プラグイン

BackWPupの設定方法と使い方を解説。保存先やバックアップ先はどうしたら良い?

田村カツオ
田村カツオ

貴方はブログのバックアップは定期的にとっていますか?

ブログを収益化している以上、リスク管理として必ずバックアップはとるべきです。定期的に。

とは言え、分かっていても面倒くさくて億劫になってしまうのが人間というもの。

そんな方にオススメなプラグインがBackWPupというものです。このプラグインはワードプレスのバックアップを自動でとってくれる優れものなのです。

今日はこのBackWPupの設定方法と使い方について解説していきます。

とても重要なポイントになりますのでしっかりと抑えていきましょう!

参考動画:BackWPupの設定方法と使い方を説明!

田村カツオYouTube公式チャンネルでは動画でBackWPupの使い方・設定方法を解説しています。

テキストではわかりにくいという方は参考にしてみて下さいね。

BackWPupの設定方法と使い方を説明!

バックアップの基礎について

ワードプレスでバックアップを取るならBackWpUp!
田村カツオ
田村カツオ
まずBackWPupの設定方法を解説する前に、抑えておきたい基礎知識についてちょっとだけ触れていきます。

まず抑えておきたいポイントとしては、ワードプレスのデータは以下の2つに分けて保存されるという事です。

2つに分けて保存される。

  • サーバー
    画像やテンプレート、プラグイン、テーマ等のデータを保存します。いわゆる「枠組み」の部分を保存するのがサーバー上だと思ってもらって結構です。
  • データベース
    書いた記事やコメント等のデータを保存しています。こちらはいわゆる「中身」を保存するって感じですね。

これらについて暗記する必要は特にないとは思いますが、漠然とイメージくらいは持っておく必要はありますね。

ここではBackWPupの設定も「サーバー」「データベース」と2つに分けて設定していくからです。

プラグインBackWPupをインストールしよう!

では基本的なところからいきましょう。

BackWPupのインストールからです。

①まずは「プラグイン」→「新規追加」で、出てくる右上のプラグイン検索欄に「BackWPup」と入れて検索します。

下の画像で赤い四角で囲ってあるところに入力していきましょう。

そしてenterキーを押します。

BackWPUpをインストールしよう1

 

②すると下の画像のようにBackWPupが出てきますのでこれを選択します。

似た名前のプラグインが多いですが、お間違えの無いように…

インストールした後は忘れずに有効化をしておきましょう。

BackWPUpをインストールしよう2

BackWPupの設定方法を解説します。

では、BackWPupの設定方法に入っていきましょう。

①BackWPupをインストール・有効化したら、ワードプレスのダッシュボード画面の左側の下の方に「BackWPup」と出ますので、ここをクリックします。

ワードプレスの左のメニュー

 

②そしてBackWPupのメニューから「新規ジョブを追加」を選択してクリックします。

「Add new job」を選択してクリック

以降、サーバーとデータベースに分けて設定方法を解説していきます。

サーバー上のデータのバックアップ

「新規ジョブを追加」を押すと画面に下の画像のようなタブが出てきます。

タブ
  1. 一般
  2. スケジュール
  3. DBバックアップ
  4. ファイル
  5. プラグイン

の5つの項目がありますが、基本的に操作するのは「一般」と「スケジュール」だけです。

尚、最初に言ったように「サーバー上のデータ」と「データベース上のデータ」は分けて保存していきますので、まずはサーバー上のデータのバックアップの設定から説明していきますね。

「一般」の設定方法

①まずは「一般」タブを選択して設定していきましょう。

まずジョブ名ですが、わかりやすい名前を入れておきましょう。

管理しやすい名前であれば何でも構わないと思います。

ここではサーバーのバックアップをしていくので、僕はカタカナで「サーバーバックアップ」としておきました。

ジョブ名

 

②次にジョブタスクですが「ファイルのバックアップ」にチェックを入れておきましょう。

後はチェックを外しておきます。

ジョブタスク

 

