田村カツオ田村カツオ

こんにちわ。田村カツオです。

今回はアドセンス広告を貼る位置をブログ上のどの場所にしたら良いか」について効果的な貼り方をご説明していきます。

ブログアフィリエイトを実践するにおいて、アドセンス広告をどこに貼るべきか。広告を貼る位置はとても重要です。目立たない場所に貼っても訪問者はクリックしてくれません。

かと言って、邪魔な場所に貼り付けてもユーザビリティーが下がるだけ。場合によってはグーグルアドセンスから注意を受ける場合もあります。

アドセンス広告を貼る位置は収益にも関わる重要ポイントとなりますのでしっかりと抑えておきましょう。

田村カツオのメルマガ登録ボタン

メルマガ(無料)をやっています。興味のある方はどうぞ!(^^;)

アドセンス広告を貼る位置、効果的な貼り方を解説

アドセンス広告を貼る位置で収益は目に見えて変わる!

トレンドアフィリエイト等のブログアフィリエイトを行う際に、グーグルアドセンスの広告をどこに貼るのかは非常に重要なポイントです。

貼る位置が悪いと訪問者はあまり広告をクリックしてくれません。

逆に効果的な位置にアドセンス広告を貼ることが出来れば収益が一気に倍になったり1.5倍になったりします。

 

僕自身、アドセンス広告を貼る位置を変えるだけで、大幅に収益がUPした経験を持っています。こういう細かい所が重要で大きな差がつく所なのです。しっかりと抑えておきましょう。

尚、グーグルアドセンスの広告を貼る為のプラグインAdSense Manager(またはAdvanced Ads)を使うことは必須と言えますので、使い方が分かっていないという方は下記の記事を参照しておいて下さい。

 

アドセンス広告を貼る位置ですが「本文中の上部」と「本文中の真ん中あたり」と「本文の下」に大体等間隔になるように貼っていくべきです。

以下に例示します。

~本文書き出しの部分~

~本文書き出しの部分~

~本文書き出しの部分~

~本文書き出しの部分~

~本文書き出しの部分~

スポンサードリンク

アドセンス広告を貼る位置はどこがオススメ?

【最初の見出し】

~本文~

~本文~

~本文~

~本文~

~本文~

スポンサードリンク

アドセンス広告を貼る位置はどこがオススメ?

【2つめの見出し】

~本文~

~本文~

~本文~

~本文~

~本文~

スポンサードリンク

アドセンス広告を貼る位置はどこがオススメ?

全体像としてはこのような位置にアドセンス広告を貼るのが良いと理解しておいて下さい。

以下、貼り付ける場所別にポイントを述べておきます。

本文中の上部

本文中の上部の広告ですが、かならず抑えておきたいのは「本文よりも先にアドセンス広告を貼らない」という事です。

本文より先にアドセンス広告を貼るのはNGいきなりアドセンス広告を貼り付けてしまうと訪問者が来た瞬間に目にするのが、本文ではなくてアドセンス広告になってしまいます。それは「誤クリック」を誘導していると取られかねませんので注意が必要です。

僕が勧めているワードプレスブログの基本的な書き方では、最初に書き出しの文章を書いてそれから最初の見出しが来る事になりますが、最初の見出しの直前にアドセンス広告を貼るのが良いでしょう。

 

ちなみに、下の例の様に「見出しの直後(見出しの直下に当たる部分)に広告を貼る」のは止めたほうがいいです。

ここに広告を貼るのは止めたほうがいい。
見出しの直下にアドセンス広告を貼るのは止めたほうがいい。

その部分は誤クリックが頻発している箇所となり、グーグルアドセンスとしても注意を払い始めている可能性が高いです。何らかの処罰が下されないでもないので止めておきましょう。

ちなみにアドセンス広告を貼る際にはAdSense Manager(またはAdvanced Ads)を使用しましょうね。大幅に作業効率が上がりますので…

本文中の真ん中あたり

本文中の真ん中あたりのアドセンス広告についてですが、これも見出しの直下に貼るのはNGだと思って下さい。

また、本文中で画像を使うこともあると思うのですが、画像とアドセンス広告が隣り合うのは規約違反となる可能性が高いので絶対に避けましょう。(これはどの部分に広告を貼る場合でも共通でNGです。)

 

また「本文中の上部」と「本文の下」の広告に挟まれる形になるのが、このポジションですが各広告との距離は大体均等になるように意識するようにしましょう。その方が若干クリック率が上がる傾向にありますので。

