Googleアドセンス

【Googleアドセンス】カップというキーワードはアダルトで禁止コンテンツか?

Googleアドセンスはクリック報酬型のASPとしてはとても報酬が高く効率よく稼ぐ事が出来る反面、規約違反に対しては厳格な姿勢をとっている事で知られています。(内容にもよりますが…)

ここでは芸能系ブログでよく見かける「カップ」というキーワードはアダルト判定になり、禁止コンテンツという風に判断されないかという点について述べていきたいと思います。

Googleアドセンスに問い合わせた結果や自分自身の経験に基づいた情報を提供させて頂きますね!

【Googleアドセンス】カップというキーワードはアダルトで禁止コンテンツか?

結論から言うと、カップというキーワードがGoogleアドセンスの禁止コンテンツに引っかかるかどうかは「記事内容にもよるけど多分引っかからない」と思います。

引っかかっても処分は軽いでしょう。多分。

だけど積極的な使用はおすすめはしないです。

以下、その事について補足説明していきます。

芸能系のブログではカップというキーワードをよく見かける。

芸能系のアドセンスブログではカップというキーワードを使っている記事タイトルをよく見かけます。

【例】

〇〇のカップがヤバい!彼氏は△△で卒アル画像が凄すぎた!

□□の高校と大学はどこ?かわいいからカップが気になる!

↑のような記事タイトルをライバルチェックしている時に見かけたというアドセンスアフィリエイト実践者は多いのではないでしょうか?

この「カップ」という言葉が意味するのは「カップサイズ」という意味で女性のバスト関係の言葉でしょう、間違いなく。(女性の方すみません…ただ、Googleアドセンスのルールを理解する為の一つの例として受け止めて頂ければと思います。

「女優の名前 カップ」と検索する人の検索意図を考えた場合、どう考えても「カップサイズが知りたい」でしょうからね…

 

ですので、普通に考えると「(使い方にもよるけど)カップってアダルト判定になるんじゃないの?」と思うのが自然な思考だと思います。記事の書き方にもよりますけどね…

カップはGoogleアドセンスの禁止コンテンツとなるか聞いてみた。

「カップ」は禁止コンテンツになってしまうのでは無いかと不安に思う反面、多くのアドセンスブログで使用されており、それらのブログは特にペナルティ等を受けている様子もない。

使えば一定のアクセスが集まるのが見込めるキーワードでもありますしけど、使っちゃだめなら使わないに越したことはない。

カップはキーワードとして使っていいのかダメなのか?というのは気になってしまうところです。

という事でGoogleアドセンスに直接問い合わせしてみたところ

バストサイズなど事実に基づいた情報を掲載していただくこと自体は、基本的にはアダルトコンテンツと判断されることはないかと思います。
すでにご指摘いただきました通り、記事内の表現が事実だけではなく性的な内容も含まれていると判断された場合は、ポリシー違反として警告を遅らせていただきます。

引用元:Googleアドセンスからのメール

というような回答を頂きました。

要は

  • カップというキーワードを使っただけではアダルトコンテンツにはならないし、カップがバストサイズという意味合いであっても事実に基づいている情報なら問題ない
  • 記事の書き方がいやらしかったらアウト

という事です。

でもページ単位の違反措置にはなった。

という事でカップというキーワードは使い方に気を付けていれば使用OKなんだーという事で、僕も安心してアドセンスブログで使ってしました。

もちろん、Googleアドセンスのアカウント停止になってしまってはアウトなので、書き方については変な意味じゃなく「プロポーションが良いですね!」みたいな感じでいやらしさを排除したような感じにしていましたが。

イッヌ
イッヌ
カップというキーワードを使いながらソフトな書き方をするって検索意図に合ってるかどうかは微妙だけどね。

しかし、書き方には十分気を付けていたつもりにも関わらず、ある日突然「ページ単位の違反措置」という事でGoogleアドセンスから警告を受けてしまうのです…

関連記事:【アドセンスポリシー違反】ページ単位の違反措置になった時の対処法

「ページ単位の違反措置」というのはGoogleアドセンスの処分の中でも最も軽いもので、すぐにアカウント停止にはなったりしませんし、広告も配信はされますが、ならないに越した事はないですし、なったらなったでショックでしたよ(汗)

田村カツオ
田村カツオ
ちなみにカップという記事を使った記事全てではなく、いくつもある記事の中の2記事だけが「ページ単位の違反措置」になりました。

カップというキーワードは使ってもOKだがあまりオススメはしない。

まとめます。

  • カップというキーワードは多くのブログでよく使われているし、場合によってはアクセスが集まりやすいという事もあるキーワード。
  • Googleアドセンスも「カップ」というキーワードそのものをダメとはしておらず、「記事の書き方」によるとしている。
  • 僕自身もカップというキーワードを使って記事を書いた事はある。
  • 書き方や使い方に気を付けていたつもりでも「ページ単位の違反措置」にはなった。

これらの事を総合して考えると、僕個人はカップというキーワードを積極的に使うのは止めておこうと思います。

もちろん、カップというキーワードがダメという事ではないですし、読者に価値を与えられる記事内容で禁止コンテンツにもならない内容なら書いても良いと思います。

綺麗ごと抜きでアクセスが欲しい時だって無くはないですしね。

ただ、僕自身はカップというキーワードはあまり使わないかな、って感じです。

終わりに。

Googleアドセンスを使ったブログで「カップ」というキーワードを使っても良いのかどうか。

アダルト判定されて禁止コンテンツになってしまわないのかどうかという事について私見を述べてきました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

カツオ
カツオ
たった一つのブログで僕の人生は激変しました。

ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。(詳しくはプロフィールで!)

今では複数のサイトを運営しアフィリエイト報酬を得たり、法人顧客のSEOコンサル等も行っており、副業の収入がサラリーマン時代の月収を超えています。

メルマガの中でその秘密について話しています。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のノウハウが詰まったテキストを無料でプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。



ABOUT ME
カツオ
毎日のシゴトを「魂レベル」で楽しむ僧侶×Webマーケター。インターネットを用いた人気メディア運営のハウツーを伝授するオンラインレッスンを行ったり、法人顧客に対してWebマーケティングのアドバイスを行っている。趣味は筋トレ、ムエタイ、英語の勉強。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。