③アーカイブ名はデフォルトのまま。そのままにしておきましょう。

特にいじる必要はありません。

アーカイブ名

 

④次のアーカイブ形式ですが、これはバックアップしたファイルをどのような形でとっておくかを選ぶものです。

基本的にウインドウズを使っている人はZipにポチを入れておきましょう。Macを使っている人はTar GZipが良いみたいですね。

田村カツオ
田村カツオ
要は自分が親しんでいるファイル形式を選ぶということです。

アーカイブ形式


 

⑤ジョブの伝送先は「フォルダーへバックアップ」を選んでおくのがいいでしょう。

クラウドサービスなんかを利用している場合はそのサービスに保存してもいいですね。

田村カツオ
田村カツオ
僕はDropboxを利用しています。

ジョブの伝送先はフォルダーへバックアップが無難。

 

⑥残りの設定はデフォルトのままでOKです。

最後に「設定を保存ボタン」を押すのを忘れずに。

「スケジュール」の設定方法

次にスケジュールタブをクリックします。すると下の画像のような画面となります。

スケジュールの設定方法

基本的にはこの画像で赤く囲ったように設定してもらえれば大丈夫です。

  • 「ジョブの開始方法」の部分は 「WordPressのcron」を選択。
  • 「スケジューラタイプ」は「基本」を選択。
  • 「スケジューラ」は「毎週」を選択。

最後に保存ボタンをしっかり押しておきましょう。

 

スケジューラで「毎週」を選択したので、週一回のバックアップという事になっています。

「毎日」にして毎日バックアップを取るのも良いのですが、バックアップをとっている間は少しブログが重くなります。

安全をとるか、ブログの軽さを取るか。そのあたりは自分で判断してもらっていいと思います。

僕は「毎週」にしているので、ここではそのようにお伝えしました。

残りの設定方法

残りについてですが、他は全てそのままで大丈夫です。デフォルトのままでOKです。特に変えるところはありません。

データベースのデータのバックアップ

データベースには記事やコメントのデータが保存されていきます。

せっかく書いた記事をしっかりと保存する為にもしっかり設定していきましょう!

「一般」の設定方法

まずは「一般」から。

基本的にはサーバー上のデータをバックアップする時と同じような操作となります。

違うのはまず、バックアップの名前。

サーバーをのバックアップファイルと区別しやすい、わかりやすい名前をつけましょう。

僕は「データベースバックアップ」と名づけました。

一般の設定

ジョブタスクについては赤く囲ったところ。

「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れておきましょう。

(サーバー上のバックアップを作る時は「ファイルバックアップ」にチェックを入れましたが、ここでは違います。)

 

「バックアップファイルの作成」はデフォルトのまま。

そのままにしておきましょう。

アーカイブ名

 

次の「アーカイブ形式」ですが、ウィンドウズの人はZipがオススメです。マックの人はTar GZip。

サーバーのバックアップの際と同じですね。

アーカイブ形式

 

「ジョブの伝送先」はとりあえず「フォルダーへバックアップ」を選んでおくのがいいでしょう。(僕はDropboxを選択しています。)

ここもサーバーのバックアップの際と変わりません。

ジョブの伝送先はフォルダーへバックアップが無難。
「スケジュール」の設定方法

次に「スケジュール」ですが基本的にはサーバーのバックアップを作る時と同じです。

ただし、記事は毎日書く場合が多いのでバックアップを取るスケジュールも「毎日」にしておく必要があります。

(あまり更新しないブログならば「毎日」を選ぶ必要もないでしょう。)

そこがサーバー上のバックアップを取る場合との違いですね。

スケジュール

赤く囲った部分のようにしっかり設定していきましょう。後はデフォルトのままでOKです。

これでBackWPupの設定は完了です。

BackWPupの保存先・バックアップ先は何を選ぶべきか?

