田村カツオ田村カツオ

こんにちわ!

魂レベルでシゴトを楽しむ僧侶×Webマーケターの田村カツオ(@tamurakatsuo)です。

「ブログの記事タイトルが上手く付けられない・・・」と悩んでいる初心者の方は多いのではないでしょうか?

かく言う僕も最初はそうでした。一生懸命考えているはずなのに、完成した記事タイトルを見直してみるとなんか違う・・・ちょっと気持ち悪い感覚に襲われてしまう瞬間ですよね。

でも、ブログの記事タイトルを作るにはコツがあり、それを掴んでしまえば意外と簡単に出来るようになるものです。

ここではそのコツについて例を挙げて解説していきます。参考にして頂けたら幸いです。

メルマガ

メルマガ(無料)をやっています。

記事タイトルの前にキーワード選定はしっかり。

記事のタイトルを決める前に、キーワード選定がおざなりだと残念ながら話になりません。

 

キーワードは記事のタイトルの材料となるものです。正しい選び方で選び出されたキーワードがないと、正しいタイトル(効率的にアクセスを集めお金を稼ぐ事ができるタイトル)を付ける事はできません。

 

ですので、キーワード選定が分かっていないという方は下記記事も参考にしてみて下さいね!

 

田村カツオ田村カツオ

記事タイトルも大事なんですが、その前にキーワード選定が出来ていないと良い記事タイトルは作れません。

ブログの記事タイトルの付け方のコツを例を挙げて説明!

文字数は32文字(に近づける)

記事タイトルは超重要。

Googleの検索結果で表示されるタイトルの文字数の最大は32文字(全角)です。

 

下の画像で赤く囲ってある部分は全角で32字なのです。

検索結果

 

検索エンジンによってはもっと短かったり長かったりしますが、とりあえずGoogle基準で考えて、記事のタイトルの文字数は「なるべく32文字に近づける!」という意識を持ちましょう。

 

これは「絶対に32文字じゃないとダメ」という事ではありません。28文字のタイトルでも良い時もあるでしょう。23文字だから絶対的に稼げないという事もありません。

ただ「32文字までタイトルに文字を入れる事が出来る権利」が与えられているので、なるべくそれを利用しましょう!って事です。

 

もちろん、タイトルは長ければ良いというもびのでも無いので、無理に32文字に近づける事で日本語としての流暢さが失われたり不自然になってしまう場合や、明確な意図がある場合は32文字に拘る必要もないです。

イッヌイッヌ

文字数はあくまでも目安だから、32文字から極端に離れていなければ気にしすぎる事はないよ。

狙ったキーワードを入れる

正しいキーワードが選べたらいよいよタイトルを付ける訳ですが、タイトルには選んだキーワードは全て入れましょう。当然ですね。

 

狙ったキーワードで、メインとなるキーワードはなるべく一番左に入れましょう!

左にあるキーワードの方が重要なのだと検索エンジンは認識すると言われていますので・・・ただし、これも絶対的なものではなく、あくまでも記事タイトル全体で日本語として自然なタイトルにするという事を重視して下さいね。

 

キーワードの数ですが、入れ過ぎも良くないですが、目安として4個前後は入れたいところです。当然キーワードとしてタイトルに入れた以上、それについて記事の中でしっかりと触れる必要はあります。あまりにも入れるキーワードが少ないとその記事はアクセスが集まらないかもしれません。

 

例えば「芳根京子」がメインキーワードで、「かわいい」「べっぴんさん」「衣装」「画像」がサブキーワードでタイトルを考えるならば

芳根京子が超かわいい!べっぴんさんでの衣装が素敵過ぎる!【画像】

 

というようなタイトルが一つの例として考えられます。

 

逆に下記のようなタイトルでは全然駄目です。わかってないなぁ…と思う訳です。

かわいい服装で朝ドラで活躍する芳根京子の写真をどうぞ!

 

ネッコネッコ

この例は選んだキーワードを使ってないし、芳根京子というメインキーワードが全然左にないじゃん!

