労働環境

人間関係で悩まない仕事がしたい!現実的に出来る働き方を紹介!

カツオのメルマガ

 

職場の人間関係で悩んでいたりしませんか?

かく言う僕自身、職場における悩みの最たるものが人間関係だったので、会社を辞めたり色々な働き方にトライする中で対人ストレスを軽減する方法を模索してきた過去があります。

そこでここでは人間関係で悩まない仕事や働き方について述べていきたいと思います。

この社会で生きていく上で人との関わりを無くすのは不可能ですが、適切な選択をしていく事で対人ストレスをコントロールしていくのは可能。

参考になれば幸いです。

人間関係で悩まない仕事とは?

人間関係で悩まない仕事ってある?

人間関係で悩まない仕事というのは、厳密に言えば実は存在しません。

この社会で誰かに価値を提供し、報酬としてお金を誰かからもらうという流れの中では多かれ少なかれ、人と関わる必要があり、そこには必ず対人ストレスが発生します。

強いて言えば株やFXなどの投資だけで生きていくとすれば、人との関わり合いは極限まで少なく出来るかも知れません。

ただ、それでも人と触れ合う事を完全にゼロには出来ませんし、そもそも資産運用だけで生きていくには莫大な資産が必要なので一般人にとってはあまり現実的ではない。

カツオ
カツオ
資産運用だけで生きていくにはキャッシュで1億円は必要です。

カッパ君
カッパ君
そんなに持ってない…

ただし、「人間関係で全く悩まない仕事」は無いとしても「悩む事が少ない仕事」というのは存在します。

そこで、以下「人間関係の悩みが少ない」という意味で、人間関係で悩まない仕事や働き方を紹介していきたいと思います。

人間関係で悩まない仕事や働き方で現実的なもの。

人間関係で悩まない仕事や働き方として、実践するのが現実的なものが僕の経験上、次の3つです。

  1. 在宅ワーク
  2. 単純作業系のアルバイト
  3. 今の職場から転職してみる

以下、これらについて僕自身の経験を踏まえながらお話していきます。

在宅ワーク

在宅ワーク

在宅ワークはかなりオススメ。

僕は新卒で入った会社を辞めてから数々の在宅ワークをこなしてきました。

人間関係で悩まないという点では、上司と直接顔を合わせる必要がないので、大分軽減されます。

ただ、ブログやYouTubeなど自分の媒体を運営すれば、たまには悲しいコメントをしてくる人もいますし、ライターやデータ入力は担当者と連絡を取り合う必要はありますので、場合によってはそれをストレスに感じる人もいるかも知れません。

カツオ
カツオ
もちろん、普通に会社に勤めるよりははるかに少ないストレスで出来ますけどね!

ブログ

ブログはやり方次第で大きな収益源とする事が可能です。

ブログを実践する事で、基礎的なSEOの知識、ライティングスキル、HTMLやCSSなどの最低限の知識、問題解決能力などが身に付き、あらゆるビジネスに応用できるスキルが身に付きます。

ブログが上手く軌道に乗ると会社員の月給以上に稼げてしまったりもしますし、労働時間もどんどん短くなっていきます。

収益が発生するまである程度は辛抱が必要という欠点もありますが、在宅ワークの選択肢の一つとしてブログを検討してみる価値はあるでしょう。

関連記事:【保存版】ブログで稼ぐ方法まとめ

ライター

ブログを運営している個人や法人は数多く、その記事は外部で雇われたライターが書いている事も実は結構あります。

僕自身、クラウドワークスに登録して、少しの間ですがライターをしていた時期があり、報酬の目安としては…

  • 専門的な知識が必要ない簡単なライティングなら1文字0.3円くらいから。
  • ある程度専門的な知識や経験が必要な案件は1文字1円(それ以上の場合も)程度。

ライター業はライティング能力がしっかり付くのと、報酬が必ず発生するのが大きなメリットです。

案件の数をこなせば、月収10万、20万円と稼いでいく事も可能。

ただし、肉体労働的な部分もあり、書ける記事数にも限界はありますので、収入の限界は20万円くらいでしょう。

カツオ
カツオ
ちゃんとした記事を納品しようとすると結構疲れるんです。

データ入力

僕が会社員を辞めた直後に収入の足しになれば良いなーと始めたのがデータ入力です。

「データ入力」と一言で言っても、テスト問題を媒体に合わせて書き直したり、音声を聞いてそれを文字に起こすような仕事が中心でした。

大体、一件こなすと100円から200円程度の報酬がもらえるものが多かったと思います。

(時給のものもありましたが、僕は本業もあったので空いた時間で出来高制で出来る仕事を選択しました)

やれば確実にお金になるのがメリットなのですが、スキルが身に付くものではないですし、大きなお金を稼ぐのには不向きだなと思い、1ヶ月ちょっとで辞めました(汗)

