相手 誰」の線でライバルに負けたとしても「お腹出てる 画像」のキーワード選定でライバルに勝てるかも知れませんので。

田村カツオ田村カツオ

「元ネタを見た時に人は何を疑問に思うか。何が気になるか」を考えるのが一番のポイントです。

ずらしのテクニック2

上記の例ではニュースネタを使ったショートレンジキーワードについてずらしを説明しましたが、ロングレンジネタでもずらしは有効です。

  • 「○○○○ 妻」というキーワードでライバルがいっぱいだったら「○○○○ 嫁」という風に強いサイトとずらしてみるとか。
  • 「△△△ かっこいい」というキーワードがライバルでいっぱいだったら「△△△△ イケメン」という風にずらしてみるとか。

 

このように「キーワードを同義語に言い換える」というずらしも有効な場合があります。

 

先程のずらしとはまたタイプが違ったずらしですよね。

 

それでも「選定するキーワードがドメインパワーが強いサイトのキーワード選定と被らないように、別のキーワードを選ぶ」というところの本質は変わっていません。

人はどんな事が気になるか、どんな言葉が検索されるか、どういう風にして強いサイトと被らないようにするか。それを実行するのがずらしのテクニックの本質なのです。

ずらしのテクニック3

キーワードとして採用する言葉の数を増やすというのも立派なずらしです。これは「掘り下げる」とも言われますね。

 

①例えば嵐の大野智さんについて記事を書くとします。まずキーワードを選定する訳ですが、その際はサジェストや虫眼鏡を使っていきます。

大野智さんのような大スターは「大野智」というキーワード一つだけでは上位表示は出来ないでしょう。ですので「大野智」に続く2つ目のキーワードをサジェストや虫眼鏡から選びます。ここでは「石原さとみ」を選んでみます。

掘り下げる。


 

②「大野智 石原さとみ」というキーワードを選んで実際にその2語で検索してみるとかなりライバルが強力なのが分かります。ですので「この2語では勝算が薄い」と判断出来ます。

ここで諦めるのでは無く「大野智 石原さとみ」に続く3つ目のキーワードを選んでみましょう。ここでは「地元」を3つ目のキーワードとしてみます。

掘り下げる。


 

③「大野智 石原さとみ 地元」というキーワードを選んで実際に検索してみると、かなりライバルは減っていますがそれでも楽なフィールドではなさそうです。

そこで「大野智 石原さとみ 地元」に続く4つ目のキーワードも選んで見ましょう。サジェストを見ると「習い事」や「どこ」というキーワードが出てきますね。

掘り下げる


 

④実際に「大野智 石原さとみ 地元 習い事」「大野智 石原さとみ 地元 どこ」で検索してライバルをチェックしてみましょう。

流石に4つ目までキーワードを増やす(掘り下げる)とライバルも弱くなっていますね。

という事で、キーワードは決定です。「大野智 石原さとみ 地元 習い事」そして「どこ」も使ってしまうのが良いでしょうね。

 

この様にキーワードとして採用する言葉を増やしてみる(掘り下げる)のも有効なずらしとなります。必須のテクニックになりますので抑えおきましょう。

田村カツオ田村カツオ

サイト開設して間もない時期でドメインパワーが弱い場合はこのテクニックはとても重宝します。

まとめ

ずらしキーワードのテクニックとは「選定するキーワードがドメインパワーが強いサイトのキーワード選定と被らないように、別のキーワードを選ぶ」という事です。

ずらすためには「元ネタのニュース等を見た人が次に何を考えるか?何を気にするか?」という思考をする必要があります。

 

また、ニュースを見て、人が次に何を考えるかというだけでなく、「検索されやすい言葉を同義語で言い換えて強いサイトとキーワードを変える」というずらし方や「キーワードを掘り下げる」

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。