日本語として自然なタイトルを

記事タイトルは日本語として自然な感じにする。

日本語として自然でないタイトルは気持ち悪いですし、検索エンジンの評価も高くはないです。下手したらスパム扱いされる可能性もあります。

 

例えば「上戸彩」をメインキーワードにして、サブキーワードを「カップ」「産後」「画像」「ヨガ」にしてタイトルを付ける場合は

上戸彩のカップ?産後?画像あります!ヨガとは?

 

みたいなタイトルを付けたらアウトな訳です。

片言みたいなタイトルになっていますよね。日本語として流暢さがないと駄目です。また「?」が多すぎると不自然ですし、スパム扱いされるかもしれません。「?」は目安ですが2個くらいまでにしておきましょう。

 

このキーワード選定でタイトルを付けるならば

上戸彩のカップが産後ヤバイ事に!ヨガ中の画像が超過激と話題に!

 

みたいな感じでしょうか?

これなら日本語として流暢さを感じる事が出来ると思います。

(結果としてこの例では「?」を使っていませんが、「?」が悪いという事ではないのでそこは誤解なさらぬように。使いすぎがダメなのです。)

数字を使う

記事タイトルに数字を入れるのは有効。

日本人は数字が好きです。数字がタイトルに入ってると魅力が大幅UPして、見た人がクリックしたくなってしまうものです。

 

例えば「トランプ氏」をメインキーワードに、「大統領」「可能性」「日本」「メリット」というキーワードでタイトルを考えるならば

トランプ氏が大統領になる可能性大!日本への3つのメリットを解説!

 

タイトルを見た人に興味をわかせる感じがしませんか?

記事の内容も「もし大統領になったら?」という感じで3つメリットを考えてみて論じると面白い読み物にもなりますね。(その後、トランプ氏は見事大統領になりましたね。あっぱれです。)

田村カツオ田村カツオ

余談ですが「7つの○○」みたいに7つも理由を挙げられると人間は大体納得しちゃうらしいですよ。

煽りを入れる(インパクトが大事!)

煽りっていうと少し聞こえが悪いですが、インパクトはとても重要です。

 

「マジ」「ヤバイ」「凄い」「衝撃の」「驚きの」「大」などという言葉ですね。これらはキーワードそのものではありませんが、タイトルの魅力度を上げるスパイスなのです。

また同じ意味で、「。」や「、」「 」(空白)は多用はしないように。感情が感じられないので使うなら「!」です。

ただ「!」ばかり使っていると安っぽくなってしまう事もあるので、そのあたりはバランスが必要ですね。

 

例えば「内村光良」をメインキーワードに、「久本雅美」「共演NG」「いいとも」「確執」をサブキーワードで考えてみると

内村光良と久本雅美が共演NGってマジ?!いいともでの確執がヤバイ!

 

みたいな感じになりますね。

「ヤバイ!」なんて言われちゃうと、その記事を見たくなるものです。

 

もちろん、読者をがっかりさせないようにタイトルに負けないしっかりとした記事を書くということも大事ですのでそこは肝に命じておいて下さいね。またこういった煽りを使いすぎると、わざとらしくなるので、加減も重要です。

イッヌイッヌ

2ちゃんねるまとめにある記事は煽りを上手く使えてるイメージだね。

ベネフィットを明示する

この記事を読むとどんなメリットが読者にあるのか。ベネフィットを明示するというのは記事のタイトルを決める時に意識していくべきところですね。

 

例えば「バナナダイエット」をメインキーワードに、「レシピ」「人気」「朝食」「おやつ」をサブキーワードにして考えてみると

バナナダイエットの人気レシピをご紹介!朝食やおやつで超便利!

 

この例のタイトルだと「この記事を読むとバナナダイエットの人気レシピを教えてもらえるんだな。朝食やおやつに使えて便利なんだな」と分かりますね。なんか読みたくなりますね。

まとめ

ブログの記事タイトルを決める際のコツを例を挙げながら説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

これらのコツはそれぞれ組み合わせて使っていくものです。同時に決められた字数の中での話なので、全てのポイントを毎回全てのタイトルに使うというのは無理でしょう。

 

要は、少しでも日本語として魅力が感じられるタイトルを読者目線で付けるという事が肝です。トライ・アンド・エラーを繰り返して身に付けていってくださいね!

======================

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のオリジナルテキストをプレゼント中です!

自分の部屋でPC1台で楽しく稼いでみたいという人は是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。