本文の下

本文の下のアドセンス広告はAdSense Managerを使わずにphpを書換えて自動でアドセンス広告が表示されるようにするのがオススメです。

まず、ワードプレスのダッシュボード画面の左側のメニュー一覧から「外観」→「テーマの編集」を選択。そして右側に出て来る一覧から個別投稿(single.php)を選択しましょう。場所はここです。

 

ここからphpのコードを書換えていくことになるのですが、その前に「手を加える前のコード」をコピーしてワード等で保存しておくと安心です。万が一失敗しても、保存しておいたコードをコピーしてワードプレスに貼り付ける事で簡単にリセット出来るので…

 

さて、実際にphpのコードを書換えていくわけですが、正確には「アドセンス広告のコード等を書き加えるだけ」ですので、そんなに難しくはありません。

 

まずグーグルアドセンスのページに行き、アドセンスコードをコピーしましょう。下の画像で赤い四角で囲った部分をコピーします。グーグルアドセンスの広告

 

そして今コピーした広告コードを、個別投稿(single.php)の「下の画像の部分のすぐ上」に貼り付けます。(</div><!–article-body–>の上に貼るという事です。

場所はここだ!

(これは賢威7の場合なので、テンプレートが違えば若干違う時もありますが、その場合は本文の一番下の部分をコードから探し出し、実際に広告を貼り付けて位置を適切な場所に微調整してみて下さい。)

 

次にphp上で、今貼り付けたアドセンス広告コードのすぐ上に<center>Sponsored Link</center>をコピーして貼り付けて下さい。これは「これがグーグルアドセンスの広告である」と示す為のものです。

 

最後に、php上で今貼り付けたアドセンス広告コードの
直前に<center>を
直後に</center>を
貼り付けて、広告が常に真ん中に表示されるようにしておきましょう。

要は<center>あなたの広告コード</center>という状態にするという事です。

アドセンス広告を貼る上でのその他注意点

最後に、アドセンス広告を貼る上でのその他の注意点をここで説明しておきます。既に述べている部分と重複するポイントもありますが、非常に重要なのでしっかり読んでおいて下さい。

広告の数について

少し前までグーグルアドセンスの広告の数は「1ページにつき3個まで」と決められていましたが、今はその決まりはなくなりました。

ただし「訪問者にとって有益なサイトであり、広告主が広告を載せたいと思えるようなサイトにこそグーグルアドセンスの広告が貼られるべきだ」という根本の部分は変わっていないはずです。

広告の数について

そうすると、1ページあたりの広告数の制限が無くなったからと言ってアドセンス広告を貼りまくるのはよくありません。(あなたもアフィリエイト広告ばかりが表示されるサイトは嫌ですよね?)

 

それを考慮すると、アドセンス広告は基本的には1ページ3個程度で、文字数が多くなった場合は一つ増やして4個程度にするくらいが無難だとは思います。僕は4つ以上のアドセンス広告を貼る場合は、その記事の文字数が3000字を越えた場合にしています。

合計で幾つ貼るかは、文字数や他の画像との距離感などを考えて決めています。

これは「僕はこうしている」というだけの例なので、強制力などはもちろんありません。(最終的には自分で判断してくださいね。)

他のASP広告との兼ね合いについて

ブログアフィリエイトをしていると、グーグルアドセンス以外のASPの広告を使うこともあります。A8netや楽天アフィリエイトが代表例ですね。

グーグルアドセンス広告を貼っているページに、A8netや楽天アフィリエイトの広告を貼る事は僕もあります。その際は「グーグルアドセンス」と「他のASP」の広告がはっきり違いが分かるように距離をとって貼り付けています。

ページに表示される「アフィリエイト広告全体の数」も過剰にならないように気をつける必要がありますね。

グーグルアドセンスの規約は絶対に守る

絶対に守りましょう。絶対です。

まとめ

  • アドセンス広告を貼る位置は「最初の見出しの前」「記事中の見出しの前」「本文の下」の3箇所がオススメ。
  • アドセンス広告の数は1ページにつき3個までと決まっている訳ではないので、記事が長くなれば増やしてもOKだが過剰になりすぎないように。
  • 他のASPとグーグルアドセンスを併用する場合でも、広告全体の数が多くなりすぎないように注意する事。
  • グーグルアドセンスの規約違反には細心の注意を払うべし!

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。