カツオ
カツオ
僕はこれには向いてなかったです。

YouTube

YouTubeは撮影する場所によっては完全に在宅ではないのですが、編集作業の大部分は自宅にて行います。

YouTubeはブログと似た部分があり、チャンネルが育てば大きく稼ぐ事も出来ますし、動画編集スキル等も身に付きます。

一方で2019年現在チャンネル登録者数が1000人を超えないと広告を貼る事が出来ず、収益化までのハードルが高いという欠点も。

また、動画はブログのような文字媒体よりもかなりコメントをもらいやすく、中には悪意を感じるものもあり、そういうのが気になる方には向いていないかも知れません。

単純作業系のアルバイト

単純作業系のアルバイト

「人間関係で悩まない」という点では単純作業系のアルバイトは検討してみても良いでしょう。

ただし、単純作業をするだけだと中々報酬が伸びにくく、そこからスキルとして発展していくという事も無いのが全体的なデメリットです。

あくまでもスポットの副業というか、お小遣い稼ぎで考えた方が良いかも知れません。

 

僕は過去に交通量調査のバイトをした事があり、日給が1万2千円でした。

楽な割には悪くない稼ぎとも言えるのですが、寒かったので拘束時間以上に時間が過ぎるのが遅く感じたのが欠点でしょうか。

カツオ
カツオ
車のドライバーの視線が気になりました(笑)

案件の数的にも毎日出来る仕事ではないので、本当にスポット的な感じですね。

 

僕自身はやった事は無いですが、工場での単純作業も人間関係ではあまり悩まないという人が多いです。

ただ、勤務時間が相当に長く感じられてしまう点は交通量調査のバイトと同じ感じ。

 

単純作業系のアルバイトは継続して仕事をもらえる条件で発見する事が出来るかどうかがカギと言えそうです。

転職

転職

人間関係が嫌だからと言って簡単に転職してしまうのは、個人的にはあまりオススメは出来ません。

  • 転職した先の人間関係が良好なのか。
  • 自分がその中で悩まなくても良いくらい良好な人間関係を築く事が出来るか。

が未知数だからです。

カツオ
カツオ
どこの職場でも多かれ少なかれ人間関係でのトラブルはあるもの…

ただ、現在の職場の人間関係が最悪で、それ以上酷いのは考えられないというような場合は対人ストレス軽減の為に転職を検討してみても良いでしょう。

僕自身は会社を辞めて、自営業になったので「会社員から会社員」という転職ではないのですが、それでも人間関係で悩む事は無くなりました。

 

ですので、転職も人間関係改善の策として選択肢に入れておくのは否定はしません。

ただし、普通の会社員として働くという事は、根本的には人間関係の悩みを抱えるという悩みから解放される訳では無いと思っておくべきでしょう。

人間関係で悩まない仕事についてのまとめ。

人間関係で悩まない仕事や働き方について説明してきました。

 

オススメはやはり在宅ワーク。

在宅ワークというと「ちょっとした副業」のような印象を持ってしまいますが、今の時代は決してそんな事は無く、普通に会社に勤める以上に収益を得る事も可能です。

カッパ君
カッパ君
頑張れば出来る!

単純作業系のアルバイトだと人間関係の苦悩から逃れる事は出来るかも知れませんが、収益の安定性やスキルの発展性という面で考えるとイマイチ。

転職も人間関係の改善が見込めるとは思いますが、根本的な解決にはなりません。

 

人間関係で悩まない為には、無駄な対人ストレスを排除した働き方である在宅ワークがオススメ。

在宅ワークの良い所は自分のペースで、帰宅後に、自宅で開始できるという事。

最初から大きな金額を目指す必要はないので、まずはちょっとだけでもトライしてみるのはアリだと思います。

【追伸】

カツオ
カツオ
僕のメルマガでは初心者が会社以外からの収入源を確立する為のオンラインレッスンをやってます。

会社に不満があるけど自分を押し殺して従わざるを得ない…そんな状況を変えてみませんか?

カッパ君
カッパ君
メルマガは完全無料で参加者には限定プレゼントもあるので興味のある方はどうぞ↓

カツオのメルマガ
 

※携帯電話のメールアドレスでは登録出来ませんのでご注意下さい。

GmailやYahooメールなどがオススメ。

ABOUT ME
カツオ
大学卒業後に就職した会社では会社人間となることを余儀なくされるが、「会社に魂を売っても仕方ないな」と気が付いて退社。 ネットで検索していたらブログから始めて初心者でも個人ビジネスが出来る事を知り、実践してみたところ、月収10万→30万→100万とどんどんステップアップ。 今はやりたくない事はやらない、魂に正直なライフスタイルを送っている。本業は坊主です。
こんな記事も読まれています。