BackWPupの保存先・バックアップ先 フォルダーでもOKだが…

BackWPupの保存先・バックアップ先について。

BackWPupの設定をしている時、バックアップしたデータをどこに保存するのかについては少し悩むところです。

上記の説明ではとりあえず「フォルダーへバックアップ」を選択しておけばOKと説明しました。

それはそれでOKですし、しっかりとバックアップが取れるのですが、この場合サイトのデータが入っているサーバーと同じサーバー内にバックアップ先が出来るという事になります。

多くの場合、それは問題無いのですが、万が一サイトのデータだけが攻撃を受けるだけではなく、サーバー全体が攻撃を受けてしまった場合はバックアップのファイルまでやられてしまう事になります。

BackWPupの保存先・バックアップ先 僕はDropboxにしている。

前段で述べたようなリスクがあるので、僕はBackWPupの保存先(バックアップ先)はDropboxにしています。

Dropboxとはクラウドサービスです。無料でも使えますが、無料だと容量が小さいのでバックアップの保存先には出来ないと思います。

田村カツオ
田村カツオ
僕は有料プランを使用しています。

DropboxをBackWPupの保存先に指定する事で、サーバーとは違った場所にバックアップのデータを保存出来るのはリスクマネジメントの観点から見ても非常に安心感がありますね。

※BackWPupではDropbox以外でも「Simple Storage Service(S3)」や「Microsoft Azure」「Rackspace」「SugarSync」等のクラウドサービスをデータのバックアップ先として指定する事が出来ます。

田村カツオ
田村カツオ
Webビジネス初心者の場合はクラウドサービスを有料契約しているケースはあまり多く無いと思いますので、そのような場合は「フォルダー」を保存先として使用するのでOKです。

将来的にはDropboxなどのクラウドサービスを保存先として使用する事をオススメはします。

バックアップしたデータはどこにあるか?

BackWPupでとったバックアップのデータがどこにあるのかの確認方法について説明していきます。アプローチの方法は以下の3通りです。

  1. ダッシュボード画面から確認する。
  2. FTPソフトを使って確認する。(保存先がフォルダーの場合)
  3. クラウドサービスの指定フォルダを確認する。

まず、1の「ダッシュボード画面から確認する」についてですが、非常にシンプルです。

ダッシュボード画面で「BackWPup」→「バックアップ」を選択しクリックするとバックアップされたデータの一覧を見ることができます。

①の部分でジョブ名を選択し、②のダウンロードをクリックするとバックアップされたデータのZIPファイルがダウンロードされます。

 

2の「FTPソフトを使って確認する」についてですが、上の画像の③の箇所にFTPソフト上の階層が載っていますので、そこにバックアップされたデータがあります。

何らかの不具合でワードプレスが起動しなくなってしまった場合はこの方法でバックアップデータを入手しましょう。

 

3の「クラウドサービスの指定フォルダを確認する」についてですが、Dropbox等のクラウドサービスをバックアップデータの保存先に指定した場合は、その指定先のフォルダにバックアップデータが入っています。

最後に

以上、BackWPupの設定方法とバックアップについての基礎知識についてご説明してきました。

「正直何をやっているかよく分からない!…」という人もいると思います。

田村カツオ
田村カツオ
僕も最初はそうでした。

ですが、慣れてくれば意味は分かってきますし最初は意味が分からなくても考えながら四苦八苦してやるのがいいです。

大丈夫。すぐ慣れます。

田村カツオ
田村カツオ
たった一つのブログで僕の人生は激変しました。

ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。(詳しくはプロフィールで!)

今では複数のサイトを運営しアフィリエイト報酬を得たり、法人顧客のSEOコンサル等も行っており、副業の収入がサラリーマン時代の月収を超えています。

メルマガの中でその秘密について話しています。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のノウハウが詰まったテキストを無料でプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。



ABOUT ME
田村カツオ
毎日のシゴトを「魂レベル」で楽しむ僧侶×Webマーケター。インターネットを用いた人気メディア運営のハウツーを伝授するオンラインレッスンを行ったり、法人顧客に対してWebマーケティングのアドバイスを行っている。趣味は筋トレ、ムエタイ、英語の勉強。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。