プラグイン

WooCommerceの注文を処理する方法を解説!配信されるメールについても

WooCommerceでWordpressにて決済システムを作り商品が売れた場合、入金を確認し商品を発送する必要がありますが、そういった現実の作業だけでなく、Wordpress上でも注文データを管理する必要があります。

WooCommerceの注文ステータスを変更すると購入者へのメールなども送信される為、しっかりと抑えておかないと、売り上げの管理が出来ないばかりか思わぬクレームになるかも知れません。

そこでここではWooCommerceで注文を処理する方法や配信されるメール等について説明していきたいと思います。

カツオのメルマガ

WooCommerceの注文を処理する方法を解説!

WooCommerceの注文を処理する方法

WooCommerceを使用して、Wordpressサイトで決済システムを作り、注文が発生すると、タスクとしては以下の3つを行う必要があります。

  1. 入金確認
  2. 商品の発送
  3. WooCommerce上の注文処理

➀の入金確認についてはStripeやペイパルと連動させたクレジットカード決済ならば自動で処理されますが、銀行振込だった場合は目視での確認が必要です。

②の商品の発送については、画面上での入金確認やWooCommerce上の注文処理とは別に現品を宅急便などで発送するなり、デジタル商品ならばメールにて送付なりする必要があります。

カツオ
カツオ
上記の①、②についてはここでは深く説明しません。

ここでは③のWooCommerce上の注文処理をどうするかという事にスポットを当てて述べていきますね!

注文処理画面へ進む。

WooCommerceの注文処理を行うには、ダッシュボード画面左のメニューから「WooCommerce」→「注文」と進みます。

すると発生した注文が一覧になっているページに進みますので、その中から処理したいものを選択しクリックします。

WooCommerceの注文処理

注文ステータスを変更する。

処理したい注文をクリックすると個別の注文の詳細画面に遷移します。

(下記みたいな画面)

WooCommerceの注文処理画面

上記画像の赤く囲ってある「状況」という場所が、注文のステータスを変える箇所です。

プルダウンで状態を選択できるようになっており

  1. 支払い待ち
  2. 処理中
  3. 保留中
  4. 完了
  5. キャンセル
  6. 払い戻し
  7. 失敗

の中から選択する形になります。

選択してから、管理画面上で右にある「更新」を押さないと変更が反映されないので注意して下さい。

 

➀の「支払い待ち」は一番最初の状態です。

StripeやPayPalでクレジットカード決済が行われた場合は自動的に②の「処理中」になり、カード決済以外の場合は③の「保留中」に変わります。

④の「完了」は入金も確認し、商品も発送し、やる事が全部終わった状態。

やる事が全部終わった注文は注文ステータスを「完了」にします。

⑤の「キャンセル」はお客さんがキャンセルした状態。

⑥の「払い戻し」は返金処理をした注文に設定するステータスです。

⑦の「失敗」は支払いが失敗となり、注文そのものも失敗となっている状態です。(クレジットカード決済サービスの方で不具合があるとこれになります)

カッパ君
カッパ君
ふむふむ。

多くの場合は注文を受けてから商品を発送し、「処理中」or「保留中」を「完了」に変えるというのが通常のパターンです。

イレギュラーな対応が必要な時もありますが、その時は状況に応じた注文ステータスを選んで管理していく必要がありますね。

WooCommerceの注文ステータスによって配信されるメールについて解説!

いくつかの注文ステータスを選択するとお客様にメールが発信されます。

カツオ
カツオ
ころころ注文ステータスを変えると沢山メールが届いちゃうので注意!

各ステータスによってどんなメールが配信されるかは「WooCommerce」→「設定」→「メール」で設定&確認出来ます。

WooCommerceのメールの設定

 

よく選ばれる注文ステータスとお客様に送信されるメールの関係は以下の通り↓

注文ステータス送信されるメール
処理中「処理中の注文」で設定されたメールが配信される。
初期設定は「{site_address} をご利用いただき、ありがとうございます !」
保留中「注文保留」で設定されたメールが配信される。
初期設定は「間もなくご注文の手配が開始されます。」
完了「完了済みの注文」で設定されたメールが配信される。
初期設定は「ご利用いただきありがとうございます。」
払い戻し「払い戻し注文」で設定されたメールが配信される。
初期設定は「またのご利用をお待ちしております。」

「WooCommerce」→「設定」→「メール」で、その注文ステータスになった時にメールを配信するかどうかや、配信されるメールの本文や内容を変更出来ます。

なお、手入力で直せる部分は問題ないのですが、場合によってはphpを変更しないと修正出来ない箇所もありますので、そういう部分を修正する時は要注意。

WooCommerceの注文処理についてのまとめ

WooCommerceの注意処理の方法について説明してきました。

WordPressサイト上で商品を売るとなると入金確認以外にも、商品の管理・発送、そしてWooCommerce上での注文管理など色々とやる事も多いです。

ただし、一度やり方に慣れてしまうと後はルーティンになるのでそこまで気にしなくても大丈夫です。

とにかく色々とやってみて慣れましょう!

なお、WooCommerceの場合は「WooCommerce」→「設定」→「決済」でテストモードが使用できますので、最初はテストモードで動作確認・練習をしておく事を強く推奨します。

【追伸】

カツオ
カツオ
僕のメルマガでは初心者が会社以外からの収入源を確立する為のオンラインレッスンをやってます。

会社に不満があるけど自分を押し殺して従わざるを得ない…そんな状況を変えてみませんか?

カッパ君
カッパ君
メルマガは完全無料で参加者には限定プレゼントもあるので興味のある方はどうぞ↓

カツオのメルマガ
 

※携帯電話のメールアドレスでは登録出来ませんのでご注意下さい。

GmailやYahooメールなどがオススメ。

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。